雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

靴の色選びのポイント-そろえるとやりすぎになるのでご注意

投稿日:

赤い靴はじつに多様な色の服と合わせることができるものだ。濃紺、黒、こげ茶、白、なんでも合う。チャコールグレーのスーツに黒いバッグ。このウルトラコンサバスタイルに赤い靴を合わせれば、オフィスから直接夜の食事に出かけてもすてきに映える。ベルトも同色の赤で合わせるとしゃれているが、バッグまでをそろえるとやりすぎになるのでご注意。

たとえばこげ茶で上をまとめて、ブルーの靴でアクセントをつけたり、グレー系にオレンジだったりする。もっとモード寄りのパリジェンヌは、グッチやプラダがお好き。さらにハイセンスになると、セルジオ・ロッシがはずせない。モカシンといえば、トッズ。しかし、上流階級のマダム御用達は、ほかにもセリーヌが有名。パンプスといえばシャルル・ジョルダンだが、エミスフェールなどにもなかなかリーズナブルなパンプスがそろっている。

ベージュの靴と同色のスカーフ、あるいはコートの裏地の色味を合わせる、などというひねりワザをパリジェンヌの着こなしでちょくちょく見かける。これが上級編になると、オレンジやブルーの靴という具合になってくる。

おすすめはベージュの靴

おすすめはベージュの靴。なんだ、それなら何足ももっているわという声が聞こえてきそう。でも中級編は、やはりベルトと同色で合わせてみたい。ベージュの靴をはいたら、上は必ず茶の濃淡ですべてまとめること。紺や黒系の柄を身につけない。これは三点セット(靴、バッグ、ベト)はいけない。

日本の男性がバッグや靴を愛する人にプレゼントするというのはあまり聞かないが(あのバッグがほしいと指定されたときはべつだが)、パリではごく普通のこと。女性がバッグや靴が好きなことを知っているパリジャンは、妻やガールフレンドの喜ぶ顔見たさに、自分たちも婦人用のバッグや靴を研究してプレゼントする。

こういうアイテムをプレゼントするには(高級ブランドである必要はまったくない)、よほどパートナーの着こなしをつね日ごろ注意深く観察していないとできないから、女性が少しでも小物づかいを楽しんでくれるよう、われわれ男たちも少しは勉強しなければいけないところである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

チノパンツのコーデ-腰全体を使って履く

・チノ・パンツの楽しみ方 チノ・パンツは、よくジーンズと比較されるのですが、ジーンズよりもかなり通常のパンツに近いシルエットなので、はきやすいという利点もあるでしょう。チノ・パンツは夏のカジュアル・ウ …

no image

セレブをショーに来させたいと思っているデザイナー

ヨーロッパの過去のシーズンでは、シャネルがジュリアン・ムーアをコンコルドに乗せてパリのショーに呼び寄せたこともあった。アルマーニの場合、ある年にはサルマ・ハエックとスタイリストのフィリップ・プロックを …

no image

洋服のブランドにおいて旅は大切なコンセプトになっている

ゴージャスなアイテムが欠かせない方におすすめは、ショート丈のカシミヤコートや毛皮のブルゾン。あつかいが楽なうえ、パリやロンドンの寒気から守ってくれる。ショートコートはスポーツマックスあたりで見つかるし …

no image

現代社会がなぜここまでスタイルにとらわれているのか?

そりや、シーズンごとにトレンドものを全部買い込まなきゃ流行に遅れちゃうって焦りもするわよね。別に何から何まで買う必要なんてないのよ。でも、たとえば、stylecomではファッション・ショーのランウェイ …

no image

流行りものが必ずしもオシャレとは限らない

・フツーから一歩抜け出すためには、頭をひねる 流行りモノがおしゃれだとは、限らない。おしゃれというのは、全身を流行のアイテムで固めることでもなく、ブランドものをたくさん持つことではないということ。でも …