雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

組み合わせによってそれぞれの性格のどの面があらわれるか

投稿日:

あまりにも何度も暴力沙汰ということになると、反社会的人格というレッテルを張られるおそれがある。しかし、実は人間はだれもがいろいろな性格の側面を持っている。いくつかの性格傾向をそなえている。もし特定の性格傾向だけが極端に大きな比重を占めて、ほかの傾向との調和がないと、そのことが一つの性格の病理になる。

組み合わせによってそれぞれの性格のどの面があらわれるかという場合の人柄の性質を「性格傾向」と言う。性格傾向という言葉でいまの二人を語るならば、依存型の性格傾向の持ち主だ。絶えず威張ったり、人をいびったりしている面もあるようで、たしかに攻撃型、あるいはサディズム型の性格傾向を持っている。

特定の性格傾向ばかりが、どの場面でも、どういうときにも主役になってしまうと、そのパーソナリティは融通性がなくて硬直し、性格の病ということになる。しかも、本人や周囲が、これでは困る、何とかしなくてはと思いながら、どうにも変わること、変えることができないのがパーソナリティの障害である。

不幸な組み合わせ

不幸な組み合わせーいわゆる腐れ縁とでもいうかーができ上がって、とくに被害者になった人は、そこから何とか逃れよう逃れようとしながら、いつまでも逃れられなくて、「これが私の運命だ」とあきらめ、忍従の人生を送ることもまれではない。

何度も相手から離れようとは思った。しかし、相手からどんなにひどい目に遇っても離れられないということになると、依存型パーソナリティ障害になってしまう。いくら反省しても暴力沙汰を繰り返すということになると、サディズム・攻撃型の反社会的なパーソナリティ障害と診断されてしまう。

苦痛に耐えなければならない運命なのだと、どこか自分に言い聞かせている節がある。最初は、豪快で、喧嘩も強いし、り斐があると思って一緒になった。この心理をさらにたどると、ただ単に依存的なだけでなくマゾヒズム的な傾向にもいきつくことになる。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

情熱と欲望が感情的な一体感と献身

シナリオでは、恋愛が性欲を引き起こし、やがて時間とともにそうしたむき出しの情熱と欲望が感情的な一体感と献身、つまりは愛着へと落ち着いていく。しかし、恋愛感情、そして愛着は、ベつのパターンでも発生する。 …

no image

運のいい人間でなくてはいけない

松下さんはよくいわれます。「運のいい人間でなくてはいけない」と。また、谷口さんが「松下さんは動物的感覚」といわれるのもそれ。運というのは半分は偶然か知れませんが、あとの半分は自分の責任です。 褐福は継 …

no image

利害関係がなくなると感情が向かない

相手はその素っ気ない態度に困惑して、いたく心が傷つく。まるで自分が悪かった。もしここで、あのときどうして頼んだのか、誘ったのかと言えば、また泥仕合になる。そんなこと覚えていてあれこれ言うやつはうるさい …

no image

公私を混同するなと言っても

公私を混同するなと言っても、一方では平気でセミナー屋さんと親しくし、研究所の人脈や仕組みを利用しながら、結構ギャラのいいところで稼いでもいる。みんなに時間を厳守しろと言っていながら、自分は平気で遅れた …

no image

尾状核と恋愛の活発化

長い詩を暗記するか、ちようど一週間前に食べたものを思いだしてみてほしい。記憶を助けるために、自然はうまいぐあいに海馬というものをつくってくれた。これは記憶を生みだし、保管するための脳の部位で、大型霊長 …