雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車のショールームなどへの見学は2人以上で行ったほうがいい

投稿日:2014年10月30日 更新日:

ひとりでいって、口のうまい営業マンなどにつかまってしまうと、勢いで契約してしまうなんてことにもなりかねない。車を見にいくのなら、自分ひとりではなく、友人や家族などといっしょに出かけるようにしよう。ショールームなどに展示されている車を見ると、どれもよく見えるため、ついついろくに考えずに買ってしまったりするので、軽はずみな行為を抑えるストッパーとしての意味もふくめて、誰かといっしょに出かけよう。

若い女性なら、父親や彼氏といっしょにいくのも有効だ。できれば車に詳しい人物がいいが、たとえそうでなくても、誰かといっしょに見て感想などを話しているうちに、見えなかったことが見えてくることもあるのだ。

車購入はー軒目で決めない

欲しい車がはっきり決まっていたり、細かい部分にまでこだわりがあったりすれば、なかなか納得しないが、漠然とした気持ちの場合、ついつい基準が甘くなってしまう。目の前に車が並んでいて、これが自分のものになるんだと思うと、ついついその気になってしまったりする。

漠然と車が欲しいと考えて、下見のつもりでショールームや中古車販売店などにいくなら、ー軒目では絶対に即決しないということを肝に銘じておこう。欲しい車種が決まっていない場合は、あくまで下見と考え、何軒かまわってみることが大切だ。とくに注意が必要なのは中古車で、勢いで買うと、家に帰ってから後悔したり、細かい部分まで見なかったために、あとで問題が見つかったりすることもある。

車の買取査定を上げる色々なポイント

下見の段階でサインしない

これはどこの店でもおなじだが、多少なりとも検討の余地がある車ならともかく、まだ漠然とした状態なら、当分購入の予定がないので、今回は書きませんとハッキリ断ろう。下見に出かけた販売店で見積書を出してもらうと、見積書に住所や氏名、電話番号などを書いてくれと頼まれるのだ。

もし住所や名前などを教えようものなら、電話やハガキが何度もきたり、なかにはいきなり訪問してくる営業マンもいる。熱心なのはわかるが、これでは迷惑だし、勢いで契約してしまうなんてことも起きかねないのだ。その後の販売攻勢はかなりなものと覚悟しなければならない。

ただ、買う気がすこしでもあるなら、ちゃんと明記したほうがいい。役立つ情報をきちんと教えてくれたりする。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車が欲しい場合の下見は夜にいくのもおすすめ

ランプ類は、左右が同じぐらいのスピードで消耗するのがふつう。だからこういう場合、過去に車体の片方をぶつけて壊した可能性があると見ていいだろう。より完璧を期すなら、昼間だけではなく、夜の品定めもしておき …

no image

インフラ整備の三本柱によって事故を減らしていく

自動車の実験研究は、エンジンに関しては戦前から行われていましたが、シャーシや車体関係については車を走らせて耐久性をチェックする耐久走行試験が行われていた程度で、実車では応力測定ですら行われていませんで …

no image

メタノール車-エネルギー源はバラエティがあっていいはず

PECでは、メタノール車の技術開発、実証試験などを行なっている。日本では、通産省から委託を受けた石油産業活性化センター(PEC)と、運輸省の運輸低公害車普及機構が、メタノール車を推進している。メタノー …

no image

初めて行く自動車販売店にはアポを取ってから行こう

いろいろな情報を得るためには、まずアポを入れてから出かけよう。忙しいのか、質問してもなしのつぶてで、ちょっとおざなりにされている感じがするなんて場合がある。せっかく車を買おうと販売店をまわっているのに …

no image

アリストの評価-スポーティモデルに絞り込んだ設定

トヨタのアリストは、クラウンなどに相当するLサイズセダンだが、アリストはスポーティモデルに絞り込んだ設定。エンジンは直列6気筒の3000ccのみとなり、ターボモデルも用意する。3000ccのガソリンタ …