雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の訓練は繰り返しが多くても飽きられることがあるので注意

投稿日:

犬の伏せの姿勢は、犬にとっては服従を意味する。伏せの姿勢をとれば、犬が相手を群れのリーダーとして認めたことになる。犬の行動を注意深く見守ること利口な犬には、どんな命令にも即座に反応させるようにしたい。犬をほめるときは、気前よくたっぶりほめる。これは犬をコントロールする最良の方法である。ありがちな落とし穴は、利口な犬に期待しすぎることである。上手にできない反応を橋正する前に、犬が仕事を完全に覚えたかどうか確認する必要がある。利口な犬をせかしてつめこみすぎると、ストレスの原因になりがちで、学習意欲を失わせてしまう。

利口な犬にはすばやく動くことを教え、反応が遅かったら、できなかったも同然として橋正する。利ロな犬はわざとのろのろ反応して、怠けられるかどうか様子を見ていることが多い。過剰訓練はしないこと。犬はたくさんの仕事を学ぶことができるので、新しいことを次々に教えるのも犬切だが、ひとつの命令について過剰訓練は避けるべきである。すでに学習した即令を復習させる場合は、数日あるいは数週間あいだを置くようにする。くり返しが多くても、能の低い犬種なら活発に生き生きと反応できるが、利口な犬は飽きやすい。

それまでに習った命令や課題はくり返さない

新しいことを教え、それまでに習った命令や課題はくり返さない。訓練は刺激になるが、ほかにも気分転換が必要である。犬に合った刺激を与えること賢くてよく働く犬とともに暮らすのは素晴らしいことだが、は精神的な刺激を望んでいる。また、知らない場所への散歩、未知の人間たちとのふれあい、あるいはただお使いや買い物にお供するだけでも、犬は張りつめた気分で楽しさを味わうことができる。

ベルジアン・シープドッグ、ベルジアン・タービュレンなどの活動的で利口な犬は興奮しやすく、訓練の場合も気が散りやすい。こうした犬たちには訓練のあいだは静かな見慣れた環境が好ましい。知能の高い犬種を飼っていて、行動的になにか問題がみえたら、犬が退屈していないか考えてみる。穴を掘ったり、ものをかじったり、ものを跳び越えたり、家からなんとか外に出ようとしていたら、それは一日じゅう寝そべってご主人の帰りを待つより、そのほうが面白いからなのだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬のIQテストの結果

ある犬のIQテストでは、学習および記憶能力の面では非常に優秀だが、問題解決能力になるとそれほどでもないという犬いう結果が出た。これらの犬には、アルファべット順にビーグル、べルジアン・マリノワ、べルジア …

no image

犬の出産の準備や産後の飼い主の処置の仕方

犬の出産の準備や産後の飼い主の処置の仕方。 出産にかかる時間は、個体差や子犬の数によって異なります。子犬の数は6〜8匹ぐらいです。なお、冬期は産室の室温を保つように、産箱にペットヒーターなどを入れて保 …

no image

オオカミの行動と性格について一般に浸透しているイメージ

犬はオオカミが飼い馴らされたものだとする専門家たちは、犬に見られる大きさや形のちがいは、時代に応じてその土地固有のオオカミが家畜化されたためだとしている。つまり、北のオオカミはジャーマン・シェパード( …

no image

ハムスターの生後1ヶ月までの道のり

ハムスターは、生後10日くらいになると、母ハムの食べ残しや落ちているペレットのかけらなどを、誰に教えてもらうわけでもなく自然に食べはじめます。もう、子ハム用に小さく切ったニンジンや小松菜、チンゲン菜、 …

no image

ガードナーの多重知能論に見る特性

知的な行動と愚かな行動の現れ方はその人物の特殊知能に左右される。偉大な理論物理学者が切れたヒューズをつなげない、最高に優秀な化学者が簡単なケーキの焼き方も理解できない、有名な将軍が自分の子どものしつけ …