雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車の個人売買-掲示板などで購入する際の注意点

投稿日:2014年11月2日 更新日:

雑誌などでよく見かける、売ります&買いますのコーナーでクルマを購入する方法だ。どんな激安店よりも確実に安く手に入れることができる。確かにこれは安い。ー円でも安く!と考える人が最後にたどり着くのは個人売買。でも、おすすめできるのは、平日に時間が作れて、クルマに対する知識が豊富な人に限る。

なんで、そんな条件がつくかというと、個人売買の場合はクルマの程度を判断するのが難しい。自信がなければ、知識のある人が手伝ってくれるのでもいい。平日しかやっていないお役所を回らなくてはならないから。しかも購入後の手続きもめんどう。

売るほうは商売でやってるわけじゃないから、スケジュール調整に苦労したりする。知っておきたいのが、連絡がけっこうやっかいだったりすること。電話ー本入れるのも、夜の8時から10時までなんて制限される。個人売買は現金一括払いが原則。分割は論外。お金の問題も忘れちゃいけない。

車の買取査定を上げる色々なポイント

個人売買を成功させる秘訣

個人売買を成功させる秘訣は、相手を選ぶこと。まとまった現金を用意しないと、誰も売ってくれない。それと購入後は整備工場に持ち込んで、しつかりとメンテナンスするのを忘れずに。クルマがどんなに魅力的でも相手がヤバそうならパスしたほうがいい。クルマの状態も相手が信用できるなら知識がなくてもなんとかなる。

また、通販の注意点をプラスしよう。必ず一度は店に行って、実物をこの目で見てから契約すること。どんなに遠い場所に店があってもだ。それじゃあ通販のメリットがないじゃないと言われそうだが、何十万円もするものを見もしないで買うなんて、おかしい。まず基本的に、クルマを一度も見ないで購入するのは絶対にヤメたほうがいい。

中古車は新車と違ってー台ー台の状態が違う。送られた写真だけでわかることは、ほとんどない。ショップが遠隔地にある通販だとアフターフォローが受けられないから、いいかげんなものを売りつけられてもクレームがつけにくいというのもある。クルマは気に入らなくても返品ができない。なぜ通販にキツイ言い方をするかというと、ちょっと問題ありというところが多いのだ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

個性的でデザイン性の高い車をご紹介

・フィアット・クーペフィアット このクルマは、案外大人が乗ったほうがサマになったりします。40過ぎのディレク夕ー的地位の人が、仕事先に黒いクーペフィアットで乗りつけたら、その場の空気がキュッと引き締ま …

no image

海外の自動車メーカーは絶え間ないメンテナンスを必要とする

輸入車はその文化のおかげで、裏切られたり、不満を持ったりすることもある。その実例はこんな風に現れる。国産車では、消耗品を極力減らし、かつその寿命もなるべく長く、を目標に作られている。そのために、どんな …

no image

車下取り査定を電話でして高い査定が出ても安心しない

実際に車を持ちこんでみると、電話などでいわれた査定よりかなり低い額を言い渡されてしまうケースもある。オーナーとしては、ガッカリしつつも、そうか。仕方ないなぁ。じゃあ、それで売りますなんてことになりがち …

no image

起亜自動車K3の外観が完全に公開された

起亜自動車K3の外観が完全に公開された。起亜自動車は今年の下半期発売する準中型新車K3の外観が国内で初めて消費者の参加によって公開されたと明らかにした。K3は「ダイナミックマスキュレロティー」をコンセ …

no image

新聞記者、ジャーナリストの問題意識の低下

報道の速さでは新聞はテレビ、インターネットに歯が立ちません。それでも、深く掘り下げることでの存在価値は十分にあります。ところが、テレビの後追いに終始している姿が目立ってきました。ここにきて全国の警察署 …