雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車を購入する際の予算はギリギリまで言わないのが鉄則

投稿日:2014年10月31日 更新日:

具体的な話し合いが進んでもギリギリ最後まで予算は出さない、というのが値引き交渉の鉄則だ。目当ての車をなんとか安く買いたい、と思って張りきってディーラーに出かけたとしよう。こんなとき、そうですねえ、○○万円までならといきなりハッキリした金額を出すのは賢くない。

念願の車を前にして話をしている最中、営業マンが、ところで、ご予算はどのくらいですか?と聞いてくることがある。営業マンも慣れたもので、そのご予算でしたら、こちらのほうをおすすめしますよとワンランク下げた、その予算に見合う車を出してくる。これではもう値引きも何もあったものではないのだ。

長時間の商談

商談はどんなに長くても、試乗を含めて2時間程度と考えよう。それ以上長くなるようなら、連絡先を教えるなどしてひとまず引きあげ、じっくり検討してから、後日また出直すのがコツだ。販売店にはときおり商談のやたら長い営業マンがいる。こういう人は概して愛嬌がよくて人当たりがよく、物腰も丁寧で、親切。

でも、こうした長い商談にもちこむ営業マンに捕まってはならない。正確な判断ができず、買ったあとで後悔するなんてこともありうる。あまりに商談が長いと、ついつい情が移り、この人から買ってあげないと悪いかななどと思ってしまうのだ。会話もうまいので、ついつい話が長くなっていくので注意。

車の買取査定を上げる色々なポイント

雑誌の値引き情報

決算期や特別キャンペーンのとき、さらにキャンセル車が出て在庫があるといった特別なケースは別として、現実としては、雑誌の値引き額の8割程度が限度と考えておくといいだろう。車関係の雑誌を見ていると、○○車、装備・付属品を含めて○○万円まで値引き可能などという情報が、たくさん掲載されている。しかし、じっさいの相場よりかなり大きめの値引き金額が掲載されていることが少なくない。

こうした雑誌の値引き情報をうのみにしてはいけない。雑誌の情報に誘わされて、あまりに強引な値引き交渉をすると、販売店の営業マンにあきれられてしまう可能性もあるし、積極的な対応を避けられてしまう場合かある。まずは販売店をいくつかまわり、いろいろな情報を自分で確認し、くらべてみて判断しよう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

HR-Vの評価-シティ感覚のコンパクトなSUV

ホンダのHR-Vは、フィットの前身となるロゴのプラットフォームを使って開発されたシティ感覚のコンパクトなSUV。登場した98年から一度もフルモデルチェンジを受けていないで、数年が経過した。しかもプラッ …

no image

プリウスのエンジンの仕組みを紹介

プリウスは専門的に言えば、このハイブリットはシリーズ型とパラレル型の中間的なものとなる。シリーズ型とはエンジンで発電機を回してモーターで駆動するもの。これだと変速機などの駆動系が必要ナシで、機関車や大 …

no image

ポルシェの格安中古を購入する際に必要な知識

メルセデスやBMW、ジャガーなどの世界的な高級車も、どんどん安くなってる。メルセデスだって100万円、150万円のジャガーも夢じゃない。BMWなんて50万円で買える。また、ポルシェといえば、世界的なス …

no image

車体のサスペンションのバネ

自動車にはどのような動き方があるのかを考えてみましょう。車体はサスのバネによって支えられていますが、この車体のことをバネ上質量(スプラング・マス)とよび、反対にバネの下にある車輪のことをバネ下質量(ア …

no image

プジョー207GTのもう一つの魅力

輸入車業界の新車を見てみると、女性消費者をターゲットにした感覚的なデザインの車種が有毒目に多く触れる。ほんの数年前までの男女誰でも無難に乗ることができるデザインの車が大勢であった場合、これらの日は、自 …