雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車のスポーツ性能を重視する編集者が作る雑誌

投稿日:2015年4月21日 更新日:

車のスポーツ性を重視する編集者が作る雑誌は、少数の走り屋や、クルマに憧れの気持ちを抱いている人のためにはいいのかもしれませんが、普通の暮らしに使いたいユーザーには、あまり参考になりません。最高のクルマはフェラーリでありポルシェであり、メルセデス、そしてBMW。日本のクルマであれば、ホンダのインテグラタイプR、スバルのインプレッサ、三菱のランサーエボリューションなど。

クルマに関心のない人が増えたこともあり、雑誌自体が役に立たなくなってきたことも部数減につながっているように思えますが、近年、発行部数が減少した雑誌が多く、休刊、廃刊に追い込まれるものも少なくないようです。こんな現象は読者が賢くなったからかもしれません。メーカーも、クルマ雑誌の評価にとらわれることなく、どこまでもユーザー本意のクルマ造りに取り組んでほしいものです。今後、日本の高齢化が急激に進むことを考えれば、少なくとも今のような狙いの記事ではクルマ雑誌、媒体はますます先細りになるでしょう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

そのメーカーならではの良さ、持ち味

欧州のメーカーでは、エンジニアが替わっても、そのメーカーならではの良さ、持ち味がクルマに代々受け継がれていきます。しかし、これは欧州のユーザーが作り上げた結果とも言えるのです。気に入ったところをぜひ伝えてほしいものです。日本車の場合、例えば、そのクルマのシートの出来が良くても、モデルチェンジするとまったく別物になり、ときに改悪されてしまうこともあります。

クルマは乗ってしばらくしてはじめて気づくことがあります。そのときに、ディーラーの営業マンやメーカーの消費者窓口などに、不満点をきちんと伝えるべきです。忘れてならないのはユーザーがもっと声を出すことです。その声が多くなり、メーカーも無視できなくなれば、必ず生産車に反映されてくると思います。日本のユーザーも、少しでも快適なクルマに乗るために、積極的に声を上げていきたいものです。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ニュートーラスSHOのスポーツバージョンを発表

フォードセールスサービスがフォードのフラッグシップセダントーラスのスポーツバージョン「ニュートーラスSHO(New Taurus Super High Output、以下ニュートーラスSHO)」を、公 …

no image

車の値引き率がたとえよくてもローンは避けたほうがいい

昔は、ローンを組むと、車の所有者がディーラーになるため、車体に大きなトラブルなどが発生したときに、よりたしかな補償が受けられた。けれども、いまはそういうメリットも少ないので、ローンは結局損なのだ。 現 …

no image

今後セダンの柱となりそうなのがプレミアムカー

・プレミアムカー 今後、セダンの柱となりそうなのがプレミアムカーです。セルシオは見事なクルマで、すでにベンツ、BMWと勝ち負けの争いをしていますし、新型クラウンも、あら探しをすれば別ですが、文句をつけ …

no image

自動車の維持費は年間でどのくらいかけていますか?

とりあえず走れているクルマである限り、まったく手をつけずに車検場に持っていったとしても、書類が揃っていて、ライト類がキチンとつき、タイヤに山があってブレーキがちゃんと効き、排ガス濃度が基準値以下である …

no image

車を専門店で購入するとかなり安心なその理由

もしも特定ジャンルのクルマを買うつもりなら、ダンゼン専門店をすすめたい。しかも、最近はカスタム4WD、ハイエース、いすゞ、セルシオ、GT。、ユーノスロードスターなどなど、よくぞこんなのを専門に!とビッ …