雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

国の原子力政策の不十分さを監視するように

投稿日:

七〇年代から、四国電力伊方原発の差し止め訴訟など、地元住民から原子力発電を止めてほしいという住民訴訟や行政訴訟がたくさん起こされてきましたが、すべて住民の敗訴に終わっていました。なぜなら、国のエネルギー政策の中で、原子力発電は絶対に必要で、国の安全審査の手続きや技術基準にはいっさい誤りがないという前提に裁判所が立ってきたからです。

二〇〇三年一月二七日、名古屋高等裁判所金沢支部は、住民三二人が国を相手に原子炉設置許可処分の無効確認を求めた行政訴訟の控訴審で、請求を棄却した一審・福井地裁判決を取り消し、許可処分を無効とする判決を言い渡しました。これは、今後の日本の源子力発電と核燃料サイクル政策を左右する判決でした。

二〇〇三年の判決は、「もんじゅ」のナトリウム漏れ事故やこれから述べる茨城県東海村の臨界事故、さらに東京電力の損傷隠しゃ偽報告など、事件が次々に起こり、国民の目が、国の原子力政策の不十分さを監視するようになったと、裁判所が判断したためでしょう。さらに、高速増殖炉の必要性が欧米で疑問視されているのも一つの原因だと思われます。

東海村での事故

東海村での事故は、一九九九年九月三〇日に起こりました。核燃料加工会社JCOで、作業員が一九パーセントに濃縮されたウランを扱っているとき、突発的な臨界現象が起こり、核の連鎖反応が起こり始めたのです。作業員はきめられたマニュアルを守っていませんでした。このときの放射能の量は、一時間あたり四ミリシーベルトであったとされています。二人の作業員が特に多量の放射能を浴び、死亡しました。

政府が最初にIAEAにした事故の報告は、事態を過小評価しすぎていました。事故が起こったのは午前一時三五分でしたが、午後四時になっても、施設の付近の放射能レベルは高く、中性子の連鎖反応が続いていることを示していました。臨界反応は短時間で止まったとされていましたが、実際には明け方に止まるまで一七時間つづいたものと見られます。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

世はまさにITブーム-新しい成長のかたち

新聞紙上ではITなしでは目も暮れないといった風情。「ITと日本経済」の連載社説。読み物はタイトルが「デジタルエコノミー」、トップ記事は、「設備投資製造業一三%増」の横見出しに対し、「IT関連けん引役」 …

no image

環境コストをどのような方法で市場経済の中に組み込んでいくか

日本で「グリーンフィー」といえば、ゴルフ場のプレイ代のことを意味します。最初にバッズ課税、グッズ減税のことを知ったのは、WRI(世界資源研究所)のロバート・C・レペット副所長の“GreenFees”と …

no image

合成添加物の中で特に危険性が高いのは

合成添加物の中で、特に危険性が高いのは、防カビ剤、保存料、殺菌料、漂白剤、着色料、酸化防止剤、甘味料等ですが、これらのものは、近くで採れたものを食べるとか、見た目にとらわれないなどの消費者の判断でかな …

no image

温室効果ガスを削減するために環境税を導入しても

大幅な温室効果ガスの削減が必要であるという共通の認識と、温室効果ガスの大量排出が温暖化を促進させるという因果関係を共有する知的集団が各国政府代表に働きかけ、それを受け入れざるを得ないような状況をつくり …

no image

少しずつ定着型の農業が発展していく

人類が誕生してから、少しずつ定着型の農業が発展していきました。作物に栄養分をあたえると、収量が多くなることははやくから気づかれていました。マメは土壌の中からある成分を吸い取って育ちます。ですから、おな …