雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車にオリジナルのデザイン性があるかないか

投稿日:2015年4月30日 更新日:

メルセデス・ベンツはどこまでもメルセデス・ベンツで、BMWはBMWです。ドイツには、ご承知のようにメルセデス・ベンツ、BMW、VW、アウディ、オペル、ポルシェといった主な自動車メーカーがあります。しかし、日本のように、エンブレムを見なければどこのメーカーかわからないクルマは皆無です。またVWも独自のクルマ造りをしていますし、アウディもメルセデス・ベンッやBMWとは違った手法で高級車を造り続けています。

要は、個々のメーカーが他メーカーを意識しつつも、決して真似るようなことはせず、クルマ造りの独自の手法を大事にし、競い合いながらクルマを造っているのです。そこには、自分たちのクルマ造りへの絶対的な自信と誇りが流れています。ドイツに限ったことではなく、フランスでもイタリアでも、また企業規模の大小を問わず、どのメーカーにも共通していることです。フランスのプジョーとシトロエンの関係を見ても、実に興味深いものがあります。プジョーの側は資金に物を言わせてシトロエンを牛耳るようなことはしていません。

車の買取査定を上げる色々なポイント

長い間プジョーの独壇場でしたが

とくに面白いのはWRCラリーです。長い間プジョーの独壇場でしたが、シトロエンの参加後は、むしろシトロエンが優位に立っています。おそらくシトロエンには、経営的にはうまくいかなかったが、クルマ造りの技術、ノウハウでは負けないというようなエンジニアの意地のようなものがあるのでしょう。シトロエンは財政難のため、プジョー傘下に入りました。以来、コスト削減、効率化を目的として、両社のクルマは共通のプラットフォーム、土台を使うようになりました。

力関係でいくと、シトロエンはプジョーの意見に従うのが筋でしょうが、言いなりになることはなく、独自のクルマを造り続けています。欧州の自動車メーカーは、自社のクルマに並々ならぬ自信を持っています。クルマを売る姿勢も日本とは違い、基本的にユーザーに迎合するようなところは見られません。自分たちの造ったクルマの良さをわかってくれる人に買ってもらえばいい、そんな姿勢すら見えることがあります。だからこそ、ユーザーは自分で選んだという誇りを持ちながら乗ることができるわけです。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ダイハツマックスの評価-ターボモデルもラインナップしているが

ダイハツマックスは、全体的にスポーティな雰囲気で、ターボモデルもラインナップしている。ダイハツではその後02月に新たにプラットフォームを設計し直した現行ムーヴを発売、新規格の2世代目としては最初のモデ …

no image

AT車のギアチェンジで気をつけたいこと

まるで男と女のつきあいみたいだが、男と女の間に、いかに親しくなろうともタブーがあるのと同じように、クルマには、できればやらない方がいい操作がある。しかも日本人には、このやらない方がいい操作を、なぜだか …

no image

高回転エンジン車をありがたがる日本の傾向

ヴィッツの姉妹車としてワゴンのファンカーゴ、bB、イスト、3ボックスセダンのプラッツなどがありますが、どれも出来のいいクルマですが、なかでもイストは高い点数が付けられます。乗り味にこだわる人は、ヴィッ …

no image

K9(プロジェクト名:KH)の公式レンダリングがついに公開

起亜自動車の大型セダン「K9(プロジェクト名:KH)」の公式レンダリングがついに公開された。起亜自動車は「K9」の前面と左右側面、後ろ姿を描いた公式レンダリング画像を公開して発売が迫っていること発表し …

no image

車は最高グレードが必ずいいとは限らない理由

選ぶときは、もうすこし下でもいいかな、と思える程度の2番手にしておくのも手だ。最高級グレードなら、飛び抜けたものになるので満足感はあるが、中古車ショップでは2~3番手がいちばんよく売れるから、下取り価 …