雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

組み合わせによってそれぞれの性格のどの面があらわれるか

投稿日:

あまりにも何度も暴力沙汰ということになると、反社会的人格というレッテルを張られるおそれがある。しかし、実は人間はだれもがいろいろな性格の側面を持っている。いくつかの性格傾向をそなえている。もし特定の性格傾向だけが極端に大きな比重を占めて、ほかの傾向との調和がないと、そのことが一つの性格の病理になる。

組み合わせによってそれぞれの性格のどの面があらわれるかという場合の人柄の性質を「性格傾向」と言う。性格傾向という言葉でいまの二人を語るならば、依存型の性格傾向の持ち主だ。絶えず威張ったり、人をいびったりしている面もあるようで、たしかに攻撃型、あるいはサディズム型の性格傾向を持っている。

特定の性格傾向ばかりが、どの場面でも、どういうときにも主役になってしまうと、そのパーソナリティは融通性がなくて硬直し、性格の病ということになる。しかも、本人や周囲が、これでは困る、何とかしなくてはと思いながら、どうにも変わること、変えることができないのがパーソナリティの障害である。

不幸な組み合わせ

不幸な組み合わせーいわゆる腐れ縁とでもいうかーができ上がって、とくに被害者になった人は、そこから何とか逃れよう逃れようとしながら、いつまでも逃れられなくて、「これが私の運命だ」とあきらめ、忍従の人生を送ることもまれではない。

何度も相手から離れようとは思った。しかし、相手からどんなにひどい目に遇っても離れられないということになると、依存型パーソナリティ障害になってしまう。いくら反省しても暴力沙汰を繰り返すということになると、サディズム・攻撃型の反社会的なパーソナリティ障害と診断されてしまう。

苦痛に耐えなければならない運命なのだと、どこか自分に言い聞かせている節がある。最初は、豪快で、喧嘩も強いし、り斐があると思って一緒になった。この心理をさらにたどると、ただ単に依存的なだけでなくマゾヒズム的な傾向にもいきつくことになる。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

人間の深層、本性を全体的な精神的意味をもったものととらえる傾向

私たちは、フロイトとは異なって、真の自己というものがあって、そのまわりを、いわゆる自我がとり巻いていると考えることができるような気がします。この自我は、真の自己を生かすために、現実的な操作工夫をしてい …

no image

思春期や反抗期の依存をがっしり受けとめえないのは

現代社会はいわば、成長した心が自由にかけめぐれる人生の広野ではなく、きちんと区画整理された都会になってしまいました。何をするにも、どこへ行くにも、その定められた区画に従って、定められた道を歩かなければ …

no image

酒の付き合いが嫌いになる

回避のつき合いも狭くなる。苦手だった場面にアルコールのつき合いがあった。何度練習しても一向にお酒が飲めるようにならない。みんなでお酒を飲んで、酔いが回って楽しく団葉というときに自分だけ手持ち無沙汰でい …

no image

人が恋に落ちる瞬間は性欲からも来るのか?

豊富な恋愛遍歴の持ち主オウィディウスは、性的に強く惹きつけられると、人は恋に落ちることが多いと信じていた。しかし性欲がつねに恋愛感情を引き起こすとはかぎらない。それは大勢の知るところだ。 性交からはじ …

no image

恋愛関係へと発展するまではあれこれ目移りするが

恋愛関係へと発展するまでは、あれこれ目移りすることもあるだろう。あの人がいいかと思えば、やっばりこちらがいい、というぐあいに。それでもやがてあなたはただひとりの人に注意を向けるようになる。エミリー・デ …