雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

薬の処方の問題-実態はほとんど改善されていない

投稿日:2014年11月17日 更新日:

最近は薬局で処方される薬について事細かに解説書が付けられるようになりました。今は、処方箋を持って薬局に行くと、出される薬ついて解説するコピーが添付されることが一般的になっています。これは、大変いいことだと思います。

しかし、日本の医療が薬漬け医療だと問題になってから久しいのですが、薬漬けの実態はほとんど改善されていないようです。国民医療費の少なくとも二十パーセントくらいは薬剤費なので、もし薬漬けの治療方法が誤っているのであれば、これを是正するだけでも数兆円の税金が節約できるかもしれません。

また、せっかく病院に来たのだから、なにか薬をくださいという患者の側にも問題があります。
日本人は、とにかく医者がくれる葉は効果があると考える傾向があり、効果があると信じることで、心理的な影響で治るという場合もあるにはあるのでしょうが、この医者の薬信仰は、ちょっと行き過ぎではないかと思います。さほど逼迫姓もないのにとりあえず、薬を出しましょうという医者に、この問題の原因がまずはあるでしょう。

不要と思われるビタミン剤が処方されていたら

もし、あなたが知らないうちに不要と思われるビタミン剤が処方されていたら、その医者のモラルはちょっと疑うべきでしょう。医者は薬を出せばそれだけ儲かりますから、患者に望まれればどんどん出してしまう傾向があります。

医者と患者の双方が薬に対する考え方を変える必要があります。薬漬け医療に対する批判から、そして、患者に対するインフォームド・コンセントの見地からも、患者もそれなりに薬について勉強をして、できるだけよけいな薬を飲まないという人も増えているのでしょう。

患者も、せっかく病院に来たのだからなにか薬を、といいたく握る気持ちはわかりますが、医者、患者の双方がそんなことをしていたら、国民医療費は果てしなくかさばってしまいます。
それをひとつの理由として消費税増税が必要などといわれるようになっているのですから、どこかで歯止めをかけなければなりません。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者と付き合う場合、待ち合わせの時間を決めるのに苦労する

救急車で運ばれてきた患者さんを譲ることは緊急を要しますから、デートよりも優先順位は上にしないといけません。しかし、医者もデートをしたいと願っています。でも、月曜日は研究会、火曜日は手術日、水曜日は夜間 …

no image

胃がんの症状や原因は?痛みや前兆はあるのか

胃がんは、胃壁内側の粘膜ががん化してしまった疾患で、日本では肺がんや大腸がんの次に死亡率が高いがんです。 胃がんが検査で発見されるまでには時間がかかることが多いです。ゆっくりとがん化して、ゆっくりと何 …

no image

医療求人サイトランキング

あなたは今の職場に満足されていますか?収入や人間関係、待遇問題など、不満を持っている方は多くいらっしゃるのではないかと思います。ここでは、今の仕事に不満があったり、やむおえない事情があって、転職を考え …

no image

これで完璧!週2日以上勤務の医師求人が紹介してもらえるサービス

もしも週2以上の勤務の求人を探しているのであれば、非常勤求人に強い医師求人支援サービスである、Dr.アルなびや医師バイトドットコムなどのサービスを利用するといいでしょう。 Dr.アルなびや医師バイトド …

no image

病院の訴訟のリスク

多くのケースで、医療ミスがあった云々以上に、医者の態度が、あるいは説明不足が、患者さんを硬化させるという。逆にそれがうまくいっていれば、少々の(もちろん、一生懸命やったうえでの話だが)ミスがあっても、 …