雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

車の中で聴く歌で子供を喜ばせるには

投稿日:

長旅のクルマの中で、食べ物に次いで強い味方なのが歌。使い古された唱歌やキャンプファイヤー・ソングに片寄らないよう、歌の本を持っていこう。童謡を自己流にアレンジして子ども達を引っばりこむ。年長の子は自分のお気に入りをゥォクマンで聴きたがるかもしれない。やりたいようにやらせておこう。注意力散漫なちびっ子には、短い曲から大人向けの音楽まで用意してフォーク、民族音楽、ブルース、ゴスペル、レゲエ、ジャズ等、幅広く聴かせてみる。

子ども用カセットテープもかき集めて積んでおく。特別に気に入っているテープはとっておいて、ご機嫌斜めなときに使う。たとえば渋滞時や1日の終わりごろパーカッション楽器は、買ったものでもお手製でも、持っていく価値大。好きなお話がテープになってなければ、ママかパパがテープに吹き込んであげよう。ページをめくる合図として鈴の音等を録音に入れておく。テープのリクエストは皆で順番に。テープは歌だけでなく、お話もあるとよい(本がついていることもある)。山でも、私にとってお助けグッズのナンバーワンは、歌を唄うこと。

意気込みさえあれば準備もいらない

場所を選ばないし、記憶力か歌詞カード、そして意気込みさえあれば準備もいらない。ママ達が好きな民族音楽でも、軽快なリズムなら今がチャンス。じっと座って音楽を聴くょりは、参加できたほうがはるかにおもしろい。まるで踊っているような気分になる。テープや歌声に合わせて演奏すれば楽しい。乾燥豆や米を何かの容器に入れてシャカシャカ振ったり、木のスプーンでコッへルをドラム代わりにしたり、スプンを2つカチャカチャやるのもいい。

自分も楽しめる曲を選べば、そのうちにきっと好きになる。歌は手軽で効果もすごい。そのうえあなたの行くところには、必ずあなたの声もついてくる。歌は苦手で、という人が多いのは残念だ。なんだか、人には見せない自分の一面がさらされるようで、意識過剰になってしまうのかもしれない。でも子ども達は歌が大好き。ママやパパもちょっと頑張ってトライしてみよう。歌は誰かと分かち合うほどすばらしく、ましてそれが我が子となれば気分は最高だ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

カヌーシーズンまっ盛りの夏

カヌーシーズンまっ盛りの夏。 自前のカヌーがない人は、レンタルに走ろう。シーズンまっ盛りの夏、人気のある湖や川は多くの人出だ。子どもというのは、パシャパシャやっているなと思ったら次の瞬間にはもうすっか …

no image

カヌーツーリング-おすすめは慎重に慎重を重ねた気楽なプラン

カヌーツーリング。 子ども連れのツーリングには慎重に慎重を重ね、短期間の気楽なプランでスタートする。カヌーでは、なんといっても怖いのは、分不相応に野心をたぎらせている人。つまり無謀ということ。リスクの …

no image

川遊びや虫を見つめるのは面白い

ヨモギの葉をよくもんで、葉の汁をガラスにぬっておくとよく見えると言われ実行し、タイヤチュープに乗り、一日中、川の中をのぞいていた。魚、川藻のついた岩、ユラユラする水中植物、湧き水に砂が舞い、また別の魚 …

no image

アウトドアウェアはファッション性以外に機能的にもすぐれていないといけない

アウトドア・ウエアはファッション性はもちろんのこと、機能的にもすぐれたものでなくてはならない。オートキャンプといえども、大自然の中で活動するとなると、天候の急変など、アクシデントを予測したうえでのウエ …

no image

登山用レインウェアはツーリングの際におすすめ

自転車用トレーラーでツーリングをする際、普通の登山用レインギアが十分役に立つ。ポンチョはスソがパタパタし、チェーンやスポークにからまるのでダメ。すぐにあがりそうな雨なら、自転車用トレーラーを閉めきれば …