雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

繰り返しの言葉の強調で自然と覚えてしまう

投稿日:

話を振り返るというのは、話のポイントを強調することです。話のポイントはラベリングされています。なので、そのラベルを繰り返し、最後に話のタイトルを強調して終わります。話のポイント、ラベルを繰り返すことで、聞き手は内容をもう一度思い起こします。そして、記憶にとどめることになるのです。

根拠から話されると、特に事実から話されると、聞き手は聞き手の理由づけから一つの結論を出してしまいます。それが最後の話し手の主張、結論と一致すればいいのですが、違っていると、予想通りの結果にならないので、メンタルモデルを再構築しなくてはなりません。また、聞き手の負担が大きくなるのでわかりづらいのです。

繰り返し強調されたこと

繰り返し強調されたことは、自然と覚えてしまうものです。たとえば、なにげなく見ているCMは、覚えるつもりもないのに、いつの間にか記憶していたりします。もちろんCMの送り手は、自然と覚えてしまうことを狙っているのです。覚えてもらうには、繰り返し強調することです。人はすぐに忘れてしまいます。最後に主張がくると、その主張とはじめに話された事実の関係は確かなものなのか、確認しなくてはなりません。すでに話された事実を振り返り、主張との関係をチェックします。かなり負担が大きくなります。

子供の頃、「今日勉強したことは今日のうちに復習するんだよ」と言われたものです。面倒くさがって復習しなかったことは、みごとに忘れてしまいます。いやいやながらも繰り返したことは、何年たっても不思議と覚えているものです。せっかく伝えたことも、席を立ったとたんに忘れ去られては意味がありません。しっかりと記憶されるように繰り返します。「でも、ポイントを繰り返すのは煩わしくないですか?」という質問をしてくる人がいます。この質問には、「相手にとってくどくないか」という意味と、「話し手として、何度も繰り返すのは面倒くさいのだが」という意味の二つが含まれているようです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

計算された位置や話す内容

視覚的に話す「東京にもまだこんな静かなところがあるんですねえ」とW氏。「はあ、ですからたまに銀座などへ参りますと、すぐ頭が痛くなってしまいますの」「そうでしょうねえ」W氏は相づちを打ちましたが、心のう …

no image

感情や気持ちを伝えるか論理を伝えるか

あなたは論理(考え、議論、主張と言い換えてもいいでしょう)を伝えたいのでしょうか?それとも感情、気持ちを伝えたいのでしょうか。自分を振り返り、何を伝えたいのかをチェックしてみましょう。ふだんの会話は、 …

no image

自分の第一印象は相手にどう映っているのか?

あなたは自分の印象が他人にプラスに作用している時、つまり、明るい人、朗らかな人、清潔な人、清純な人、賢そうな人、勇気や決断力に富んでいそうな人、育ちのよさを感じさせる人、円満そうな人、その他相手によい …

no image

親と喧嘩してうるさいと思ったら-本音で話し合っていますか?

ある人の話。他に効果的な表現方法を知らなかったし、伝える能力もなかった。十二、三歳の頃、父や母と喧嘩をすると、私は自分の部屋に駆け込んでドアをバアーンと閉めることで、怒りを表現していました。 芝居をや …

no image

日常会話の表現とモナリザとのつながり

日常会話での表現とモナリザとのつながりは次にある。それは、肩からゆるやかなカーブを描いて、画面の向かって左下隅の方向に流れていく左手の線が、突然重ねられた右手によって中断されていることなのです。重ねた …