雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

キャバリアスパニエルは一六世紀からヨーロッパと英国で知られていた

投稿日:

もともと愛玩犬として飼われていた犬の多くは、体格と同時に気質によって選ばれた。スパニエルや、スパニエルの血が流れる犬は、その穏やかな性格で選択されることが多かった。その最高の例がキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルである。遺伝的なものと性格性格に関わる多くの要素は、遺伝的なもので決定されている。つまり犬の性格的特徴も、犬の本能的知能が関与するその他の行動特徴と同じように選択育種できる。

キャバリアのような小型のトイ・スパニエルは、一六世紀からヨーロッパと英国で知られていた。人なつこく、攻撃性のないところから、誰にも愛される、人気の高い家庭犬になった。絵画の中では、もっばら家族のペットや、かわいらしい装飾品として登場する。この犬の姿は、(少し挙げただけでも)ティッイアーノ、ファン・ダイク、ヴェラスケス、フェルメール、ホガースなどの大画家の作品に描かれている。王はこの犬種を愛し、とくに優しく家庭向きの犬を選んで繁殖させた。

愛玩犬としてこの犬が人気者になったのは

その名の示すとおり、愛玩犬としてこの犬が人気者になったのは、英国のチャールズ二世のせいでもあった。おかげで彼らには王の在位中(一六六〇~一六八五年)、宮殿の中を自由に歩き回ることが許された。それほど遠くない昔のこと、ひとりの英国紳士がロンドンの裁判所にキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルをともなってやってきた。裁判官は大連れの姿を見とがめて審理を中断し、はっきりと刺のある声で、犬をただちに法廷の外へ出すように命じた。彼は自分にも関わりのある事件の判決を聞に、そのまま法廷へと入った。

すると、失礼ながら、閣下、わたくしの理解致しますところ、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルはすべからく枢密院には無条件で出入り可能となっております、と犬の飼い主である紳士が反験した。つまり、彼がバッキンガム宮殿の門を足で播けば、入門を許されると解釈して良いでしょう。彼らは宮廷に入ることを許され、いかなる宮殿においても、また国家政府ないし国王の庇護および指図をあおぐ機関においても、退けられてはならないのです。記録によると、この小型スパニエルの群れを猟犬として飼っていた貴族もいたようだが、その姿は想像しがたい。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

飼っているペットをある程度まで人間だとみなしている

何百万ものペット愛好家は、普遍的な意識が人間を、動物を、そしてそのほかすべての生物をひとつにつないでいるのだから、自分たちが飼っているペットもある程度まで人間だとみなしているのではないか、とドッシー博 …

no image

ペットシッターのサービスは経験も知識も不要

・経験も知識も不要のペットシッター 当初はペット好きの専業主婦などが、自分の経験と知識を頼りに副業的にやっていた。飼い主が所用で長時間不在になるとき、ペットが墓らし慣れたその自宅に赴き、飼い主の代わり …

no image

犬の健康維持のために

バターやマグロ赤身などの動物性脂肪だけでなく、サラダ油、犬豆油などの植物性脂肪も体によい。不足するとやせて毛体の60%が水分である犬にとって、水は必要不可欠。 犬舎は静かで日当たりや風通しがいい場所に …

no image

ペットに携わる仕事がしたいと思っているかた

ペットは動物なので動き回ります。想定外の行動もします。臭いもします。このため3K(臭い、汚い、きつい)あるいは気疲れがするを含めた4Kの仕事でもあるのです。その上、率直にいって、仕事の専門性の高さに比 …

no image

野生の雑種犬と家犬の交雑から現在知られている犬種が生まれた

犬の専門家の中にはマイケル・フォックスを例として、家犬は野生犬のだれかが進化したのだと考える人たちもいる。ほかの家犬はほとんどが年に二度発情期を迎えるのに対し、バセンジーの雌は一年に一度しか発情期を迎 …