雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車のディーラーの日曜営業日の来客状況を観察しよう

投稿日:2014年10月30日 更新日:

土・日・祝日は販売店のかきいれどきで、なかでも日曜日はいちばん活気があって当然の日。その販売店がいい店かどうかは、日曜日の来客状況を見ればある程度わかる。日曜日に販売店に出かけて、店内の様子などを観察してみよう。

せっかく下見に出かけても、営業マンが次から次へとやってくる客の対応に追われて、なかなか接客してもらえないなんて状況もありうるぐらいだ。客としては、放っておかれるのは不本意だが、これぐらい活気がある店のほうが安心。もちろん客が多かろうが、どんなに忙しかろうが、一人ひとりの客に誠意をもって親切に対応する営業マンであることも大切。それにくらべ、日曜日なのに閑散としているような店は、あまりよくない店だと思っていいだろう。

車両がよく入れ替わる店を選ぶ

展示車両の入れ替えにはかなりの時間と労力を必要とするので、できればあまり何度もしたくない、というのがホンネ。その店がやる気のある店かどうか、判断するひとつの基準となるのが、展示車両の入れ替えだ。

しかし、なにせ相手は車。ちょっと持って運ぶというわけにもいかないし、角度をキレイにそろえて並べるにも、かなりの技術がいる。モデルチェンジしたての車や売れ筋の車ならば、とくに目立つ場所に展示しておきたいものだし、フェアのたびにディスプレイも新しくしたい。逆にいうと、その労力を惜しみなく使っている店こそが、本気で売りたいと思っている店だということ。

日ごろから気をつけて見ておいて、展示車両の配置が頻繁に変わっているかどうかをチェックしておくと、やる気のある店とそうでない店がわかってくる。

車の買取査定を上げる色々なポイント

試乗を勧める店

どんどん試乗をすすめる店は商売熱心で信用できる店。こうした店なら、客を大切にし、アフターフォローもしつかり行なってくれる。販売店で試乗を申し出ても渋い顔をするようなら、その店から車を買うのはやめたほうがいい。せっかく店へ足を運んでくれた客なのだから、今回はたとえ冷やかしであろうと、今後につなげようという気持ちがあらわれていて、熱心さが伝わってくる。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

中古車オークションで3分の2~半額で車を買う具体的な方法

普通中古車を購入する場合、中古車販売店で中古車を購入されると思いますが、実は中古車販売店よりも安い価格で中古車を購入できる方法があります。 それは、中古車オークションで中古車を買うという方法で、中古車 …

no image

ホンダエリシオン-Lサイズのボディのわりにとり回しがきく

ホンダのミニバン、エリシオンは、Lサイズのボディのわりに、とり回しがけっこうよく、偏りの少ない、バランス感覚にも優れた機能を備えている。ハイルーフミニバンながらも、走行性能に配慮した点がホンダらしい一 …

no image

車外音の漏れなどの評価

車外音の評価をするときは暖気音の音源であるアイドリング時のエンジン・メカ音、吸気音、排気音をチェックし、それらの音がアクセル全開加速ではどうなるか聞いてみたり、自宅に帰ってきたときを想定してのファン音 …

no image

車の諸経費を知っておく-店頭表示価格では買えない

クルマは不思議な売り物で、展示されるのは車両本体だけの価格。80万円と表示された車を買ったのに、結局払ったのは103万円以上。表示されるだけでは買えない。諸経費が最初にわからないから、すっかり予算オー …

no image

良い車のディーラー営業マンを見抜く必見のコツ

ろくに相談もせずに、請け合ってしまう営業マンは危険。あとで、やっぱり無理でした、なんて泣きついてくる可能性がおおいにあるので注意しよう。日商談中、しょっちゅう席を離れて所長室へいく営業マンや、お客の家 …