雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

良い車のディーラー営業マンを見抜く必見のコツ

投稿日:2014年10月30日 更新日:

ろくに相談もせずに、請け合ってしまう営業マンは危険。あとで、やっぱり無理でした、なんて泣きついてくる可能性がおおいにあるので注意しよう。日商談中、しょっちゅう席を離れて所長室へいく営業マンや、お客の家で商談中、携帯電話でことあるごとに連絡をとる営業マンがいる。自分で何も決められないのか。頼りがいないななどと感じる人もいることだろう。

でも、これを頼りないと考えるのは大きなまちがいなのだ。ちょっとした値引きやサービスについても、上司の了解を得なければならないのである。車のような高額な商品の場合、営業マンが個人の裁量でできることはさほど多くない。

VIPになる

この人ならという営業マンと巡りあったら、自分の買い替え時はもちろん、家族や知人が買うときにもどんどん宣伝しよう。営業マンにとってお客様の信頼とクチコミは何よりも大事なもの。一度信頼関係ができてしまえば、あとはひとりの客がどんどんいろんな人を紹介してくれるので、だまっていても成績はトップクラスだ。

そこで、あなたがこのVIPになってしまえばいいのだ。もしかしたら、営業マンしか知らないようなかなり詳しい情報をくれたりするかもしれない。だからそんなうれしいお客様は、ほとんどVIP扱いされる。

車の買取査定を上げる色々なポイント

避けたい営業マン

もし、担当の営業マンから熱心さを感じられないようなら、その相手から車を買うのはやめよう。中には、どうせもうすぐ辞めるんだからと考えている営業マンもいる。車の販売業界は、思ったよりも人の出入りが激しくて、ついこのあいだまで働いていた営業マンが、次にいってみると辞めてしまっていたなんてこともある。

買うだけなら誰でもいっしよなどと考えたら大まちがい。こういう営業マンは、仕事への熱意はないし、客に対する態度もいまひとつおざなりということになる。アフターフォローがいまいちだったり、いつの間にやら辞めていたりしかねない。

調子いいことばかり言う

たしかにいい車であろうと、なにもかも完璧なんてことはありえない。安ければ安いだけの理由があるだろうし、グレードが高ければそのぶん価格も高い。どれもこれもすべていいなんておかしな話。こういう営業マンは調子がいいだけと考えて、避けたほうがいい。

新車にせよ中古車にせよ、車を買うときに担当してくれた営業マンが、この車はほんとうにいいですよ、お買い得ですよとばかりに、一から十までほめてばかりなら、その営業マンはあまり信用できないと考えよう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

雹で車にへこみ被害を受けたら事故車扱いとなるので注意

雪害車を見分けるのはむずかしいが、中には素人目に見てもわかるほどへこんだ車もある。雹(ひょう)の威力はかなりのもので、大きなものだと、車の屋根がデコボコになってしまうほどである。 中古車業界では雹の害 …

no image

日産のティーダは快適で良質な室内空間の名車

居住性とコンパクトカーならではの取りまわし性を両立させたインテリア。日産のティーダは、快適で良質な室内空間で、2003年に登場した日産のコンパクトカー。ランキングの上位に入っていた。とても機能的なクル …

no image

旋回中心は後車軸の延長線と転蛇された前輪から直角に引かれた線との交点

旋回中心は、後車軸の延長線と転蛇された前輪から直角に引かれた線との交点にあります。ハンドルはそこに固定したままアクセルを踏み込んで速度を上げたときに、車に対して旋回中心位置が以前とどう変わるかを調べる …

no image

新車なのに事故車という場合がごくまれにあるので注意

新車を購入し、無事に乗りつづけて下取りに出そうと査定を受けると、修理のあとが見つかり、事故を隠しているのではないかと疑われたりする。新車なのに事故車というケースが、まれにだがあるのだ。 こんな車を引き …

no image

自動車の居住性とは座席に座っているときの居心地の良し悪しのこと

自動車の居住性とは、座席に座っているときの居心地の良し悪しのことで、英語では空調も含めてアメニティ(快適さ)といいます。居住性の評価は四人乗りの車に対しては当然四つのシートについて行わなければなりませ …