雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

一対一の土地交換と国境に沿った領土の分割の問題

投稿日:

一九九〇年代に、ヨルダン川西岸を事実上、二分させようとする明確な意図で企図された。交渉はイスラエルの選挙前にバラクによって中止され、暴力事件がエスカレートしたため、その後は再開されず、従ってそれがどのような結果になったかは知るよしもない。根本にある問題点はフォーリン・アラュアーズ誌で、知識をもつ二人の時事解説者、フセイン・アガとロバート・マリーが再検討している。こうした問題は、その他の問題と共に未解決のまま残されたが、公式ではないとしても、進展は本物で、前途は有望だというアキヴァ・エルダーの結論を受け入れるに足る理由はある。

解決策に到達する道は、当初からあらゆる方面でうやむやになっていたと、彼らは書いた。解決策の概要は、今では基本的に理解されていると、彼らはいみじくも述べた。つまり、一対一の土地交換と国境に沿った領土の分割だ。その説は正しいが、誤解を招くものでもある。それは二五年間、アメリカによって妨害されていたのであり、一方、イスラエル側では主流の政治勢力は最ハト派ですら解決への道を拒み続けている。

ほとんど分断する突出部となっている

マーレアドゥミムの境界線は大エルサレム地区から、孤立状態のパレスチナの町エリコにまでほぼ達して、西岸の南部地区をほとんど分断する突出部となっている。更に北の方にもう一つ突出部があり、部分的にではあるが北部を中央部から切り離している。イスラエルはアメリカから引き続き援助を受けて入植計画を拡大した。ブッシュ二世ーシャロンの時代になると、外交的な解決を図る望みは更に薄れた。イスラエルの入植地は今では西岸の四二%を支配している。イスラエルの人権団体べッュレムが、イスラエルの領土に関する意図が示された公式の地図を遂に入手した。

三地区に分けられた西岸は一層容赦なく分断されることになり、いずれもパレスチナ人の中心地である東エルサレムの一角からは切り離され、初論ガザからも、その運命がどう定められようと、分断されることになった。二〇〇三年の状況については、入植地に関するアメリカの主要な研究資料の中で、編集者のジェフリー・アロンソンが南部地区を訪問した後に明らかにしている。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

不適切な機関が国家支援の国際テロに絡む時消去されず賞賛される

不適切な機関が国家支援の国際テロに絡む時は、テロリストの残虐行為が完全に消去されずに、むしろ賞賛されることがある。それがよくわかる例は、エルサルヴァドルにかわって米軍事援助及び訓練の最大受入国になった …

no image

アメリカ一極支配と見なすものを世界各国が恐れている

世界ではますます多くの人々が、ブッシュ大統領の方がイラクのサダム・フセインよりも世界平和にとって大きな脅威だと考えていた。世界各地のアメリカ大使館からのメッセージは、緊急かつ憂慮すべきものになったと、 …

no image

イラクは東ティモールやコソヴォやアフガニスタンではないと強調

イラクは重要な褒賞だ。他の国々はどうでもいい存在と見なされているという。だからこそ、米国政府が管理しなければならないのであり、国連にも、イラク国民にも任せられないのであるというのだ。イラクは東ティモー …

no image

スターリンはイギリスの外相アンソニー・イーデンに対して

外交政策に関して、ソ連が1939年のヒトラーとの条約によって東ヨーロッパで獲得した利益を維持しつつ、国内で自分の立場を守りたいと、スターリンは欲していた。スターリンはまた、危機のない時に通例うまくいく …

no image

力の基準は物理的よりも心理的なものであった

従来からの安全保障のディレンマにまつわる問題が核兵器の恐怖によって解決したわけではないが、両超大国は、イデオロギーの相違があったにもかかわらず、慎重に行動した。その慎重さは、19世紀の多極型のバランス …