雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車にオリジナルのデザイン性があるかないか

投稿日:2015年4月30日 更新日:

メルセデス・ベンツはどこまでもメルセデス・ベンツで、BMWはBMWです。ドイツには、ご承知のようにメルセデス・ベンツ、BMW、VW、アウディ、オペル、ポルシェといった主な自動車メーカーがあります。しかし、日本のように、エンブレムを見なければどこのメーカーかわからないクルマは皆無です。またVWも独自のクルマ造りをしていますし、アウディもメルセデス・ベンッやBMWとは違った手法で高級車を造り続けています。

要は、個々のメーカーが他メーカーを意識しつつも、決して真似るようなことはせず、クルマ造りの独自の手法を大事にし、競い合いながらクルマを造っているのです。そこには、自分たちのクルマ造りへの絶対的な自信と誇りが流れています。ドイツに限ったことではなく、フランスでもイタリアでも、また企業規模の大小を問わず、どのメーカーにも共通していることです。フランスのプジョーとシトロエンの関係を見ても、実に興味深いものがあります。プジョーの側は資金に物を言わせてシトロエンを牛耳るようなことはしていません。

車の買取査定を上げる色々なポイント

長い間プジョーの独壇場でしたが

とくに面白いのはWRCラリーです。長い間プジョーの独壇場でしたが、シトロエンの参加後は、むしろシトロエンが優位に立っています。おそらくシトロエンには、経営的にはうまくいかなかったが、クルマ造りの技術、ノウハウでは負けないというようなエンジニアの意地のようなものがあるのでしょう。シトロエンは財政難のため、プジョー傘下に入りました。以来、コスト削減、効率化を目的として、両社のクルマは共通のプラットフォーム、土台を使うようになりました。

力関係でいくと、シトロエンはプジョーの意見に従うのが筋でしょうが、言いなりになることはなく、独自のクルマを造り続けています。欧州の自動車メーカーは、自社のクルマに並々ならぬ自信を持っています。クルマを売る姿勢も日本とは違い、基本的にユーザーに迎合するようなところは見られません。自分たちの造ったクルマの良さをわかってくれる人に買ってもらえばいい、そんな姿勢すら見えることがあります。だからこそ、ユーザーは自分で選んだという誇りを持ちながら乗ることができるわけです。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

日産フェアレディZ-スポーツ色を全面に押し出してのデビュー

ターボ車は日本初の自主規制リミットいっぱいの280馬力を実現。スポーツカーに乗ろうというキャッチコピーの通り、スポーツ色を全面に押し出してのデビューだった。独特なフロントフェイスとグラマラスなボディは …

no image

日本ではセダンがあまり売れないのは何故なのか?

セダンはなぜ売れないのか?いちばんの理由は、セダンが庶民の生活から遊離してきたことが大きいと思います。缶ビールはケース買いが常識で、趣味の観葉植物、マウンテンバイク、パソコンなど家電製品も、クルマに乗 …

no image

車の正しいシートポジションやドライビングポジションは?

正しいドライビングポジションは、やや腰を引き気味にシートに腰かけ、ブレーキを奥まで踏み込んだときに膝がやや曲がっている状態です。自分にぴったりの運転しやすい姿勢がとれなければ疲れやすく、安全にも影響し …

no image

日本人は単一民族で暮らしていると勘違いしている人が多い

物価も生活環境も異なるため単純に比較することはできないものの、GDPを比較すると、世界第3位の日本は欧州よりも懐具合のいい国民が多い計算になります。ところが、日本人の多くが豊かさを実感できていません。 …

no image

ダイハツYRVの評価-スペース効率だけでなくデザイン性も重視

ダイハツYRVは、ブーンの前身ともいえるコンパクトハッチバック、ストーリアのプラットフォームを使って造られたハイルーフモデル。 全高が1535mmのボディに、シャープなフロントマスクを組み合わせた。ス …