雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

交通事故の賠償金目当てで使う仮病

投稿日:

賠償金目当てで仮病を使っているのではないかと言う。しかし、彼はけっして意図的にそうしているわけではない。それがいわゆるヒステリーという病気の本態である。

加害者である会社の社長さんが彼を見舞い、心から自分たち加害者としての責任をお誌びし、「どんなふうにでも償いをいたしますから」と言ったその一言が、どうやら無意識の引き金になっていた。

調べてみると、交通事故が起こった直後には、まだ足は普通に動いていて、歩くことができた。一週間ぐらいたって彼の足は突然麻痺を起こし、いまのような状態に陥った。つまり、事故と直接の因果関係があるよりは、何かそれ以後の心理的な原因によるものらしい。その原因というのは、たしかに補償問題と深く結びついている。

このようにして、身体があるドラマを演じて、その結果、補償金を得たり、みんなの同情を獲得したりする身体の演技によって得られる利益。R氏は裁判でもとうとう勝利を得、百万円の補償金を獲得することができた。

演技型パーソナリティの持ち主であった

R氏は古典的なヒステリー、演技型パーソナリティの持ち主であった。実は、戦争中の米軍にも日本軍にも、戦争にともなう死の恐怖や砲弾の衝撃、あるいは戦友の死を目の当たりにするなどのショックの中で、このR氏と同じように、身体による演技によって足がきかなくなったり、目が見えなくなったり、声が出なくなったり、いろいろな身体の障害をきたす人々がいたようである。

R氏は、その生活史をよく調べてみると、小学生時代、どうしても学校に行きたくないと思って寝ると、翌朝ものすごい頭痛や目まいが起こって歩けなくなった。このように、いままでもときどきこのような演技を身体で演じる機会があった。

鑑定を行なった精神科医は言った。「あなたは結局、百万円で足を一本売ったようなものですよ。もういつまでも演技を続けていないで、おカネもいただけたんだし、もう少ししたら自分で自分に暗示をかけるのをやめて、早く歩けるようになってください。あなたがそういう気持ちになれば、そうなれるんですから」と説得したという。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

自分が正義正論を言って一人よい子になっている

小さな狂いのある自己愛パーソナリティ障害の持ち主は、次のような人々だ。第一に、人との共感性がない。つまり、人がどのように感じているか、どんなふう悲しんでいるか、苦労しているかなどを共感して体験する能力 …

no image

生き生きと素直な気持になった人は自分などあまり問題にしなくなる

一般的にいって、生き生きと素直な気持になった人は、その極致では自分などあまり問題にしなくなってしまいます。自分が大事なのではなく、対象や関係それ自体が大事だといえば大事になる、つまり、瞬間瞬間が充実し …

no image

パーソナリティ機能がどのように働きどんなふうに狂っているか

パーソナリティの機能がどんなふうに順調に働き、どんなふうに狂っているか。性格傾向については比較的なじみやすいと思うが、パーソナリティの機能とその狂いについては、なじみが薄いかもしれない。 性格というの …

no image

自分の出世だとか名声・評判などのこだわりから自由に

自分の出世だとか名声・評判だとか、利益追求だとか、そうしたこだわりからも自由になる。つまり我執が捨てられていき、本当に自分が瞬間瞬間において生き生きとして、個性的な自己がでてくると同時に、他人という存 …

no image

夫に依存してしまうパーソナリティ

自分で独自に物事が決められないで、自以外の依存対象に意見を求め、その人の意見に従おうとする傾向が主な特徴だが、インドでは、女の人は父親か夫に相談しないで社会的な物事をやってはいけないという決まりになっ …