雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

輸入車の点検・整備は愛と理解が必要

投稿日:2014年11月4日 更新日:

昔、ベンツは車検だけで100万円かかるなどと言われたのは、お上の言うがままに点検や車検に出し、ディーラーの言うがままに請求された金額を払う人たちがオーナーのほとんどだったからだ。
輸入車がいかに手がかかると言っても、それが生まれた国では、多くの人が足として使っているのだ。

国産車には求められない走りの味わいや乗り心地や、素晴らしいデザインといった個性を堪能しながら、維持費もそんなに高くない範囲に収めることができる。惚れた輸入車に巡り合い、理解しようと努力し、添い遂げる覚悟で愛を注げば、彼は決してぜいたくを望みはしない。

ベンツにしても、経済性と効率をなによりも重んじるタクシーとして、多くの国で使われている。
それが点検や整備で大金がかかるわけはないと考えるのがふつうだろう。では、どうすればいいのか、といえば、外国人が夫人を愛するのと同様に対してやればいい。

車の買取査定を上げる色々なポイント

悪いところはないかと気づかう

時には多少のプレゼントも必要かもしれないが、それでも、普段抜群の魅力を味あわせてくれることへの感謝だと思えば、そう高いとは思わないはずだ。つまり、顔を見たら、愛してるよと言い、どこか悪いところはないか、と気づかってやり、少しでも調子が悪そうなら、早めに医者に連れていってやればいい。

具体的には、多少高くてもオイル交換を必ずデイーラーでしてもらい、ついでに下回りをざっと見てもらうのでもいい。走行中もメーターによく気を配り、水温計は異常ないか、油圧やブレーキ液、冷却液などの警告ランプに問題はないか、さらに異常な音や手応えは発生していないか、常にクルマと対話してやりたい。ガソリンを入れるたびにタイヤの空気圧を点検し、ボンネットを開けて液体の漏れがないか点検し、少しでも異常があれば、また異常がなくとも半年に一度は信頼できるプロの点検を受ける。

それだけで大きな故障に出会い、大金がかかる可能性は最小限にできるはずだ。ベつにクルマのことばかり考えている必要はないが、時々、思い出す程度の関心と愛を保ちつづけることが肝心なのだ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

S80ディーゼルを発売

ボルボ·コリアが利便性とインテリアが強化された2013年型S80ディーゼルを発売した。S80 D4とD5で構成された新車には、世界初の低速追突防止システム「シティセーフティ(City Safety)」 …

no image

マツダRX-8は高評価-純粋なロータリーフィーリングを味える

以前のRX-7はターボの装着によって純粋なロータリーフィーリングを味わいにくかったが、RX-8ではそれが前面に押し出されている。走行性能は満点評価、マツダの傑作ロータリー車。また、軽量&コンパ …

no image

操縦性を評価する最も簡単でかつ的確な方法

操縦性を評価する最も簡単でかつ的確な方法は、レーン・チェンジ(車線変更)テストです。高速道路等で前車に追いつき追い越すとき、まず追い越し車線に車線を変更して追い越すわけですが、この一連の操作が操縦性の …

no image

ドライバビリティーやスナッチングの問題

自動車のエンジンフィーリングなどのチェックには、ドライバビリティーとスナッチングなどがあります。ドライバビリティーとスナッチングのうち、スナッチングは、比較的、フロント・エンジン・フロント・ドライブの …

no image

評判のいいカーディーラーの営業マンにアプローチしよう

もしかしたら、買ったはいいがあまり対応がよくなかったというかもしれないし、親切でけっこうアフターサービスもいいというかもしれない。近所や友人で車を買った人がいたら、どこの店で買ったのかさりげなく聞いて …