雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車のロードサービスはライフスタイルにあったものを選ぼう

投稿日:2014年10月31日 更新日:

車を買うときには、ロードサービスへの入会をすすめられるが、このサービスも、ひところにくらべて、かなり多くの会社が参入しているということをご存じだろうか。それぞれの会社によって、サービスも年会費も微妙に異なっているので、自分のライフスタイルにぴったりあった納得できるところを選ぼう。

そのひとつが、クレジットカードにロードサービスがプラスされているもの。山の中で車のバッテリーがあがったときや、ガス欠になってしまったときなど、ロードサービスのありがたみをひしひしと感じる。

また、新しい会社も誕生し、車の故障に伴う宿泊費用や帰宅費用までカバーするなどの新しいサービスを展開している。カードの年会費を払えば、口ードサービスも受けられ、ポイントもたまるしくみもある。

満タンで納車

満タン納車こそ最後のサービスなのだ。一般的に、納車時のガソリンの規定は5リットル前後というのが、いまの相場。そこで、無事契約が決まり、直前になったら、あと、満タン納車もお願い、とサラリと頼んでみよう。

新車で最初の立ち寄り先がガソリンスタンドとはなんとも寂しい感じだし、値引き交渉で頑張ったのに、すぐにガソリン代が必要とあっては、おトク感はどこへやらといったところになってしまう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

納車の時間は昼間で

納車の時間は明るい昼間を選ぼう。頼んだオプションはきちんと取り付けられたいるか、傷がないかといったことを、販売店の人間がいるあいだに、きっちりチェックすることが肝心だ。

いよいよやってきた納車の日。待ち遠しい気持ちが強かった人ほど喜びが先に立って、車をろくにチェックもせず受け取ってしまうことが多いのではないだろうか。でも、ここで舞い上がってはいけない。不具合が見つかったら、その場ですぐに申し出れば、販売店の人間も即座に対処してくれることだろう。

解約するなら早く

いったん契約したものの、解約したいと思えてきたときには、できるだけ早く契約解除の申し出をしなければならない。何日かたってしまい、注文したオプションを装備してしまったあとでは、話はちがってくる。たとえば、契約翌日の朝一番に電話して解約したいと申し出たなら、店のほうでもたいした損害にならず、場合によっては申込金が返還されることもあるが。

かなり特殊なオプションを装備している場合は、そのオプション分の金額を払ってほしいといわれても当然だろう。店側もいつ売れるかわからない車だけが残ってしまうのだから。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車検に対応しないパーツは販売店に交換してもらおう

社外品には車検に適応しないパーツもあるから注意が必要だ。車のドレスアップは多額の出費が痛い。それだけに、中古車店で豪華装備の車を買えればかなりトクした気分になる。しかし、エアクリーナーのような吸気系の …

no image

自動車税の支払いをできるだけ少なくする方法

車を買うとき、登録費用や自賠責保険料、消費税などの他に、自動車税、自動車取得税、自動車重量税などの税金もかかってくる。バカにならないのが諸費用だ。ところが、取得税や重量税など、車の価格や重量によって自 …

no image

自動車メーカーの問題点について

政治家や財界人、また役人、警察官、教師といった、社会の模範となるべき職業人の不祥事が、毎日のように起きています。企業のモラルも崩壊し、雪印乳業のように、消費者から絶対的な信頼を得ていたブランドすら消滅 …

no image

自動車保険の年齢区分か正しいか契約時にチェックしておく

保険の代理店も兼ねている営業マンにとっては、客が保険をいくらかけたかでマージンがちがうのだから、教えてくれない人がいてもおかしくない。営業マンがすすめてくれるのだから、自分にとっていちばんいいもののは …

no image

キャンピングカーは海外よりも純国産を選んだほうがいい

乗用車でも左ハンドルが多いように、外車は母国の交通事情や法規制にあわせて造られている。このため、そのままの仕様では使いづらくてしょうがない。純国産車が存在しない以上、キャンピングカーを購入するなら必然 …