雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車は最高グレードが必ずいいとは限らない理由

投稿日:2014年10月30日 更新日:

選ぶときは、もうすこし下でもいいかな、と思える程度の2番手にしておくのも手だ。最高級グレードなら、飛び抜けたものになるので満足感はあるが、中古車ショップでは2~3番手がいちばんよく売れるから、下取り価格も、それほど大きくは変わらない。おなじ車種の中でもグレードの高い車という表現が、よく使われる。どの程度の装備をつけたかによって、何種類、いや売れ筋の車種なら何十種類ものグレードがあるのだ。

お金に余裕のある人にはいいが、経済性という面からは2~3番手のものを選ぶほうがいい。
まず、装備に手間がかかるから、最高級グレードは発注から納車まで時間がかかるが、2~3番手だとかなり早い場合が多い。こうなるとユーザーとしては、どの程度のグレードのものを選べばいいのかわからなくなる。

運転する可能性のある人は

体格のちがいはもちろんのこと、座り方のくせもあって、人によって好みはさまざま。このチェックをおこたると、せっかく車を買ったのに、ご主人は運転できても、奥さんは運転しづらくて乗らなくなったなんてケースもありうるのだ。

運転者にとって、シートのポジションがあうことは大切なこと。ほとんど自分ひとりが運転する車ならそれで問題ないが、日常的に運転する家族がいるなら、その全員がじっさいに座ってみてチェックする必要がある。忘れてはならないのが、自分ひとりがマッチすればいいというものではないことだ。あわない人はとことんあわないものなのである。

車の買取査定を上げる色々なポイント

座席の乗り心地を確認

試乗の際には、子供もふくめた家族全員で行なうのがべストだ。うしろに座って足が伸ばせるか、脱が置けるか、定員まで人が乗った場合の余裕はどうかなど、乗る人の立場に立って細かい点までしっかりチェックしよう。

運転する人が運転席の座り心地をしっかりチェックする必要があるが、その他に忘れてはならないのが後部座席の座り心地である。とくにファミリーカーの場合、いくら運転手が気持ちよく座っていても、家族の乗り心地が悪いようでは、楽しいドライブもすべて台なしだからだ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

アルテッツァはボディサイズと6速MTが魅力

アルテッツァに3シリーズのようなプレミアムカーとしての、上質なフィーリングがあるかといえば、ノーだ。率直に言って、アルテッツァはあらゆる意味で質感が低い。アルテッツァとBMW3シリーズを比べると、動力 …

no image

プリウスはモーターとエンジンを併用して走るハイブリッドカー

プリウスはモーターとエンジンを併用して走るハイブリッドカーで、現時点で世界一の省エネ、低公害の自動車です。自分で積極的に選ぶ甲斐のあるクルマ、多少なりとも乗っていて誇りの持てそうなモデル、言い換えると …

no image

改造車の中古車を買う際に知っておきたい注意点

ここでは買って得するよい改造車と、買ったら後悔する悪い改造車の見分け方を、改造場所ごとに解説しょう。昔は、改造車なんて絶対ダメというのが常識だった。でも最近は、そんなのへン。好みの改造なら、自分でやら …

no image

空気抵抗CD値っていったい何なの?

CD値の微妙な差に惑わされないこと。これが少ないほど抵抗を受けにくいからスピードを出しやすくなり、最高速度があがる。車の宣伝広告に使われる言葉に、CD値がある。これは空気抵抗値のことで、スピードをあげ …

no image

RAV4などのカンガルーバンパーはイマイチ

初代RAV4は、CMの効果なども手伝って、スタイリッシュなデザインが好評でで大ヒットした。昔、木村拓哉さんが出演するテレビCMが話題になっていました。取り回し性に優れていて、街の乗りにも適した、オール …