雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車の試乗の方法は正しい姿勢で行ったほうがいい理由

投稿日:2014年10月30日 更新日:

もともとどんな車でも、ドライバーがきちんとした姿勢で運転していることを前提に、イザというときの危険回避装置が作られている。そうした点を確認するため、シートベルトやヘッドレストが本来の役に立ってくれない可能性のある姿勢での試乗運転はやめ、試乗するときはシートに深く座り、足はフットレストに踏んばって、ステアリングは10時10分の位置を握っておくこと。

もちろんステアリングやペダル類だって、正しい姿勢のときに操作しやすい設計である。試乗するときには、かならず正しい姿勢で運転すること。

不況のいまこそ買い時

たしかに今は不況だが、そのぶん、ディーラーも、ー台でも多く売ろうと必死だ。だから、必然的に景気のよかったときよりも価格は安いし、サービスもよくなっているのである。現在乗っている車が古くなって買い替え時であろうと、もう少し、もう少しと我慢している人もいるかもしれない。

不況のいま、車を買いたくても、なかなかふんぎりがつかないという人は多いだろう。でも、もし買えるなら、そして車を替えなければならない状況なら、思いきっていま買ってしまおう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

営業マンの焦り

月初めに購入しようと思ったとしても、すこしじらして、この日を待つのが賢い。たとえばそのセールスマンが、ノルマ達成のために、今月は、どうしてももうー台売りたいと焦っていたら、えいと、限度額いっぱいの大幅値下げをしてくれるかもしれない。そんな時期が、毎月別日前後。
ふつうに新車を買うとき、セールスマンの判断ひとつで安くなるケースがある。

いろいろなコースを走る

試乗をしてみたとしても、新車の購入のとき、じっさいにその車を買わなければいけないわけではない。試乗はおおいにすべきだ。かならず試乗するという人でも、そのヘんを一まわりというのがせいぜいだ。これでは、ほんとうの性能をたしかめたことにはならない。

急制御、急加速、急カーブ、急坂など、できれば高速道路まで、できる限り色々な状況で載せてもらおう。してもしかたないと思ったり、ショールームで止まった車の運転席に座ってみたりという程度では、長くつきあえる愛車との出会いはない。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ランボルギーニ初の後輪駆動コンバーチブルが発売

最高速度319km / hを誇るランボルギーニ初の後輪駆動コンバーチブルが発売された。ランボルギーニ公式輸入会社ランボルギーニソウルは19日、ソウル論峴洞クラブオクタゴンで「ガヤルドLP550-2スパ …

no image

中古車の価格帯をあらかじめカー雑誌などで知っておこう

中古車を買うのって、店にボラれるような気がして怖いんですよ、という意見もある。まあ、だいたいまちがっちゃいない考え。なぜなら、店側も、高すぎると思いつつ、しょうがなく売っている場合も多いから。 仕入れ …

no image

旋回中心は後車軸の延長線と転蛇された前輪から直角に引かれた線との交点

旋回中心は、後車軸の延長線と転蛇された前輪から直角に引かれた線との交点にあります。ハンドルはそこに固定したままアクセルを踏み込んで速度を上げたときに、車に対して旋回中心位置が以前とどう変わるかを調べる …

no image

評判のいいカーディーラーの営業マンにアプローチしよう

もしかしたら、買ったはいいがあまり対応がよくなかったというかもしれないし、親切でけっこうアフターサービスもいいというかもしれない。近所や友人で車を買った人がいたら、どこの店で買ったのかさりげなく聞いて …

no image

日本には車の文化がまだない

日本にはまだクルマの文化はない、根付いていないと思っている専門家もいるようですが、グレードを示すエンブレムが欲しいユーザーが多いこともその理由の一つのようです。どうして日本人はそんなグレードを示すエン …