雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

雲ひとつない空からいきなり雨になることもある山の天気

投稿日:

雲一つない青空に、巻雲が出現すると、低気圧がこちらに向かっているというサイン。空を見上げて、雲の様子を観察する観天望気は、登山中とても重要なチェック項目です。雲底が下がって高層雲となり、どんより暗くなってきたら、低気圧はさらに近付いてきているということですから、雨が降るのは時間の問題と判断して、雨具をザックの上に用意するとか、対策をこうじておくと安心です。

頭の上が薄いベールのままなら、さほど気にせず山歩きを楽しみましよう。やがて空全体に薄いベールがかかったように巻層雲が広がると、低気圧が近付いてきているサインです。このように、雲は天気の道標なのです。旭岳温泉からロープウェイで姿見ノ池まで上がり、北海道の屋根、大雪山・旭岳からトムラウシ山まで縦走したことがあります、というある登山家。前の晩、宿のテレビで見た天気予報では、昼前から雲は広がるが雨の心配はない、ということでした。

雲一つない青空だったのが

ロープウェイを降りて歩き始めたときは、雲一つない青空だったのが、旭岳を越える頃にはいまにも降りだしそうな、暗い空に変わっていました。旅行会社が主催している登山ツアーの多くは、温泉やグルメの観光旅行と同じ様に、参加者をお客様にしてしまいます。雨具を着た方がいいですか、一人から質問が出ます。登山教室なので、お客様ではなく、生徒さんです。

登山ツアーは商売だとしても、それは非日常の世界を舞台にした危険な商売であるということを、会社もお客様も、添乗員も登山ガイドも認識しておく必要はありそうです。お客様と無用のトラブルを起こさないように、という接客技術なのでしようが、登山ツアーの危機管理としてはお粗末なやり方です。天気の急変にも自分自身で対応するしかありません。どんな急坂でも自分の足で歩かなくてはいけません。

天気予報をチェックしていなかったら、雨具を着ておくよう指示したと思います。空が真っ暗になってきました。降りだす前に雨具を着ておくか否か、判断する必要があります。雨具は着ておくと、降りだしてもバタバタしないで済みます。しかし、降らないときに着ていると暑い。降らない予報でも、降られることはよくあります。降るという予報だったのに、降らなかったことも、たまにあります。天気は本当に難しいです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

春の天気は変わりやすいので登山初心者には難しい

初心者はいきなり雪の残っている山には行かないようにしましょう。雪のない時期の山をいくつか登り、なおかつ最初は経験者と行くようにしましよう。初心者には、雪の残っている春の山は危険なことが多いのです。春に …

no image

日帰りハイキングの持ち物やその魅力

デイハイキングの魅力は、夕方には自宅やクルマに戻って装備の点検や食料補給ができ、加えて、コンディションのよい状況で家族が休めること。家族とはいえ、皆が血と汗のアウトドア派とは限らないから、せめて夜は快 …

no image

登山の行動食で栄養を摂取する

・行動中の食事、水分補給 日の出前から起きて遠出する時、山小屋に泊りながら三〇〇〇メートル付近の山を歩く時などは天候急変の恐れもあったり予想外の出来事が発生したりして、まとまった時間が取れないケースを …

no image

林での風景写真の撮り方のポイント

スナップ写真は、やや望遠にして撮ると背景が迫ってくる感じで、良い写真になる。重要なのが光の方向。林の中では人の顔に木の枝の影が当たらないように、写される人の立ち位置を調節する。そのときの顔の向きも大切 …

no image

計画を立てる際にリーダーがいたほうが利点が多い

みんなで計画を立てる場合は、発言には責任を持たなくてはならない。口先だけの無責任発言、これもルール違反である。もっと厳しく言えば、ルール違反者は、二度とグループに参加させてはいけない。そうでないと山登 …