雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

雲の種類と天気などを知ろう

投稿日:

・雲の種類を知るべし

雲の動きを観察して、変わり行く天気を予想する観天望気です。都会ではともかく、山では空を見なくてはいけません。普段の生活で、空を見上げたことはありますか?坂本九さんの歌ではありませんが、下を向いて歩くより、上を向いて歩いた方がハッピーに決まっています。まずは基本的な雲の種類、を覚えましょう。ここでは、数種あるうちの何種かの雲を紹介します。

・巻積雲

いつだったか、ネパールヒマラヤのジョムソン街道のトレッキングを楽しんでいるとき、わあっ、きれいという声に誘われて、テントから出て空を見上げると、オレンジ色の雲の中に、名峰マチャプチャレがすっくとえ立っているのです。キャンプ地に到着。シェルパが設営してくれたテントで驚いでいると、いつしかタ方になりました。タ陽が、雪の頂と巻積雲を輝かしているのでした、とある登山家。

高積雲になってくると天気が心配になってきますが、巻積雲だと天気の心配より紋様に感動することの方が大ですね。朝陽や夕陽を受けるとピンク色やオレンジ色に輝いて、山に登る幸せをしみじみと感じさせてくれます。
巻雲系の雲は、水満ではなく氷の粒です。うろこ雲、鰯業ともいいます。巻雲同様、上空1万メートルに出現します。

雲一つない青空に巻雲が出現したら

・巻雲

すぐに天気が悪化することはありませんが、雲一つない青空に巻雲が出現したということは、低気圧が近付いた知らせです。上空1万メートルに出現する、竹ぼうきで掃いたようなスジ状の雲です。筋雲、絹雲と書いた時代もありました。その後の雲の変化に注意が必要です。雲一つない青空より、雲があった方がいい写真が撮れますよ。

・積乱雲

夏の風物詩。入道雲でとまっててくれるといいのですが、雷雲となると大変。積雲が発達してもこもこと湧き上がると雄大な積雲になり、上空の冷たい空気に達すると積乱雲になります。山で雷に遭遇したら、どこかに1~2時間隠れておきましょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

コロラド・トレイルで谷間にキャンプを張ったときのこと

コロラド・トレイルで、谷間にキャンプを張ったときのことだ。1歳になる長男プライスの姿がしばらく見えない。包み込むように優しい風が、陽にさらされた髪と、長い羽毛のような花弁を揺らしていた。手にした花をそ …

no image

春の山では野草の花の訪れとともに人々は山へ向かいます

春の山は、雪が解けて、春の花が咲き始めると人は山へ向かう(ハイキングと登山)。自山連峰、北アルプス、妙高連峰、飯豊連峰など高い山山はまだ雪で覆われていますが、その前衛の山々では雪解けも始まり、雪が解け …

no image

ドライブ中にゲームで車内を盛り上げて子供を喜ばせよう

子供とのドライブで子供を退屈させないようにするにはどうすればいいか?思考や意思疎通が論理的にできるほど大きくなったら、ゲームを取り入れよう。1歳半のブライスでも、ワンちゃんゲームができる。知っている犬 …

no image

水を飲むと疲れるというのはウソ-スポーツドリンクを携行しておくと安心

最近の車は性能が良いので、ほとんどトラブルはありませんが、昔の車はエンジンのオーバーヒートがよくありました。人も運動すると発熱するので、蒸し暑かったりすると、オーバーヒートしてしまいます。昔は、登山中 …

no image

遭難とは困難に遭遇すること-より広い範疇で用いられる

遭難とは困難に遭遇することですので事故を含む、より広い範疇で用いられます。実際に事故が起きていれば遭難事故となります。事故だけでなく道迷い、疲労、計画の不備などにより本人の意志に反して計画通り下山でき …