雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

車の中で子供が泣き止まない-こんな時どうすればいいのか?

投稿日:

我が家の2歳児は、揺り籠、走行中のクルマ、チャイルドキャリア、と多少の振動はものともしない。しかしカヌーでのお昼線だけは苦手で、パスしてしまうか、陸に上がって散歩をしてキャリアの中で寝つくかだ。狭いトレイルでさえ娘が赤ちゃんを背負ってずっと先行し、私はお兄ちゃんと後から行って、子ども達が2人とも静かに寝つけるようにする。私が並んで歩ける道路に出ても、息子が興奮して寝つけないので会話はダメ。30分後に待ち合わせて、互いの背中で子どもが眠っているのを確認してから、ようやく夫婦の会話が持てるという具合だ、というある家族。

長距離ドライブ旅行当時、まだ8ヵ月だった娘は、車中で初めてお昼寝しようとして、大いにとまどった。家と勝手が違いすきる、ママの抱っこなし、揺り椅子なし、子守唄なし、そのうえカーテンもなしで明るすぎる。声もかれ不満を表明し続ける娘を見かねて、私達はクルマを停めてあやしたが、チャイルドシートに戻すとまた号泣。何度も繰り返したあげく、息子は言った。このままじゃ、目的地には永遠に着きそうもないね。こうして私達は娘が泣くに任せることにした。かわいそうで聞いていられない。

子どもが疲れすぎているときは

子どもが疲れすぎているときは、泣きたいだけ泣かせても効果がないことがある。そんなときはクルマを停めて一緒に外に出て、散歩したり遊んだり、あるいはレストランに行ったりする。でもこれを乗り越えてから、彼女はだんだん泣かなくなり、寝つきもよくなっていった。親にしても、ヒリヒリしながら走り続けるより、これを機にひと休みするほうが精神的にもよい。

環境が変わると気分も変わるし、緊張がとれてほどよい疲労感が得られる。そしてクルマに戻ると子ども達は抵抗もなく、ものの数分で眠りに落ちる。頭ががっくんと揺れたり、寝苦しそうにコックリコックリやっている。車中では、なんとか寝やすいように頭の向きを変えてみるが、サポートなしの安眠は難しい。移動中だからといって、するべきお昼寝をパスすると、疲れて夜の睡眠にも影響する。ふだん使っている枕を持ってきて、クルマの窓やシートに押しつけ、疲れたとき頭を沈めると楽になる、とある家族。子どもとの長期旅行は大変なようだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山小屋の使い方や地形図の使い方など

・山小屋の使い方 場所によっては素泊まりだけで食事は自分で準備してもいいところもあります。しかし便利だからといって何でも自由にできるわけではありません。テント泊などに比べると、朝晩の食事のことから泊る …

no image

山小屋では消灯後朝食まではサイレントタイム

・山小屋では消灯後朝食まではサイレントタイム 山小屋に到着したら、速やかに受け付けを済ましましょう。その際、部屋の場所、乾燥室や談話室の有無、夕食・朝食の時間、消灯時刻、水やお湯はもらえるのか、また有 …

no image

銀座カラーでの全身脱毛の体験談

ある時、私の嫁が全身脱毛をしたいと言い出しました。嫁が、実際に全身脱毛を体験して、かなりよかったというサロンがあり、そのサロンが、「銀座カラー」で、日本全国に店舗を構える超有名店でした。 嫁が脱毛サロ …

no image

山のぼりで目印のイタズラによる遭難

芦屋市や神戸市の「高座の滝」や「荒地山」(標高五四九m)、「ロックガーデン」などは、都会の近くでありながら本格的な山の雰囲気が味わえることから、山歩きコースとして人気が高い。しかし、四月だけでも二人か …

no image

林での風景写真の撮り方のポイント

スナップ写真は、やや望遠にして撮ると背景が迫ってくる感じで、良い写真になる。重要なのが光の方向。林の中では人の顔に木の枝の影が当たらないように、写される人の立ち位置を調節する。そのときの顔の向きも大切 …