雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

下り坂の疲れにくい歩き方

投稿日:

山道では、傾斜にもよりますが、やはり速度を落とし、歩幅を狭くし、静かな重心移動を心がけます。下りですが、重力に任せてドスンドスンと下る人がいます。筋肉が鍛えられていないところにこのような着地をすると、腰に相当ダメージを与えます。特に若い時にこんな下り方をした人は年取ってからその影響が現れてきますし、高齢の方は力任せに下ることなどとてもできません。

傾斜が急になると真っ直ぐに靴底をフラットにして下りることは難しくなります。この場合は下り方向に体全体を、つまり靴もですが、横にして斜めにジグザグに下るなどの方が効果的です。登りが急になるに従い、歩幅は狭くし、足は逆ハの字にした方がよいでしょう。疲れは少なくなります。ペースは自然と遅くなってきます。しかしバランスの崩れは最小限に抑えられます。

ストックの効用

以前、新聞の投書でこんな内容のものがありました。登山者のほとんどがストックで歩き、彼らの通った後は蟻の巣のようだ、登山道が台無しになる、植生にも悪影響を与えるというものです。確かにストックは使用する場所により、かなり便利なものですし、特に高齢者などはストックで疲れを軽減しながら歩くことができます。しかしながら使う必要のない元気な登山者、使う必要のない場所での使用はやはり考えた方がいいのではないか、と思います。

ストックを両手に持つことによりあたかも四本足で歩く感じになり、積極的に使えばスキーのような推進役とかバランス保持にもなり、膝にかかる負荷も軽減されます。ご存知のように多くの動物が四本足で歩くのに対し、人間は二本足で歩いています。そのため長い年月経つと膝や腰を痛める人が多いようです。市販されているストックは二、三段階の長さの調節ができ、登りの場合と下りの場合にそれぞれにあった長さで使用することができます。あるいは一本を片手に持ち、杖として要所要所でのバランス保持に使うことができます。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

引率者の責任-あなたの命令は絶対であることを子ども達に信じさせる

家ではどうであれ、アウトドアでは皆、役割を分担する。全員平等に扱われ、全員平等に仕事を受け持つ。引率者は召使いではない。バックカントリーでのお行儀を、何度説明してもなかなか把握しない子がいる。責任者は …

no image

子供が喜ぶ歌をドライブで聴かせてあげよう

ドライブで子供が喜ぶ歌を聞かせてあげよう。ただ、お子様ソングに縛られる必要はない。アイデアは歌の本から拝借しよう。歌詞をざっとメモして常に手元に置く。自分自身の幼いころを思い出してみよう。あのころ覚え …

no image

フリース素材のバラクラバなどで子供の防寒対策

ハイキングに行く際、子供にどんな服を着せたらいいでしょうか?寒い時期には、子供が風邪をひかないように、防寒対策はバッチリしておきたい。フリース素材など、選択肢は少なくない。冬期には一つで間に合わないこ …

no image

馬の走り方

速歩からもっと速度を上げたのが駆足(ギャロップ)。哺乳類に独特の走法であり、最も速い走り。ある瞬間にはどの脚も地面についていない状態となり、体は空中を飛ぶ。この型のウマの走り方は競馬、あるいは西部劇な …

no image

登山のパーティーの役割や編成

・パーティー編成 先頭はサブリーダークラス、二番手に弱い人、最後はリーダーがついて後ろからメンバーの動きを見るのが基本です。行動中はパーティーの一番弱い人が中心になります。先頭の人はパーティーのペース …