雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

苦悩の詩

投稿日:

ぼくのいったことを忘れないで、愛しい人よ。さようなら、愛しい人、さようなら。これはアラスカ南部に住むネイティブアメリカン、クワキウトル族の男性が詠んだ苦悩の詩だ。一八九六年に現地語から翻訳されている。

きみの愛のせいでこの身が引き裂かれそうだ。苦悩につぐ苦悩。ぼくの愛をどうするつもりなんだきみがいなくなってしまうと聞いた。ぼくをここに残したまま、去ってしまうと。悲しみのあまり、からだが麻痺してしまったようだ。

いつも人の思惑を気にしたり、相手の傷つきに気配りしたをどのくらい内輪と思っているかをたしかめたりするような、きめの細人心理は、ときによって米国の精神科医から見ると、とても妄想的、疑い深い心性とみなされる。

ぼくのからだを炎が駆けめぐるーきみを愛する痛みが。きみへの愛の炎とともに、痛みがぼくのからだを駆けめぐる。きみへの愛とともに、病魔がぼくのからだを襲う。きみへの愛とともに、破裂寸前のおできのようなうずきを感じる。きみへの愛とともに、炎に飲みこまれてしまう。きみの言葉が忘れられなきみのぼくにたいする愛のことを考えている。

四季を通じて愛を交わしてきたのだろう

いままで、いったい何人の男女が四季を通じて愛を交わしてきたのだろうそのうちの何人が夢を実現させたのか?どれほどの情熱がいたずらに費やされたのか?わたしは散歩をしているとき、あるいは腰を落ち着けて考えにふけっているとき、これまでこの世でくり広げられてきた悲恋について、あれこれ思いをめぐらせることがある。

ヴェーダ文化をはじめとするインドの歴史にも、紀元前一年から七年というはるかに昔から、宇宙の神とされるシヴァの物語が伝わっている。彼はインドの若い娘サティに夢中になり、こんな思いにふけるようになった「サティとわたしが山の頂にいるがいのからだを絡ませながら」。

ありがたいことに、世界中の男女が恋愛猫の証拠を数多く残している。古代シュメールの街ウルクには、模形文字の詩が残されている。そこには、シュメールの女王イナンナが羊飼いの少年ドゥムジに雨あられと注いだ情熱がつづられている。「わが最愛の人、わが瞳のよろこびよ」五年という歳月を経て、イナンナの彼への呼びかけが聞こえてくる。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

浮気は社会的一雌一雄関係を築く動物のなかですらたびたび見られる

ナリオコトメ・ボーイとその親戚たちは、ひとりのパートナーと社会的に容認された交配関係を結びながら、秘密の愛人をもうけることで、余分な赤ん坊を授かったり、余分な資源を手に入れたりしていた。恋愛を生む気ま …

no image

ロマンスはプラトニックなものとされていた

「愛する人をふと目にした瞬間、その者は胸を打ち震わせる」「恋に落ちた者はだれしも、愛する人に会うとつねに顔が青ざめる」そして、「愛の思いに悩み苦しむ者は、ほとんど食べることも眠ることもできない」。 「 …

no image

動物のオスとメスの恋愛で見せる特徴

ー八月初旬、スキッパーのかわいらしいつれ合いが一匹のまるまるとした赤ん坊を産んだ。ゾウと同じように、ビーバーたちも求愛に多大な同じように、求愛エネルギーを「特別な」相手に一心に、彼の小さなお相手もまた …

no image

仕事人間が家庭や友情を犠牲にし崩壊させる

周囲に展開している四季の自然の移り変わりにも無頓着だったことに気がつきました。そして自分の道を、がむしゃらに押し進めるのが、本当の自己実現だろうかと、真剣に疑わざるをえなかった。今でもそれがいかに人々 …

no image

叫びだしたい気持に襲われる

一輪の草花もその存在を主張するように明るく輝いて私に語りかけてくるよう。私も共に在るそう強く感じると同時に深い感動と歓びが根底からわき上がるのを覚え、何ものかに感謝し、叫びだしたい気持に襲われた。 た …