雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車の保証内容は店によって大きく異なるので注意

投稿日:2014年11月1日 更新日:

保証は、良心的な店ならタグでつけてくれるが、手数料を取る店が大半だ。中古車の場合、購入後の保証内容やその料金は、店によってかなりちがうので、あらかじめさまざまな店で調べておき、保証書のコピーなどをもらって比較したあとで、購入店を選ぶようにしたい。

さらに、内容も店によって異なるので、くらべてみよう。その価格は車種によって細かくわかれており、最大で7万~9万円もの保証料を取る店もある。しかも、この料金は、いっさい保証修理を行なわなくても返金されない。

保証期間の長さや制限距離のあるなし、エンジンやミッション、クラッチも保証の範囲にふくまれているかどうか、社外装備も保証してくれるのかどうかなどがチェック項目だ。

レン夕カーを見分ける

レンタカーは、不特定多数の人が乗っていたということで、やはりなんとなく買いたくない気持ちにもなるだろう。レンタカーは、いい店なら日ごろからよく洗車されていたり手入れも行き届いているので、割ときれいなまま中古車店に引き取られる。

たとえワンオーナーでも荒い運転をしていたり、手入れをほとんどしていない場合だってあるだろうから、そういう車とくらべると、けっして悪くないともいえる。新車ならば、最初の車検は、ふつう3年はついているところだが、レンタカーはわずかー年。だから、新しいのに車検までの残りが少ない車は、レンタカーだと思っておけばいい。レンタカーかそうでないかを見分けるには、車検日を見ればすぐに分かるのだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

輸入車の初度登録年

輸入車の場合、表示されている初度登録や年式にまちがいがないのかを、念のために販売店に確認してもらったほうが無難である。車検証には初度登録年月が表示されており、それを見れば、その車がどの年月にはじめてナンバープレートを取得したかがわかる。しかし、気をつけたいのは、輸入車の場合、初度登録年月が車検証のそれとはちがているケースがある点だ。

初度登録年月を見たら2年しかたっていないはずなのに、じっさいには海外でその前に3年ほど乗った中古車だったなんてケースがありうるのだ。輸入車は、国内の初年度登録以前に海外で登録使用されていることがある。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

グランディスの評価-ワンモーションフォルムで取りまわし性を悪化

機能とデザインの関係をはき違えているとしか思えないという意見もある、グランディス。情緒的なデザインでも高い機能性が備わっていれば良いが、グランディスでは諦めた部分がいくつかある。ひとつはスライドドア。 …

no image

自動車のブレーキテストでの評価

ブレーキの評価は、踏力と効き、耐フェード性、車の方向性の三つがポイントです。ブレーキの評価は追突事故を絶対におこさないように、後方の車には十分注意して行う必要があります。フェード・テストにしても、加速 …

no image

海外の自動車メーカーは絶え間ないメンテナンスを必要とする

輸入車はその文化のおかげで、裏切られたり、不満を持ったりすることもある。その実例はこんな風に現れる。国産車では、消耗品を極力減らし、かつその寿命もなるべく長く、を目標に作られている。そのために、どんな …

no image

オリジナルボックスカーキューブの販売を開始

日産は発売以前から国内消費者に大きな人気を得ているオリジナルボックスカーキューブの販売を開始すると明らかにした。インテリア·外デザインとパワートレインを全面的に改善した第3世代のキューブは、最高出力1 …

no image

エンジンの変速ショックなどの自己診断

エンジンの代表的性能の目やすとなるカタログ馬力について見ますと、一九七〇年代までに書かれていた動力性能の値は、各社各様の考え方で書かれていて、各社間での横並びの比較はできませんでしたが、エンジンを車体 …