雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車のエンブレムを確認しなければ分からない日本車

投稿日:2015年4月29日 更新日:

日本のクルマは、エンブレムを確認しなければ、どのメーカーのものかわからないようなクルマも少なくありません。中身を見ても、同じメカニズムのサスペンションを持ち、似たような作りのシートを装着し、エンジンの出力もトルクにも、さしたる差はありません。ユーザーもクルマの細部にだけ関心を持つようになり、さほどクルマに興味のない人は、最後は、現在乗っているクルマの下取り価格や値引き、用品の無料提供などで購入車を決めることになります。

違いと言えば微々たるもので、メーカーは、サプライヤーから提供を受けているものまで自社製品の大きな特長ででもあるかのように宣伝します。そのクルマを選んだ積極的な理由が見つからないからで、ほかのクルマでも良かったけれど、条件が良かった、有利だったからこのクルマにしたという意識が残るだけのことです。このようなクルマに乗っていて、喜びや誇りのようなものを感じることは、おそらくできないでしょう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

中国ではコピー商品が花盛り

クルマに限らず、中国ではコピー商品が花盛りです。クルマではトヨタやホンダが、自社のクルマとそっくりなクルマを中国で造られ、対応に苦慮しています。何しろ、中国では政府のトップ自ら、発展途上国にはよくあることだと、コピー商品を意に介さない発言をしているほどです。韓国や最近の中国の自動車業界を見ていると、これは日本だけの傾向ではなく、アジア人に共通のことかもしれないとも思います。比較検討すれば日本車の出来の良さは明らかですが、コピー車ははるかに安く、中国のユーザーにとっては魅力的です。

ただし、日本人も、この発言にはうなずかざるを得ないのが本当のところで、戦後、日本の自動車業界は欧米のクルマを研究し、学び、あるところは真似をして成長してきました。欧米から猿真似と罵られていたのもそれほど遠い昔ではありません。現在は、ときどき、欧米車によく似たデザインのクルマがデビューしますが、クレームを付けられるほどひどい例はありません。その代わり、よく似た日本車どうしは少なくありません。これが日本車のつまらないところです。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

自動車の安全技術の開発

多くの事故が、ハンドルにしろブレーキにしろ性能上のマージン余裕・ゆとりがゼロになった次の瞬間におきるわけですから、マージンはそのためには、車をゆっくり走らせるか、性能をなるべく高くしておくかのどちらか …

no image

車のCPを上げるには

車をキビキビと走らせたいときは前輪のCPを上げ、安定性を増したいときには後輪のCPを上げることになりますが、それを確実に行うには前後輪で違ったサイズのタイヤを装着することです。これはスポーツ・カーやト …

no image

車はオーナーが変わるといきなり壊れることがある

展示場で慎重に吟味し、試乗もして、万全を期して購入したクルマでも、扱い方が変わればトラブルの出る可能性はある。それを知っておかないと、買ってすぐのトラブルでガッカリするばかりか、購入した店への信頼感も …

no image

AMGがザ·ニューSLSロードスターを発売

AMGメルセデスベンツは、スーパースポーツカー「ザ·ニューSLSロードスター(The new SLS AMG Roadster)」を発売した。ザ·ニュー·SLSロードスターは昨年フランクフルトモーター …

no image

ホンダザッツの評価-発売直後から売れ行きが低迷

ホンダザッツは、発売直後から売れ行きが低迷し、生産コストの回収ができていないため、しばらく販売を続けていた。コストの帳尻合わせのために造っていたようだ。 ライフがフルモデルチェンジされて新型に切り替わ …