雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車を高く売る方法-人気度をカンタンに判別する

投稿日:2014年11月4日 更新日:

愛車の人気度をカンタンに判別する方法も教えよう。3年落ちの中古車の相場が新車の半題別後ならば人気は上々。3分のー以下は、りっぱな不人気車だ。愛車を少しでも高く売りたい。それは誰でも思うこと。しかも、店によって値段が違うというから、気合いも入れようがある。

愛車をどこに持ってけばいちばん高くなるか?には傾向がある。たとえば同じクルマでも、ディーラー、中古車販売店、買い取り専門店、オークション代行業者など、持ち込む先が違えば、手にする額が20万円以上変わってくるのもザラ。

ディーラーは自分のところのクルマは中古車市場でも高くしたい。じゃないと新車の売れ行きが悪くなる。だから不人気車でも高く買う。けれどプレミア価格は払えないという考えだ。人気車は高く売れるから高く買う。人気車は買い取り専門店。

車の買取査定を上げる色々なポイント

不人気車はディーラーがもっとも高い

逆に、不人気車はディーラーがもっとも高い。中古車販売店は真ん中くらい。なぜ人気によって下取りに差が出るかは、買い取り専門店やオークション代行は、いくらで売れるから、この額で買うというスタンスだから。

数社で見積もりを出してもらい、もっとも高い値段を提示したディーラーに売った。あっちこっちに持って行ったんですけど、結局ディーラーがいちばん高かったという人の愛車は、どちらかと言えば不人気車。人気車が愛車というアナタは、迷わず買い取り専門店に。相場価格が加熱すればするほど高く売れる。

あとは買い取り専門店をハシゴして、いちばん高かった店で売ればいい。2軒目以降は離れた店に足を運ぶのがコツだ。中古車販売店には、あまり無理が効かない。同じ地域内は買い取り店同士の横のつながりもある。もっともがんばるのは買い取り専門店。最近、系列店でクルマを買うことが決まっている人には、代車を用意する買い取り専門店も現れたほど。

オークションに愛車を直接出したい人もいるだろう。そのための代行業者もいる。手間がかかるだけ損というもので、これは失望する可能性のほうが大きい。買い取り専門店とそんなに変わらないため、手数料を取られて結局は同じになる。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車の乗車姿勢によるシートの変化

床が低い乗用車は足をずっと前に伸ばして座るリクライニング型をとります。一九三年ごろまでの乗用車の床やエンジン・フードは商用車と同様に高く、そのために乗車姿勢もおのずから高くしないとだめで、シートは一般 …

no image

CUVコンセプトカー「XIV-2」のレンダリングを公開

CUVコンセプトカー「XIV-2」のレンダリングを公開した。コンセプトカーは、双竜車が昨年フランクフルトモーターショーで披露した「XIV-1」に加え、グローバル戦略車種で開発しているプレミアムCUVに …

no image

フォードモンデオ-これといったイヤ味のないデザインと走り

GMの欧川戦略の核がオぺルなのに対して、フォードが自前で作った現地メーカーがドイツフォード。 日本にはモンデオが導入されているほか、革新的な小型車、Kaが上陸している。 成り立ちから言っても、製品の味 …

no image

アリストの評価-スポーティモデルに絞り込んだ設定

トヨタのアリストは、クラウンなどに相当するLサイズセダンだが、アリストはスポーティモデルに絞り込んだ設定。エンジンは直列6気筒の3000ccのみとなり、ターボモデルも用意する。3000ccのガソリンタ …

no image

ガードバーを車に装着したせいで起こった痛ましい事故

流行に乗ってクルマを購入するのは失敗を招くことになります。その典型的な例が過去にありました。今はSUVと呼んでいる大型のクロスカントリーモデルです。三菱はミニバンにすらガードバーを付け、スペースギアと …