雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車のヘッドライトを何度も消したり点けたりすると故障する

投稿日:2014年11月6日 更新日:

トランスミッションやパワーステアリングのトラブルは直すのにけっこう値が張るだけに、懐のためにも壊さないような運転が大切だ。また、車のトラブルでは、ヘッドライトの故障などもあるが、日本人がやりがちなのは、やはり停車のたびにへッドライトを消すこと。

この習慣は、発電機もバッテリーも弱かった時代の産物だろうが、現代では輸入車も含めて、そんなにヤワな電装のクルマはない。これを繰り返すと、直接配線されているタイプではスイッチの接点そのものが、リレー式ではリレーの接点が焼けてしまう。電球に内蔵されたフィラメントも、点滅するほど寿命が短くなる。電気回路はスイッチオンの瞬間、大きな突入電流が流れる。パチパチ頻繁に点滅するトイレの電球は、つけっ放しの常夜灯より早く切れるだろう。あれと同じだ。

長時間止まるならともかく、短時間に点滅を繰り返すくらいなら、つけっ放しの方がトラブルの可能性は減る。これは国産車も同じだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

据え切りのクセをやめる

あと、注意したいのは、据え切りだ。クルマのステアリング機構は、タイヤが少しでも回転している時に操作することを前提に作られている。道路が狭く、混雑した日本ではいたしかたない面もあるが、ステアリングを切るとタイヤの接地面が変化し、路面をこじるような形になる。

止まったままの据え切りでは、こじったストレスがステアリングの作動機構に伝わり、各部のゴムブッシュが疲れやすくなるほか、パワーステアリングへも過大な仕事を強要することになってしまうのだ。タイヤが回転していれば、それによってストレスは逃がされるのだが。

ステアリングを切ったままで止めるのはもっと悪い。操作力を補助する油圧が、片側にかかったままになってしまう。これらの操作を繰り返すと、オイルポンプやギアボックスから油漏れしてしまったり、だんだん直進性が悪くなったりしてしまう。できるだけ注意して、これらの部位への負担を極力減らすようにしよう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車のマルチビジョンが動くかどうか必ずチェックする

マルチビジョンのついている車を見つけたら、絶対に動かしてみること。動かなかったり、画面に気泡などが見つかったら、新品に取り替えてもらおう。マルチビジョンで動かしているものすべてが操作不能となる。 高級 …

no image

道路の整備は都市生活者のエゴではありません

道路の整備は都市生活者のエゴではありません。問題になるのが財源です。まして膨大な債務を抱えた道路公団です。魔法の杖でもなければ解決できそうにありません。これまでと同じく、通行料金の値上げを繰り返しなが …

no image

車を愛する女性に買ってあげよう

子育てに忙しい奥様のために専用車を買ってあげよう。ちょっと贅沢をしたほうがいいと小型の輸入車を勧める。べつに新車である必要はないけれど、後々のトラブルなどを考えると、ボロやヴィータといったドイツ車の中 …

no image

車庫証明の必要書類や自分で取得する方法

自分でやれば、そのぶん浮くのだ。警察署に申請書を出すだけ。車庫証明は、店に頼むと手数料込みでー万円以上かかる。でも、手続きはカンタン。車庫証明を申請する書類には駐車場の位置と、クルマの名称・型式・車台 …

no image

超悪徳中古車業者に注意-うまい話は疑ってかかるのこと

超悪徳業者は、激安プライスのでっかい広告を出すというのが共通点。あんまりうますぎるのは疑ってかかるのが正しい。バカにならないほど高い広告料を払ってて、それを客から回収してるってことだから。車両が100 …