雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

クイックレスポンスに拍車がかかってきたファッション業界

投稿日:

デザイナーにメーカー、小売業者、果ては消費者までもが速いペースを保つよう強いられてきた。インデイアナ大学でアパレル・マーチャンダイジングの教鞭を執るデボラ・クリスチャンセン博士が語る。ドナテッラ・ヴュルサーチの春物コレクションで、ターコイズ・ブルーのシャーリング・ミニドレスが登場した瞬間、フロリダ州タンパの警官フェイス・ナデルも、ミラノのショー会場にいるジェニファー・ロペスと同じようにそれを堪能できる時代だと。

速いペースを保つことに拍車がかかってきたのは、トレンドがいち早く目に入るようになったせいばかりではない。私たちはMTVとインターネットの時代の申し子なのだ。インターネットとEメールのおかげで、あらゆるメディアやコミュニケーションが盛んになり、現代人のクイック・レスポンス、願望が促成されてきたのです。現代社会は、今すぐ満足したいというメンタリティに慣らされてしまっていますと、クリスチャンセン博士。メディア全般が急げ急げ状態だということもある。

メディアが整ったのは比較的最近のこと

五〇年代には、テレビは三大ネットワークだけだったし、映画会社は若干数、全国誌も片手で数えられるくらいしかなかった。現在のようなコミュニケーションやエンタテインメントのメディアが整ったのは比較的最近のことなのだが、そのことは、ややもすれば忘れられがちである。

テレビ番組にしても、特に集中力のない視聴者向けにフィルムを切り刻んでいるのかと思ってしまうほどだが、私たちはそういうものに適応してしまっている。テレビ中継される授賞式やコンサートだって、派手なカメラアングルを使ってみたり、ちょっとした編集を入れてみたりすることで、ミュージック・ビデオの雰囲気が加味されている。古いモノクロ映画を見れば、現在のハリウッド大作の展開の早さに気づくことだろう。こうした姿勢が、ファッションに対する私たちの気持ちにも染み込んでしまっているのだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ファッションの研究に熱心なある主婦のお話

娘の仲良しのお友達のお母さんに、Aさんという三十代の方がいます。彼女は、ファッションに関して、とでも研究熱心です。娘がいることで、ママ友達ができました。いままでは、同じく仕事を持つ女性と接することが多 …

no image

フランスの若者と日本の若者の違い

彼女が心底感心したまなざしで、こう言った。典型的ブルジョワ家庭に育ったマダムMと東京の原宿を歩いていたときだった。これだけそろってストリートウエアの軍団に出くわすと壮観だわ。日本の若者ってすごいわね。 …

no image

パーティードレスなどのコーディネート

ドレスといえば、決して忘れらないのが、映画ティファニーで朝食をでオードリー・ヘップバーンがすっきり着こなしていたクルーネックのブラックドレスだ。ゴージャス派の方にはシルクがいい。慎重派の方は、百パーセ …

no image

衣装デザイナーが映画で登場人物の性格付けに使いたい服を使えない

アカデミー賞にノミネートされたこともある衣装デザイナーで、コスチューム・デザイナーズ・ギルド会長の肩書きも持つデボラ・ナドウールマン・ランディスによれば、映画製作者がファッション・デザイナーから服を借 …

no image

革新的なプロモーション契約の例があちこちで見られるようになっている

ドルチェ&ガッバーナは、二〇〇一年にイン・シンクとダイドのツアーに衣装協力し、続く二〇〇二年にはオーストトミー・ヒルフィガーは、一九九九年にブリトニー・スピアーズのサマー・ツアーのスポンサー …