雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車の維持費の年間にかかる金額はいくら?

投稿日:2014年11月2日 更新日:

同じ価格の中古車の場合、新しめの小型車と古い高級車なら、どっちが得か?排気量が違うと、税金や保険で、なんと2倍以上の差が出る。同じ価格のクルマでも維持費は違う。排気量の大きいほうがお得でしょ、なんて答えは0点。

その費用を忘れてクルマを買うと、あとで後悔することになる。クルマは排気量が大きいほど維持費がかかる。同じ値段でも、大きさによって、どれだけ維持費が変わるかを一例をあげて紹介しよう。

どれだけ維持費が変わるのか

15年式ワゴンR50万円を、20歳の男性が購入した場合。ー年目にかかる費用ガソリン代、リッター15mの燃費でー万キロ走行で6万円。任意保険は約16万円。車検と名義変更、税金に約10万円。
オイル交換代が2万円ほど。車両代に50万円。

2年目にかかる費用は、オイル交換代が2万円。ガソリン代が6万円。自動車税が7200円。24カ月点検が2万5000円。任意保険料が16万円。合計110万円ほど。

車の買取査定を上げる色々なポイント

8年式シーマ50万円を、20歳の男性が購入した場合。車検を取って、名義を変えて、税金を支払うのに約25万円。任意保険は約30万円。ガソリン代リッター4キロの燃費で年間20~30万円。オイル交換代が3万円ほど。購入時にかかる費用クルマ代が50万円となる。

2年目にかかる費用では、24カ月点検が2万5000円。任意保険が30万円、自動車税5万1000円。ガソリン代が20~30万5000円。オイル交換代が3万円ほど。合計200万円くらい。ただし、これはイレギュラーな故障や細かい消耗品、駐車場料金は入ってない。

車両代をさっぴいた純粋な維持費は、ワゴンR60万円シーマ145万円。

任意保険料、税金、ガソリン代の3つが、差を生む原因だ。売ってる値段は同じなのに、その差は2倍以上。

排気量別に必要な維持費のおおざっぱな目安は、軽自動車を10としたとき、3000mクラスで26、2000mクラスで23、1500mクラスで20、1000mクラスで18となる。乗り方によって厳密な額は変わっちゃうけど、これくらいかかるという覚悟は必要だ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ダイハツマックスの評価-ターボモデルもラインナップしているが

ダイハツマックスは、全体的にスポーティな雰囲気で、ターボモデルもラインナップしている。ダイハツではその後02月に新たにプラットフォームを設計し直した現行ムーヴを発売、新規格の2世代目としては最初のモデ …

no image

HR-Vの評価-シティ感覚のコンパクトなSUV

ホンダのHR-Vは、フィットの前身となるロゴのプラットフォームを使って開発されたシティ感覚のコンパクトなSUV。登場した98年から一度もフルモデルチェンジを受けていないで、数年が経過した。しかもプラッ …

no image

スズキアルトの評価-軽自動車の販売ナンバーワンを争っていた

今でも堅実な需要に支えられている、ワゴンRやムーヴといったハイルーフモデルが売れ筋になる前、ミラと並んで軽自動車の販売ナンバーワンを争っていたのがアルト。 運転のしやすさと価格の安さに特化され、質感の …

no image

スズキジムニーの評価-走破力、走行性能の高いオフロードSUV

スズキジムニーの評価-走破力、走行性能の高いオフロードSUV。 ジムニーは走破力、走行性能の高い軽だが、居住性は低く、リアシートにいたっては、補助席のようなものである。 明確な割り切りをしたことが、ジ …

no image

スパシオの評価-視界や取りまわしはいいが2、3列目シートは良くない

トヨタスパシオは、視界や取りまわしはいいが、2、3列目シートは良くない。スパシオの全長はセダンよりも100mmほど短い。さらにサイドウインドーの下端を後方へキックアップさせながら、その位置を低く抑える …