雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

お客様が嫌な思いをされるのは保険金を請求する時だけではない

投稿日:

基本的に過去5年以内の病歴を中心に質問があって、回答してもらうものですが、ここで、まったく人を食ったような保険会社の仕打ちにあうことが少なくありません。日帰りで腸のポリープの切除手術を受けたことを告知なさったお客様の話。

お客様が嫌な思いをされるのは、保険金を請求する時だけではありません。確かに保険金をもらうのも大変ですが、実は保険に入る時も、すんなり行くことばかりではない。お客様が保険に加入するには、保険会社の「診査」に通ることが必要です。具体的には、病院で健康診断を受けたり、人間ドックの結果を提出したりしますが、どの年齢や保険金額の方にも共通しているのは、お客様に「告知」していただくことです。

お客様の職業はドクターでした。「がん保険」と「終身保険」に加入希望だったのですが、「がん保険」の加入は「謝絶」、つまりお断りする、そして「終身保険」については「削減」という「特別条件」がつくことになりました。

まめに検診を受けている

「私は紺屋の自袴」とか「医者の不養生」と言われないように、まめに検診を受けている。また、あのポリープがどんなものだったかは、誰よりもよく知っているつもりだ。それをがん保険は入れないうえに、万が一の時の保険金は4年間カットするだとふざけるなもう駄目だね、君の会社。お役所以下だ。完全に硬直化しているよ。こんな契約、仮に決まってもすぐ解約する」そう一気に言葉を吐き出しながら、本当にドクターの体は小刻みに震え続けていました。

具体的な「削減」の内容は、契約から1年間は保険金を70%カット、2年目は50%、3年目は30%、4年目は20%、5年目からやっと全額給付というものです。この決定をドクターにお伝えした時、人が、文字通り、怒りのために震えている姿を初めて見ることになりました。この契約は無条件で成立することになりました。手術を担当された病院のドクターから「過形成組織を切除した」という一筆をいただいて、再診査を通すことができたとのことでした。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

成人病の症状になったときのために

~成人病になったときのために~ がん、心筋梗塞、脳卒中は日本人の死亡原因の上位を占めており、これらの成人病は現代人にとって不安な病気です。これらの病気にかかると、高額の治療費が必要となるほか、働き盛り …

no image

生命保険についてよく知らないまま加入していませんか?

一般の加入者が陥りがちな生命保険に関するいろいろな怖い勘違い、定期付き終身保険の落とし穴など、保険に関しては、知っておかないと余計なお金を支払うことになってしまうことは多くあります。生命保険においてよ …

no image

保険会社の経営方針の見直しを当面で終わらせてはいけません

不払い問題が沈静化した後、従来の販売手法が、少し目先を変えただけで再び通用するようになってしまっては、悪い歴史を繰り返すだけです。お客様は、今こそ賢くなるべきなのです。保険会社も、さすがに契約高の減少 …

no image

ネット生命保険のデメリット-メリットばかりではないことを知ろう

ネット生命保険のデメリット-メリットばかりではないことを知ろう。 ネット保険は原則として掛け捨て保険で、しかも更新型である。掛け捨て保険は、一生涯の保障には向かないし、目先の保険料が安くても、とても不 …

no image

生命保険はシンプルに考え、難しく考えないようにしましょう

生命保険こそ、単体で目的を達せられないことは絶対にないので、シンプルはエコノミーに直結すると、覚えてほしい。保険はできるだけシンプルな単体で加入し、余計な特約を付けなければ、目的も目標もハッキリした合 …