雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車の整備工場の対応のチェックをしたほうがいい理由

投稿日:2014年10月30日 更新日:

整備工場の応対をぜひチェックしたい。電話で申し込みをするときの応対に始まって、メカニックや工場長など、できるだけたくさんの人に実際にあったり話をしてみるといい。引き渡しのときにも、ただ報告書ー枚を渡すのではなく、担当した人が作業内容を詳しく説明してくれるようだとなおよい。いま乗っている車があれば、車検やオイル交換などの機会に、一度利用してみよう。

車のシートが汚れないようにビニールをかけている、床にも新聞紙などを敷いているなどの心配りがあるか、作業に真剣に取り組んでいるかなどは、見ただけでもわかるはず。はじめて車を買うので、そんなチェックはできないという人は、せめて工場の様子だけでも見ておくといいだろう。自分が買った車を大切に扱ってほしいなら、忘れてはならないことだ。

工場の料金を把握

販売店では、サービス面ばかりではなく、整備料金にも気を配りたい。といっても、部品代はどの工場もいっしょのはずなので、差がつくとしたら、工賃だということになる。工賃はー時間あたりいくらという、時間工賃を採用しているところがほとんど。したがってー時間あたりの価格を聞いておけば、他の工場との比較がしやすい。

自宅の近所になじみの町工場でもあれば話は別だが、通常、販売店の専属工場とは長くつきあうことになる。車検やオイル交換などはいつもおなじ工場で行なったほうが確実だ。値段だけで決めるわけにもいかないだろうが、安いにこしたことはない。

車の買取査定を上げる色々なポイント

整備士の人数

国家資格を持っていれば規定以上のレベルに達しているという証拠なので、このレベルの整備士がどのくらいいるかが大きなポイント。整備士の学校を卒業して試験に合格すれば、国家2級という資格がもらえる。車の整備士には国家資格がある。

自信を持っているところなら工場の受付に明示してあったり、案内書に書いてあったりする。もしもわからなければ、受付などでたずねてみるといい。理想的な工場なら、こういう資格を持った整備士だけを雇っているが、そうでないところもけっこう多いようだ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

初めての車選び-あえて輸入車から始めるのもあり

まずは、クルマと付き合うことの面白さが見えてくるクルマに乗りましょう。初めてのクルマ選びというのは、とくにアレコレ悩むもの。女の子のエントリーカーというと、当然のように名前が挙がるのがマーチですが、街 …

no image

中古車選びの際に注意したいエンジンの状態

エンジンとミッショシからなる機関部のチェックは念入りにやっておこう。そんなこと言われても、私はメカのこと、ぜんぜんわからないんですけど。いやいや、そんな難しいことはしなくても大丈夫。一発でエンジンはか …

no image

日本車にサイドプロテクターがついていないのはどうなの?

日本車にサイドプロテクターが付いていないのも、突き詰めていけばメーカー本位の考え方だからです。高級車を除けば、サイドプロテクターの付いているモデルは少数で、理由を聞くと、いつも返ってくるのはデザイン的 …

no image

ターボエンジンを搭載した新型ソナタ登場

ターボエンジンを搭載した新型ソナタが、市場に発売された。現代自動車は、京畿道坡州ヘイリでソナタターボのメディア試乗行事を行い、今回のモデルの競争力をテストする場を持った。新たに搭載された「シータⅡ2. …

no image

ベロスターSRターボをオーストラリアで発表

現代自動車がベロスター高性能モデル「ベロスターSRターボ」をオーストラリアで発表しました。 韓国国内に最初に登場したベロスターターボは、既存のベロスターが持つクーペのハッチバックの空間活用性、新たに高 …