雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車のショールームなどへの見学は2人以上で行ったほうがいい

投稿日:2014年10月30日 更新日:

ひとりでいって、口のうまい営業マンなどにつかまってしまうと、勢いで契約してしまうなんてことにもなりかねない。車を見にいくのなら、自分ひとりではなく、友人や家族などといっしょに出かけるようにしよう。ショールームなどに展示されている車を見ると、どれもよく見えるため、ついついろくに考えずに買ってしまったりするので、軽はずみな行為を抑えるストッパーとしての意味もふくめて、誰かといっしょに出かけよう。

若い女性なら、父親や彼氏といっしょにいくのも有効だ。できれば車に詳しい人物がいいが、たとえそうでなくても、誰かといっしょに見て感想などを話しているうちに、見えなかったことが見えてくることもあるのだ。

車購入はー軒目で決めない

欲しい車がはっきり決まっていたり、細かい部分にまでこだわりがあったりすれば、なかなか納得しないが、漠然とした気持ちの場合、ついつい基準が甘くなってしまう。目の前に車が並んでいて、これが自分のものになるんだと思うと、ついついその気になってしまったりする。

漠然と車が欲しいと考えて、下見のつもりでショールームや中古車販売店などにいくなら、ー軒目では絶対に即決しないということを肝に銘じておこう。欲しい車種が決まっていない場合は、あくまで下見と考え、何軒かまわってみることが大切だ。とくに注意が必要なのは中古車で、勢いで買うと、家に帰ってから後悔したり、細かい部分まで見なかったために、あとで問題が見つかったりすることもある。

車の買取査定を上げる色々なポイント

下見の段階でサインしない

これはどこの店でもおなじだが、多少なりとも検討の余地がある車ならともかく、まだ漠然とした状態なら、当分購入の予定がないので、今回は書きませんとハッキリ断ろう。下見に出かけた販売店で見積書を出してもらうと、見積書に住所や氏名、電話番号などを書いてくれと頼まれるのだ。

もし住所や名前などを教えようものなら、電話やハガキが何度もきたり、なかにはいきなり訪問してくる営業マンもいる。熱心なのはわかるが、これでは迷惑だし、勢いで契約してしまうなんてことも起きかねないのだ。その後の販売攻勢はかなりなものと覚悟しなければならない。

ただ、買う気がすこしでもあるなら、ちゃんと明記したほうがいい。役立つ情報をきちんと教えてくれたりする。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

昔の輸入車のアクセサリーは壊れやすかった

中古輸入車のアクセサリーは、どれかがダメになっているという前提で、すべてを操作してみる必要がある。エンジンをかけてエアコンスイッチを入れ、アイドリングが乱れることもなくキチンと冷風が出るか。とくに、日 …

no image

現代自動車の新型サンタフェが価格を抑えて登場

現代自動車は、全国の営業店を通じて新型「サンタフェ(Santa Fe)」の事前契約に突入すると21日明らかにした。新車は、現代車のデザイン哲学である「プルルイディックスカルプチャー(Fluidic S …

no image

車の車幅が広いものは日本の道路では最適ではない

日本では年収の25%程度までで日常生活に過不足のないクルマかと言えば、決してそんなことはありません。欧州では、よほどクルマに関心のある人でもなければ、年収の程度までしか費用を出しません。年収600万円 …

no image

GMシボレーインパラが高級感を倍増して登場

シボレー「インパラ(Impala)」が初度物量をすべて完売した。昨年末から消費者の間で噂に乗り始めたの品質に対する好評が事前に契約につながった結果だ。GMの関係者は、「正確な数値は、夏季休暇が完了して …

no image

タウンボックスの評価-買う価値が低い軽商用車ベースの乗用ワゴン

買う価値が大幅に薄れた軽商用車ベースの乗用ワゴンという声もある、タウンボックス。 アトレーワゴンやエブリイワゴンではスライド機能を装着して足元空間を拡大できるが、タウンボックスにそれは付かない。ほかの …