雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車にカーナビ付ならお買い得だとは限らない

投稿日:2014年11月1日 更新日:

カーナビは日進月歩で性能が進歩していて、数年前のものだと機能もかなり落ちてしまうのだ。
おまけに、どんどん新しい道路ができるので、古いものだと、現在の道路地図とかけ離れていたりもする。いまや車の装備として当たり前になりつつあるカーナビだが、新品で買うと20万円前後もする。かなりの出費だ。

だからこそ中古車でカーナビつきを見つけると、ずいぶんトクした気分になるのだが、トクかどうかは、そのカーナビの内容を確認してからでないとわからない。すべてのソフトとリモコン、取扱説明書がそろっているかどうかも大切だ。もしどれかひとつでも欠けているようなら、取り寄せてもらえるかどうか、販売店の店員に確認しよう。

土足禁止車両

フロアマットにも注目してみよう。どういうわけか、このフロアマットが汚いという車が多い。車の状態をチェックするうえで、つい見落としがちなのが足元。汚いぐらいならまだいいほうで、ポロボロに破けていたり、ひどい場合、何枚か紛失していることもあるから要注意だ。

じっくりと見てみて、毛の表面にクツ底でこすれたような跡が皆無だったり、乾いたドロの付着が極端に少なかったら、その車はアタリだ。ほとんどの店が、商品が汚れないように紙製のマットを敷いているが、これはめくっても大丈夫。もちろん全席確認すること。前の持ち主が土足禁止にしていた可能性がある。こうした車は気分がいいばかりでなく、丁寧に乗られていたともいえるので、ねらい目なのだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

シートの形状を好みに替える

中古で購入する場合、希望のシートの形状でないなら、これのキャプテンシートはないの?と聞いてみればいい。ミニバンやワンボックスカーなどの場合、シートの形状はー種類だけではないものが多い。

たとえば2列目以降がベンチ状になっている、べンチシートや、各シートがひとりがけになるよう分割されているキャプテンシートのものといった具合で、おなじ車種でもどちらにするかをオプションで選べるようになっている。その場になくても、探してもらえるかもしれない。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車体のサスペンションのバネ

自動車にはどのような動き方があるのかを考えてみましょう。車体はサスのバネによって支えられていますが、この車体のことをバネ上質量(スプラング・マス)とよび、反対にバネの下にある車輪のことをバネ下質量(ア …

no image

純正品でないホイールはバランスの調整をしよう

じつは、タイヤは地面に対してまっすぐについているのではなく、決まった方向に微妙に角度がつけられている。ホイールの中心がずれてしまったためにホイールバランスが崩れてしまうこともある。 これがアライメント …

no image

ミニバンの安全性に対する危惧

私がミニバンで危惧しているのが安全性です。最近、親が運転していて、自宅の駐車場周辺で幼い子どもをひいて死傷させる事故が少なくありません。目立つのはミニバンや大型のSUVです。やはり死角の大きいことは無 …

no image

赤ちゃんができた時の車選びは慎重に

クルマ雑誌ではセカンドシートも子どもを乗せるなら充分なサイズなんて書いてるけど、想像だけで語るのは・・。たしかに、近くのスーパーまでお買い物って程度の時間なら、後ろのシートで我慢できるかもしれない。だ …

no image

トヨタプラッツの評価-もう1つのトヨタ商法が見え隠れ

トヨタプラッツは、もう1つのトヨタ商法が見え隠れすると専門家が指摘している4ドアセダン。全長は4180mmで、国産車では最小サイズクラスのセダンとなる。ベースとなったヴィッツは99年に登場した、01年 …