雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

一対一の土地交換と国境に沿った領土の分割の問題

投稿日:

一九九〇年代に、ヨルダン川西岸を事実上、二分させようとする明確な意図で企図された。交渉はイスラエルの選挙前にバラクによって中止され、暴力事件がエスカレートしたため、その後は再開されず、従ってそれがどのような結果になったかは知るよしもない。根本にある問題点はフォーリン・アラュアーズ誌で、知識をもつ二人の時事解説者、フセイン・アガとロバート・マリーが再検討している。こうした問題は、その他の問題と共に未解決のまま残されたが、公式ではないとしても、進展は本物で、前途は有望だというアキヴァ・エルダーの結論を受け入れるに足る理由はある。

解決策に到達する道は、当初からあらゆる方面でうやむやになっていたと、彼らは書いた。解決策の概要は、今では基本的に理解されていると、彼らはいみじくも述べた。つまり、一対一の土地交換と国境に沿った領土の分割だ。その説は正しいが、誤解を招くものでもある。それは二五年間、アメリカによって妨害されていたのであり、一方、イスラエル側では主流の政治勢力は最ハト派ですら解決への道を拒み続けている。

ほとんど分断する突出部となっている

マーレアドゥミムの境界線は大エルサレム地区から、孤立状態のパレスチナの町エリコにまでほぼ達して、西岸の南部地区をほとんど分断する突出部となっている。更に北の方にもう一つ突出部があり、部分的にではあるが北部を中央部から切り離している。イスラエルはアメリカから引き続き援助を受けて入植計画を拡大した。ブッシュ二世ーシャロンの時代になると、外交的な解決を図る望みは更に薄れた。イスラエルの入植地は今では西岸の四二%を支配している。イスラエルの人権団体べッュレムが、イスラエルの領土に関する意図が示された公式の地図を遂に入手した。

三地区に分けられた西岸は一層容赦なく分断されることになり、いずれもパレスチナ人の中心地である東エルサレムの一角からは切り離され、初論ガザからも、その運命がどう定められようと、分断されることになった。二〇〇三年の状況については、入植地に関するアメリカの主要な研究資料の中で、編集者のジェフリー・アロンソンが南部地区を訪問した後に明らかにしている。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

民主的な統治に対する最大の障害

米州機構事務局長はネオリべラルのグローバリゼーションを強力に推進する人物だが、年次総会の冒頭で、資本の自由な移動というグローバリゼーションの最も望ましくない特徴。その懸念は、アダム・スミスまで遡るもの …

no image

国家安全保障覚書一八一号をケネディ大統領は発令した

八月二四日、ケネディ大統領は国家安全保障覚書一八一号を発令した。これは内部反乱の工作指令で、アメリカの軍事介入に先行し、重要な軍事計画と葬戦行動及び部隊と装備の移動が含まれており、間違いなくキューバと …

no image

パレスチナ問題-地図ロードマップがどこに適用されるか

現場での既成事実はロードマップがどこに適用されるかを、またパレスチナ国家として知られる存在がどこに建設されるのかを決定しており、今後も決定し続けるだろうと、イスラエルのジャーナリスト、アミーラ・ハスは …

no image

介入について国家中心的道義主義者などの見解は違う

懐疑主義者にとっては道義的判断は意味がないが、リアリスト[現実主義者]やコスモポリタン[世界市民主義者]や国家中心的道義主義者は、それぞれ介入について異なる見解を持っている。 リアリストにとって、国際 …

no image

なぜスターリンは北朝鮮に韓国侵攻を許したのか?

なぜスターリンは北朝鮮に韓国侵攻を許したのか?、フルシチョフは回顧録の中で、次のように説明している。北朝鮮の指導者、釜官蔵は朝鮮半島統一の機会をスターリンに求めた。韓国は防衛線の外にある、とアメリカは …