雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車は最高グレードが必ずいいとは限らない理由

投稿日:2014年10月30日 更新日:

選ぶときは、もうすこし下でもいいかな、と思える程度の2番手にしておくのも手だ。最高級グレードなら、飛び抜けたものになるので満足感はあるが、中古車ショップでは2~3番手がいちばんよく売れるから、下取り価格も、それほど大きくは変わらない。おなじ車種の中でもグレードの高い車という表現が、よく使われる。どの程度の装備をつけたかによって、何種類、いや売れ筋の車種なら何十種類ものグレードがあるのだ。

お金に余裕のある人にはいいが、経済性という面からは2~3番手のものを選ぶほうがいい。
まず、装備に手間がかかるから、最高級グレードは発注から納車まで時間がかかるが、2~3番手だとかなり早い場合が多い。こうなるとユーザーとしては、どの程度のグレードのものを選べばいいのかわからなくなる。

運転する可能性のある人は

体格のちがいはもちろんのこと、座り方のくせもあって、人によって好みはさまざま。このチェックをおこたると、せっかく車を買ったのに、ご主人は運転できても、奥さんは運転しづらくて乗らなくなったなんてケースもありうるのだ。

運転者にとって、シートのポジションがあうことは大切なこと。ほとんど自分ひとりが運転する車ならそれで問題ないが、日常的に運転する家族がいるなら、その全員がじっさいに座ってみてチェックする必要がある。忘れてはならないのが、自分ひとりがマッチすればいいというものではないことだ。あわない人はとことんあわないものなのである。

車の買取査定を上げる色々なポイント

座席の乗り心地を確認

試乗の際には、子供もふくめた家族全員で行なうのがべストだ。うしろに座って足が伸ばせるか、脱が置けるか、定員まで人が乗った場合の余裕はどうかなど、乗る人の立場に立って細かい点までしっかりチェックしよう。

運転する人が運転席の座り心地をしっかりチェックする必要があるが、その他に忘れてはならないのが後部座席の座り心地である。とくにファミリーカーの場合、いくら運転手が気持ちよく座っていても、家族の乗り心地が悪いようでは、楽しいドライブもすべて台なしだからだ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

中古車のローン金利を安くする具体的な方法

販売店のオートローンなんだけど、今どき8%はないだろうって言ったら、すんなり6%まで下がった。何が基準なんだろうなんて悩む人も多い。100万円借りて、36回均等払いの場合なら、たとえば3%違えば、支払 …

no image

高回転エンジン車をありがたがる日本の傾向

ヴィッツの姉妹車としてワゴンのファンカーゴ、bB、イスト、3ボックスセダンのプラッツなどがありますが、どれも出来のいいクルマですが、なかでもイストは高い点数が付けられます。乗り味にこだわる人は、ヴィッ …

no image

レガシィツーリングワゴンの評価-ダイナミックな加速を実現

スバルレガシィツーリングワゴンは、ステーションワゴンの主力車種だが、今では走行性能に優れたクルマの代表とされている。ターボモデルはチタン製タービンの採用でハイチューンエンジンながらも実用トルクを十分に …

no image

燃料電池開発企業はダイムラーベンツも積極的

CO2を排出する動力源というヨーロッパのデータによると、多い順に電気、天然ガス、ガソリン、ディーゼルとなっている。燃焼効率がいいディーゼルは、ガソリンが16~17%のところ、30%もエネルギーに変換で …

no image

サンルーフのウィンドスロッブなどの音について

一般に前部のドアより整流された空気が流れる後部のドアの窓を開けたときのほうが音は大きくたいへん不快です。これは、高価な車でもそうでない車でもまさに平等に出る現象です。サン・ルーフを開けたときにも同じ原 …