雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

個人情報の漏洩に気をつける

投稿日:2015年5月20日 更新日:

ネットショップでは商品注文時に顧客の氏名や住所、連絡先、メールアドレスなどを教えてもらう必要があります。これらの個人情報は「個人情報保護法」により、第三者への漏えいや目的以外の用途での使用が禁じられています。取得した個人情報は、商品を発送する目的以外での使用は禁止されています。

パソコンを外部の人に見られないようにすることは大事です。パソコン内の情報を不特定多数の人が閲覧できないようにパスワードを設定し、外から詞盟かれないような環境にしましょう。IDやログイン情報を付箋などで貼っておくのも禁物です。

知らない人からのメールで添付ファイルに「.exe」の拡張子がついたファイルが送られてきたらウイルスの可能性があります。絶対に開かずに削除するようにしましょう。Windowsの場合、拡張子が非表示になっているようなら表示させておくようにしましょう。

私的なデータと業務データは混在させずに

たとえば、データを外部へ勝手に送信してしまうウイルスに感染した場合などです。これを防ぐには、個人用パソコンと業務用パソコンを使い分けるのがいいでしょう。ショップの顧客データ等を保存したパソコンと私用で使うパソコンを共有すると、誤って顧客データなどが外部に漏れてしまう可能性が高くなってしまいます。できるだけ私的なデータと業務データは混在させずに別々のパソコンを使うようにしましょう。

アンケートやメールマガジンの送信などにも利用したいと考えているなら、それらの使用目的を必ず明記し、顧客の許諾を得る必要があります。ネットショップのサイト上に個人情報をきちんと管理している旨を明記し、顧客の情報が不正に利用されていないことをアピールしておくのもいいでしよう。

個人情報を故意に第三者に漏らさなくても、パソコンのセキュリティ上の問題や過失によって情報を漏えいさせてしまうケースがあります。個人情報を保護するには、パソコンのセキュリティにも注意する必要があります。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ランディングページにキーワードを表示させる工夫をしよう

・キーワードをランディングページに表示させる サイトのトップページは、多くの情報が掲載されています。もしユーザーが広告とは関係ない情報に興味をもち、違うページに遷移してしまった場合、訪問してきたときの …

no image

商品の仕入の流れと注意点-コンセプトを決めるということが必要

商品の仕入の流れと注意点を解説していきましょう。 中小の事業者は、やはり商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出しているパレートの法則で勝負するか、超マニアックな商材だけを揃えて、マーケット …

no image

メルマガを発行する場合のメリット

ネットショップがメルマガを発行する第一の目的は、集客力アップです。まずは多くの人にネットショップを知ってもらい、アクセスしてもらうことを目標に、メルマガの内容を噌味するようにしましよう。内容がつまらな …

no image

ネットショップを開業するには-知っておきたい基本事項

~商品の仕入と支払いサイト~ ビジネスには借金が付き物と思っている方もいると思いますが、仕入と支払いサイト(期間)に問題があると、ネットショップの経営は破綻し、借金が借金を呼びます。そして、自転車操業 …

no image

ホームページのトップページのテキストの例

ショップのトップページは商品の売り込みをする場所になるので、ページ全体に活気があり、にぎやかであることが大切。その活気は、テキスト(文章)による店主自身の言葉から伝わってくるものだ。 ・トップページに …