雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

車椅子でハイキングするある家族の話

投稿日:

ある家族の話。オコナー家のメーロン君は、先天性の脳性麻痺で下半身不随、車椅子生活だ。けれど、自然をこよなく愛する両親ケイトとパトリックは、そんなことでくじけない。メーロンにもその素晴しさを体験させてあげようと、子どものころからがんばってきた。彼らはまず、子どもと車椅子を両方載せられる自転車用トレーラーを購入した。牽引用アームは、両脇から2本出ているのが一般的だが、これは真ん中から1本出ているもの。

自転車での牽引はもちろん、パトリックが人力車風に引いてハイキングすることもある。トレイルのタイプや天候、そして子ども各人の性格や体力、愛。子どもがどれだけ歩けるかを決めるには、さまざまなデータが必要だ。カリフォルニアでハイキングしたときは、歩けないメーロンのもとに、両親が大自然の珍しいモノを届けて見せた。メーロン次第の休憩も、普通より多いわけではない。メーロンをトレーラーから移して、ストレッチしやすいように、折り畳み式で低めのビーチチェアは必ず持っていく。

下り坂でも後ろからケイトがコントロールできるように

狭いトレイルでは安定のためロープを後ろにくくりつけ、下り坂でも後ろからケイトがコントロールできるようにした。こうして自転車や車椅子が行けないような場所へも、メーロンを連れていけるようになった。このトレーラーは、彼が12歳になるまで大活躍。サイズが窮屈になって使えなくなったのが残念だ。メーロンにも自然を、世界を、その目で見てほしい。

そう願って両親は、メーロンが自分達のそばにいる間に、できるかりの体験を与えてきた。時間や手間がかかり、それなりの苦労があっても、やってみる価値は十分あった。山もいいが、彼らのお気に入りは海岸だ。波打ち際でトレーラーを引っばり、寄せる波に軽く持ち上げられて浮くのを楽しむ。波と追いかけっこもする。メーロンの夢は小説家になること。こんな鮮やかな思い出が、そのとききっと役に立つだろう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

地元の食材を使ってつくる究極の地元鍋

キャンプや野遊びをする目的地近くの町に注目する。それも駅前よりも、その町を通る街道や旧街道沿いにお目当ての店がある。よく失敗してしまうのが、地元名くさい店。大手系列ではないな、と思い入ってみると、八ヶ …

no image

雲ひとつない空からいきなり雨になることもある山の天気

雲一つない青空に、巻雲が出現すると、低気圧がこちらに向かっているというサイン。空を見上げて、雲の様子を観察する観天望気は、登山中とても重要なチェック項目です。雲底が下がって高層雲となり、どんより暗くな …

no image

静かなカヌーのパドリングを楽しみたかったある親子

静かなカヌーのパドリングを楽しみたかったある親子。 ほんの10分でいいから、静かなパドリングを楽しみたい、それが私の願いだった、とある母親。同じようにカヌーをしていても、興味の対象や忍耐力は子どもによ …

no image

登山家が残した名言やいろんな本を読んでいくことの重要性

自分の目的の山だけ書いてあるのはまれで、ほとんどは一冊にまとまった文集になっているわけですが、先人がどのようにその山をあるいは周辺を見たか感じたかを学ぶのはとても大切なことだと思います。自分の感性を磨 …

no image

倍率の高い双眼鏡を持参してバードウォッチングに出かけよう

全身がグレーで胸に自い斑点が広がるヒヨドリ。このヒヨドリは、スズメと一緒に残飯などを突ついているが、日本で唯一の熱帯鳥で、本来は貴重な鳥なのだ。郊外の緑地公園や池、川の周辺には、尾をいつも上下運動させ …