雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

中古輸入車を通信販売で申し込む際の注意点

投稿日:2014年11月5日 更新日:

こうした状況はやがては変わっていくとは思うが、今はまだ中古輸入車購入は東京の店から通信販売で、という地方在住の人も多いだろう。中古輸入車購入で、通信販売を受け付けている店では、申込みがあるとまず実車の写真またはビデオと見積書を送ってくれる。実車であることを証明するために、ボディに打たれた車体番号刻印の石刷りをつけるところもある。写真は全体像と、内装やエンジンルーム、小さな傷などがあればその部分など、店によっていろいろだ。

納車方法には、店のスタッフが名義変更をした上で自宅まで持ってきてくれる場合や、契約した陸送会社が持ってくる場合、また陸送会社が現車だけ持ってきて、自分で名義変更する場合もある。
店により、また条件によってこのへんは様々だ。これで気に入ったなら、納車整備の範囲や保証体制、納車の段取りや支払い方法などを、普通は電話でやりとりし、納得できれば見積書に添えられている契約書に判を押し、必要な書類とともに送り返すことになる。

ただ、この通信販売にはどうしてもリスクが避けられない。たとえ問題のないクルマを購入したとしても、思惑違いなどでイヤな思いをする可能性は否めないし、なにしろクルマはもちろん、店の良否を判断しょうにも、電話での会話ぐらいしか材料がないのだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

答えにくい質問もどんどんする

いくつかの店と話をし、実際に足を運ぶときと同様答えにくい質問もどんどんしてみてその対応や雰囲気の違い、条件面などをよく話す。地元では中古輸入車購入が難しく、通信販売で、という人には、やはり複数の店と話をし、決定の際には時間と交通費をかけてでも実際に足を運んで店と実車をたしかめることを勧めておきた。

Faia加盟店などでは、全国に協力工場のネットワークがあるから、それを使えるとなれば心強い。自宅の近辺に面倒を見てくれる工場の当てはないか、も聞いてみよう。そうして電話での会話を通じて、納得できた店に実際に足を運び、きちんと現車を見た上で契約すべきなのだ。どんな客であれ、きちんとした店なら対応は変わりないし、ナメられているのでは、ダマされているのでは、などと思いながらの商談では、たとえちゃんとしたものを買っても不信感ばかりがつのり、結局満足できる買い物などできないだろう。

やりとりの際、イナカ者とナメられちゃいけないなどと虚勢を張る人もいるが、そんな必要はない。ありのままに疑問や不安をぶつけ、納得できる回答が得られる店であることを確認して、初めて契約書に判を押せばいい。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

自動ブレーキの開発

きっちりとした完璧な自動ブレーキ開発にはまだ時間がかかりそうです。それには工学的な面だけではなく、医学・心理学から果ては倫理面まで、記録される必要があるでしょう。 間違ったハンドル操作は、対向車との衝 …

no image

車の振動や乗り心地の問題

振動とは、同じような現象がある間隔をおいて繰り返されることをいいますが、自動車の振動にはエンジンが回転・爆発することによって出る振動のように、その源が自動車の内部にあって比較的高い振動数(一秒間の振動 …

no image

車の疲労破壊について

「疲労」というとなんとなく人間くさい感じがしますが、人間の疲労はひと休みすると疲れはとれて元の状態に回復します(なかには回復しない人もいますが)。しかし、金属の疲労のほうはいくら休ませても回復すること …

no image

中古車販売店の選び方やお客の心構え

食品なら、一度買って品物が悪かったら二度とその店に足を運ばなければそれで済むが、クルマではそうはいかない。中古車購入は食品購入に似ているという意見があるが、食品とクルマとの決定的な違いは、買ってからも …

no image

TCS-トラクションコントロールシステムの効果

LSDや4WDは、車輪がスピンするなら、駆動力を伝える車輪の数をふやしてスピンを防止して安全に走り抜けようとする、という機構です。これに対し、TCSは車輪がスピンするのなら駆動力を下げてスピンさせない …