雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

車の長旅の際の子供への様々な対応

投稿日:

海外で縦走をしたときに心配だったのは食事方法だった、とある女性。泣く子をあやす揺り椅子も、子ども用の高椅子も存在しない。この女性は海外で数ヶ月車で縦走をしたそうだ。タオル地の前かけを頭からかぶせる。食べ物がマットの上に落ちれば拾って食器の中に戻す。私たちは、ナイロン地を直径1kmほどの円状に切ったもので工夫した。それぞれその真ん中に座らせて、広げた脚の間に食器を据える。

携行できる食品の量は限られているから、地面にべっちゃり落としてしまえばあきらめるしかない。前かけは、タオルの真ん中に頭を通す穴を開けたもの。吸水性に優れてサイズも大きく、日のまわりの汚れもきれいにできる(とはいっても、日のまわりは本当に汚れるので、うちではバンダナなど別の布を顔用に使った)。食事がすめば清拭してキッチンバッグにしまう。このバッグにはほかにもそれぞれの食器と前かけを入れる。前かけは夜のうちに洗って干しておけば、濡れたものを日中持ち歩かずにすむ。

日中洗って干す必要があるときは

日中洗って干す必要があるときは、ザックの背面に下げるといい。野生動物の手の届かないところに食料をまとめて吊り下げるなら、前かけも一緒に吊って干そう。私はいつも旅行前に、カボチャやズッキーニあるいはレーズン入りのマフィンを焼いて、繊維とビタミンが不足しないように気をつけている。トイレ休憩をきちんととり、手足を伸ばし、ついでにピクニックテーブルで食事もとる。これで長時間ドライブのストレスが多少は解消される。塩分の高いものを食べると喉の乾きは一通りでない。

そしてレーズンや果物、野菜など、お通じを助けるスナックを持っていく。繊維質を含むパンを、たっぶりの水分とともにとるのもいい。ただし、漂白小麦粉を使って焼いたものは避ける。クルマでの移動日が続くと、どうしても野菜が不足してという向きには、缶詰の野菜や豆類を薦めたい。たしかにおもしろみに欠ける味だが、そこは塩やバターでなんとかしよう。子どもはエネルギーがありあまって、それを消費しなければいけないから、このような休憩が必要になる。もう少し大きくなると、過剰エネルギーに加えて退屈しやすいため、休憩は不可欠なのだ、とこの女性は語っていた。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

信夫山の登山-日帰りで楽しめるスポット

福島市のほぼ真ん中にポッカリと信夫山が鎮座している。信夫山は富士山のような独立峰だから、山頂からは福島の市街地や吾妻・安達太良連峰の眺望がきく。ここは山頂近くまで道路が整備されているため、車でも上に行 …

no image

何故山に登るのか

なぜその山に行くのか。それには何よりも、わが国の季節の特徴を知っておくことが大切である。一月なら鳥を観るなら冬鳥の季節である。低山の麓に点在する沼や溜め池に鳥達類が来ているはずだ。梅の花のつぼみもふく …

no image

カタクリの花が開き始める頃

三月に入ると、桜前線の予測が盛んに行なわれる。山間のワサビ畑では花の摘み取りが最盛期を迎える。マンサクやロウバイが満開となり、ハクモクレンが早春を告げる。ミツバチが活発に飛び交うようになり、野の花が開 …

no image

キャンプが楽しくないと感じる年齢-子育ての難しさと親の葛藤

いつものようにキャンプをしていた夜、娘は遠い目をして心ここにあらず、父との会話や読書にも食指を動かさない。何かが今までと違うことに気がついた。父親に連れられてハイキング、パックバッキング、それを7年間 …

no image

登山計画書が提出されていないと捜索が難航になってしまう

山で事故が起きる度に、登山計画書が提出されていないので捜索が難航などと報じられるので、登山計画書は捜索するためのものと思っている人がいるようです。登山計画書には確かにそういう事故後の対応の目的もありま …