雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

個人年金保険料控除の所得税などについて

投稿日:

満期保険金にかかる税金=満期保険金を受け取ったときは、誰が保険料を支払ったか、誰が保険金を受け取ったかで課税関係が変わります。高度障害保険金(給付金)、傷害給付金、あるいは入院給付金を、本人または配偶者、あるいはその他の親族が受け取ったときは、税金は全くかかりません。死亡保険金を受け取ったとき、その受取人が法定相続人であれば、法定相続人の数に五百万円を掛けた金額までは税金がかからない、という特典があります。

所得税については、保険期間が五年を超える契約について満期保険金は一時所得として扱われる点が大きな特色です。満期保険金(解約返戻金も同じ)についてみると、保険料を支払った人(例えば夫)が、自分で受け取るときには所得税がかかり、保険料を支払わなかった人(例えば妻)が受け取るときには、保険料を支払った人(例えば夫)からの贈与として贈与税がかかります。この取扱が優遇措置になるのは、一時所得の計算は所得から五十万円を控除したものの、さらに半分だけが課税されることになっているからです。

これに対する税金は個人によって違いますが

これに対する税金は個人によって違いますが、そう大きなものではありません。保険期間五年以下の一時払養老保険等については、満期保険金受取時に受取合計額(保険金と配当金の合計額)から払込保険料を差し引いた金額に対し、一律二〇%の源泉分離課税となっています。贈与税がかかる場合には、満期保険金(満期時に支払われる配当金を含む)から六十万円を控除したものが課税の対象となり、その税額は贈与税速算表によって計算されます。

一時所得になるか、贈与になるかで税金は大きく違い、またその違いは保険金受取人を誰にするかによって生じてくるため、保険金受取人の指定は慎重にしてください。保険期間が五年を超える一時払養老保険等で、契約日から五年以内に解約した場合にも、解約時の受取額につき、同様の取扱となります。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

超長期定期保険はたして安心して加入できる保険なのだろうか?

税理士の団体と特定の生命保険会社が代理店契約を結んでいることもあるのか、税理士によっては勧める保険がその会社が一番売りたい保険商品になってしまう場合がある。つまり、税理士は必ずしも依頼者の味方ではない …

no image

ネットで生命保険のこれから-昔は嫌われた自己申し込み

現代人はネットに頼りがちで、ネットで知ることが最上と思い込む傾向を持っている。ネットに無ければ、正しいものじゃないという風潮さえある。しかし世の中、うまい話には必ず落とし穴がある、という象徴的な保険が …

no image

定期保険と終身保険の比較

定期保険と終身保険の比較。 人生の安心を得るための、基本保険、終身保険。定期保険との比較をしていこう。 平均寿命とは、そういう人も含めた平均で、人はいつ死ぬか分からない。いつ死ぬか分からないから、死亡 …

no image

保険の起源-いつごろ何が目的で生まれたのだろうか

もし、今の世界に保険という制度が無かったら、経済活動は現在ほど発達はしなかっただろう。では、どんな歴史を刻んで、今日の保険制度が発達してきたのであろうか。生命保険とは、一体いつごろ何が目的で生まれたの …

no image

掛け捨ての保険にはメリットはあるか?

たとえば、現在40歳の人が、60歳までの「掛け捨て」の保険に入るとします。お客様が20年間払い続ける保険料は、毎月同じ額になっています。しかし、40歳から60歳まで、保険料が20年間も同じなのはおかし …