雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車の買取査定を上げる色々なポイント

投稿日:2014年11月4日 更新日:

プロとはいえ人の子だから、ピカピカのほうが気持ちよく仕事ができる。気分がよければ、査定の数字もゆるくなって、高く売れる。だから査定前の洗車は絶対必要です。クルマの査定というのはプロが行なうものですが、建て前では洗車はしても、しなくても同じと言うけれど、洗車したほうが絶対に印象はよくなるものです。

室内にゴチャゴチャと私物を残して行くのもマイナス印象になります。だいいち売る気のない冷やかしと思われる。整理整とんも必ず行いましょう。ガソリンスタンドでやっても、たかだか1000円。それで2~3万円も額が違うと聞けば、やる気になるでしょう。

ほかに交換した部分があれば純正に戻しておくのが基本。もしも元のパーツがなければ、無理して買うことはないです。エアロも傷がなければ、そのままでオッケー。傷だらけなら外して査定。ステッカー類ははがしておくのが得策。ただし、跡が残りそうなときはそのままに。アルミホイールも外すのはけっこうですが、その代わりを用意しなくちゃダメです。これも、相手にやってもらったほうがお得になるはず。

査定のために修理をするのはムダ

査定のために修理をするのはムダです。自分で払う修理費よりも、査定アップのほうが少ない。オーディオやカーナビは、惜しいなら取り外して査定に。どんなに高額だったとしても、ほんの数万円のプラスになればラッキー。無視されることのほうが多い。事故を隠しても、すぐにバレます。相手に嫌われるだけだから、正直に申請をしましょう。ただ、カーステレオがないと、査定額がー万円ほど低くなる。なぜなら、今どきカーステなしは常識外。売るために新しくカーステを入れる費用が引かれるというわけです。

クルマを売るには書類がそろっていないとダメ。逆に書類さえあれば残ったローンも業者が処理してくれる。売る時期は3~4月が最高のタイミング。クルマが売れる季節だから買い取りも高いわけです。必要な書類は、印鑑証明、実印、納税証明書、住民票、車検証の5点。しっかり用意すれば、その場で売ることができます。

見積もってもらった査定額に、返金されるお金が入っているのかどうかを確認しましょう。愛車を下取りに出すときは、自賠責保険と自動車税の残りは前のオーナーに戻されるのが建て前。黙っていると、自動車税をネコババしょうとするところもあるからです。

このあたりのポイントをしっかりとおさえて、車を査定に出すようにしましょう。

あと、以下に車関係の使えるサービスを紹介しておきます。かなりお得なサービスの情報も掲載しておりますので、どうぞご覧になって下さい。

車の買取査定を上げる色々なポイント

車関係の使えるサービス

ネット上には、車関係の使えるサービスがたくさんありますが、その中でもおすすめしたい便利なサービスを紹介したいと思います。

どれも大変使えるサイトばかりですので、是非利用してみて下さい。

廃車ドットコム

廃車ドットコムは、突然の事故などで愛車が廃車となってしまった際に、その廃車になってしまった車を、高価で買い取ってくれるサービスです。

どんなにボコボコニつぶれてしまった車でも、使える部品はたくさん残っていますので、そういった使える部品に値段を付けて買い取ってくれます。

どんな状態でも買い取ってくれますので、まずは無料の査定を受けてみるといいでしょう。



免許合宿ライブ

免許合宿ライブは、どの教習所が人気があるのか、リアルタイムに検索できる画期的なサイト。

教習所の教習料金、もし込み理由など、色々と細かいところまで見ることができ、自分にとって最良の教習所を見つけることができます。



コスモ石油カーリース スマートビークル

スマートビークルは、CMでもお馴染みのカーリースシステムです。

自動車税、車検代など全てコミコミで、月々の定額金を支払うだけで、コスモ石油が全てやってくれ、格安で新車が手に入ります。

定額制なので、乗りたい期間だけお金を支払えばよく、お得に新車に乗れると、大人気のサービス。


ホリデー車検

ホリデー車検は、ホリケン車検でお馴染みの車検サービス。

ホリデー車検は、約30分~1時間で車検が完了し、しかも大変格安で車検を利用することができるので、安く早く車検を済ましたい方は、利用してみるといいでしょう。



事故車買取のタウ

事故車買取のタウは、事故車を買い取ってくれる、買取サービス会社です。普通なら、事故で廃車になってしまうところを、事故車買取のタウでは買い取ってくれます。修理代が100万円を超えるようなひどい事故を起こしてしまった車でも買い取ってくれるので、廃車にする前に、事故車買取のタウに相談してみるといいでしょう。



高額査定のユーポス

ユーポスは、CMでおなじみの車買取サービスです。ユーポスの売りは、圧倒的な知名度と、その買い取り価格にあります。在庫を置かない独自のシステムと、余分なコストをかけない店舗運営のスタイルにより、最大限に高額な査定ができるようになっています。ユーポスの人気の理由はここにあります。

輸入車買取.com

輸入車買取.comは、輸入車の無料査定や買取ををしてくれるサービスです。輸入車買取.comでは、独自の流通網を駆使して、輸入車を高額買取してくれます。その秘密は、カーセンサー・Goo-net・各雑誌媒体などからの集客の力です。各雑誌媒体からの集客により、次に乗って下さるお客様をすぐに見つけて、高価仕切金額を実現させるという、業界では画期的なシステムとなっています。


中古車オークション代行システム

中古車オークション代行システムをご存知でしょうか?

中古車オークションは、業者を介さずに直接車の購入ができる仕組みで、通常は業者間でしか取引はできません。

個人でも中古車オークションを利用

中古車オークションで直接車が買えれば、通常販売店で販売されている車の価格よりも、3分の2~半額くらいの価格で車を購入することができますが、個人では中古車オークションに参加することはできません。

しかし、中古車オークションから、欲しい車を落札してきてくれる代行業者というものが存在していて、そういった代行業者にお願いをすると、個人であっても、とんでもない安い価格で車を手にすることができます。

中古車オークションの利点

もしも自動車販売店で車を購入する場合には、メカニックの整備料や営業マンの中間マージン、広告費、販売店の運営費などの影響で、かなり上乗せがされた価格で販売がされるのですが、中古車オークションの場合には、そういったマージンが一切かからないので、超格安で中古車が買えてしまいます。

物によりますが、高額で販売されている中古屋が、100万円くらい安く手に入ったりします(市場で200万円くらいする、型の新しいアルファードが、100万円くらいで買えてしまったりします)。

中古車オークション代行業者

こういった中古車オークションの代行をしてくれる業者は、日本くるまサポートセンターという業者が代行を行ってくれますが、日本くるまサポートセンターでは、まずメールか電話で問い合わせを行い、「欲しい車両はどれか?」、「色はどうするか?」といった相談を行った後、希望する価格や車種の中古車を速やかに見つけてくれます。

そしてお願いした車両が見つかれば、車両を確保してくれ、仮申し込みをすれば、その車両を日本くるまサポートセンターの専門スタッフが入念にチェックを行い、その後立会いをして、納得したらその車両を本申し込みします。そして、納車の日までに名義変更、ディーラーによる90項目に及ぶ法令点検、特殊危機による車内の洗浄、ボディの特殊コーティングまで、完璧に行い、最終的に保証書や車両品質評価表までしっかり付けて納車してくれます。

ここまでのアフターサービスをしてくれて、しかも通常の販売店の3分の2~半額の価格で中古車が買えるのですから、利用し泣いてはないと思います。

もしも、日本くるまサポートセンターで中古車を購入してみたいと思った方は、日本くるまサポートセンターの販売サイトに移動して、超格安の中古車を手に入れましょう!

自動車保険は一括見積もりをすると便利

自動車保険は一括見積もりをすると便利です。

自動車保険は、保険会社などの販売店で販売されていますし、自動車を買ったときに、自動的にどこかの保険会社に加入している場合が多いと思います。

多くの方が、どの自動車保険が安いのかといった意識を持たないまま、すすめられた自動車保険に加入していることが多いようですが、保険会社によって、月々の保険料はまちまちです。

ディーラーや中古車販売店などといった、代理店経由での自動車保険加入に比べて、インターネットのネット保険に加入しなおすことで、大幅に保険料が安くなる場合があります。

私自身も、昔は、中古車販売店の、代理店経由での自動車保険に加入していたのですが、あるときネット保険の一括見積もりをしたときに、今の自動車保険の保険料よりも、月々の支払いが安くなることが分かり、自動車保険を変えました。

20社近くの自動車保険会社の保険料金を一括で見積もり

自動車保険の一括見積もりでは、20社近くの自動車保険会社の保険料金を一括で見積もりをすることができ、しかも無料ですので、気軽に見積もりができます。

こちらの広告から、無料一括見積もりができます。



保険スクエアbangでは、最大で20社の自動車保険会社の中から、その人に合う自動車保険を見つけてくれますし私自身も、この保険スクエアbangで一括見積もりをして、自分に合った自動車保険を見つけました。

自動車保険の契約期間は1年ですので、毎年契約の更新期限が訪れます。

もしも今の自動車保険の保険料が高いと思われているのでしたら、無料で一括見積もりができますので、試しに1度見積もりをしてみるといいと思います。

自動車保険は、乗換えをしても等級は引き継がれますし、私が見積もりをした時には、年間で2万円くらい安くなる自動車保険会社を見つけることができましたので、かなりおすすめです!

もしかしたら、今の保険料よりも安い保険料の自動車保険会社が見つかるかもしれませんよ。

自動車買取で23万円も差が出る査定

皆さんは、自分の愛車を売る際、買取相場を調べてから売りに出しますか?

恐らく多くの方が、車を買い替える際に、下取りに出すか、中古車買い取りセンターに売りに行って、その場で売ることを決めてしまうのではないでしょうか?

自動車買取相場を知る

しかし、自動車の買い取り相場というのは、売りに出す店によって価格に差があり、私が実際に車を売りに出した時には、買い取り価格に23万円もの差が出たことがありました。

今はインターネットの普及で、全国の自動車買取店の買い取り相場を一括で調べられるような便利なサイトがあるので、そういった買取価格を一括で調べられるサイトで、自分の愛車の買い取り価格を調べたら、一番高い店と、一番安い店で、何と23万円もの買い取り価格の差があることが分かったのです。

このサイトのおかげで、一番買い取り価格の高い店に買取をお願いすることができて、予想していたよりも、かなりの高値で買い取ってもらうことができました。

車販売店での買取

よく、車販売店などで新車や中古車を買う時などに、今まで乗っていた下取り出せないような古い車を、3万円くらいで買い取ってくれることがありますが、あれは、3万円で買い取ってくれていますが、下取りをする際には、新車の割引をしないというだけで、トータルでは得はしていないようなのです(これは本当かは分かりませんが、業界ではけっこう有名な話で、割引額を減らして、買取額分に回しているそうです)。

ですから、車販売店などで新車や中古車を買う際には、車販売店に下取りに出す前に、車買取の一括査定で、高く買い取ってもらえる店がないか調べて売りに出したほうが得をするのではないかと思います。

私なら、車販売店で下取りをお願いする前に、ネットの一括査定で一度調べてから、どちらが得なのかを調べると思いますし、恐らく一括見積もり査定で一番高い買取額の店を見つけたほうが、最終的に得をすると思います。

中古車買取店では、今買い取っておきたい車というのがあり、中古車買取店が、今欲しがっている車であれば、高く買い取ってくれる可能性が高くなりますので、そういった店を見つけられれば、間違いなく市場の買取価格よりも高く買い取ってくれるはずです。

もし、車買取の一括査定をしてみたい方は、無料で5分もあれば見積もりができる、カーセンサーNET↓



で見積もりをすると、多数の買取店の買い取り額を比較見積もりしてくれますので、一番高く買い取ってくれる店が見つかるはずです。

見積もりを行う際には、車検証を手元に用意しておくとスムーズに買い取り額を算出してもらうことができますので、車検証を手元に用意してから、見積もりをするようにするといいでしょう。

色々便利なサービスがありましたが、使えそうなサービスはありましたか?

以上で終了します。

 

 

 

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ポルシェの格安中古を購入する際に必要な知識

メルセデスやBMW、ジャガーなどの世界的な高級車も、どんどん安くなってる。メルセデスだって100万円、150万円のジャガーも夢じゃない。BMWなんて50万円で買える。また、ポルシェといえば、世界的なス …

no image

サスペンションを交換して新品の乗り心地を取り戻そう

中古車を買った人の中には新車の乗り心地を知らないので、思ったより乗り心地が悪いなと納得してしまうことだってあるが、ちょっとした路面の凹凸でも気になってしまう、中古で買ったクルマの乗り心地が悪い、なんて …

no image

車の風切り音の原因は何?

静かなテスト・コースを高速で次々と走りぬける車の風切り音を聞き、またそれらの車の姿勢をよく観察してみると、空気抵抗と揚力(空気力が車体を持ち上げる方向の力)を低減した最近の車は以前の車に比べると外で聞 …

no image

ミニカントリーマンが強力な心臓をつけた

ミニカントリーマン(MINI Countryman)が強力な心臓をつけた。BMWの小型車ブランドミニ(MINI)は、ミニSUVカントリーマンディーゼルモデルを発売。ミニカントリーマンディーゼルは、登場 …

no image

日本の自動車が個性がないのは消費者のニーズが原因

このクルマは人気車だから、下取りもお得ですよというセールストークは、今なお強い威力を持っている。また、汚れているとみっともないと思ってしまう人が多い。買って損をしないクルマ、乗っていて恥ずかしくないク …