雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の訓練は繰り返しが多くても飽きられることがあるので注意

投稿日:

犬の伏せの姿勢は、犬にとっては服従を意味する。伏せの姿勢をとれば、犬が相手を群れのリーダーとして認めたことになる。犬の行動を注意深く見守ること利口な犬には、どんな命令にも即座に反応させるようにしたい。犬をほめるときは、気前よくたっぶりほめる。これは犬をコントロールする最良の方法である。ありがちな落とし穴は、利口な犬に期待しすぎることである。上手にできない反応を橋正する前に、犬が仕事を完全に覚えたかどうか確認する必要がある。利口な犬をせかしてつめこみすぎると、ストレスの原因になりがちで、学習意欲を失わせてしまう。

利口な犬にはすばやく動くことを教え、反応が遅かったら、できなかったも同然として橋正する。利ロな犬はわざとのろのろ反応して、怠けられるかどうか様子を見ていることが多い。過剰訓練はしないこと。犬はたくさんの仕事を学ぶことができるので、新しいことを次々に教えるのも犬切だが、ひとつの命令について過剰訓練は避けるべきである。すでに学習した即令を復習させる場合は、数日あるいは数週間あいだを置くようにする。くり返しが多くても、能の低い犬種なら活発に生き生きと反応できるが、利口な犬は飽きやすい。

それまでに習った命令や課題はくり返さない

新しいことを教え、それまでに習った命令や課題はくり返さない。訓練は刺激になるが、ほかにも気分転換が必要である。犬に合った刺激を与えること賢くてよく働く犬とともに暮らすのは素晴らしいことだが、は精神的な刺激を望んでいる。また、知らない場所への散歩、未知の人間たちとのふれあい、あるいはただお使いや買い物にお供するだけでも、犬は張りつめた気分で楽しさを味わうことができる。

ベルジアン・シープドッグ、ベルジアン・タービュレンなどの活動的で利口な犬は興奮しやすく、訓練の場合も気が散りやすい。こうした犬たちには訓練のあいだは静かな見慣れた環境が好ましい。知能の高い犬種を飼っていて、行動的になにか問題がみえたら、犬が退屈していないか考えてみる。穴を掘ったり、ものをかじったり、ものを跳び越えたり、家からなんとか外に出ようとしていたら、それは一日じゅう寝そべってご主人の帰りを待つより、そのほうが面白いからなのだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

優れた使役犬などの犬種を作りあげるのは性格と知能の組み合わせ

優れた使役犬・家庭犬を作りあげるのは性格と知能の組み合わせである。性格テストで上位に入った犬は、人間の指示に従って働く素晴らしい服従犬になる可能性がきわめて高い。作業・服従知能の成績は良くないが、性格 …

no image

ペットに話しかけるほうがずっと気が楽なんです

ペットに話しかけるほうがずっと気が楽なんです、と告白した女性がいる。「推測では、九十五パーセントの人が、ペットに打ち明け話をしていますね」と語っている。犬はビスケットを与えれば大喜びするが、夫はそれよ …

no image

近所の猫が遊びに来る

クラリッサという人物と猫のお話。 猫は、夫妻が泊まっている家からさほど離れていないコンドミニアムにいるカップルのペットだった。ある日、クラリッサが主寝室で休んでいると、近所の猫が開いた窓から飛びこんで …

no image

ウェルシュコーギーは小型犬の中でも人気が高い

ものことをよく判断し、頭がよく、成犬で小型ながら、大型犬のようなゆったりした立ち振る舞いを見せてくれるところも魅力です。ただし、警戒心が強く、プライドも高い傾向があるので、きちんとしたしつけは重要。し …

no image

犬種別の気性や知能についてとなると良くみせかけようとする傾向

犬の種類に関する本には、ブルドッグは慢性の呼吸器疾患を抱えがちであること、ダルメシアンは何代か続くと先天的に耳の聞こえない子犬が生まれる傾向があること、ダックスフンドは脊髄障害が出やすいこと、あるいは …