雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

高齢者が入院した際に起こる帰る所がなくなる現象

投稿日:2014年11月14日 更新日:

お年寄りの入院が長引くと、いろいろな弊害が生じます。体を動かす機会がヘるために、寝たきりになってしまうこともあります。特にお孫さんが受験を控えているような場合は要注意です。家族と離れての寂しい思いはホントにかわいそうです。刺激の少ない病室にいるとボケの原因にもなります。

かつてうさぎ小屋と評された我が国の住宅事情、最近ますます拍車がかかっています。そのため、家族の誰か一人が家を空けている間に、各人がその人の部屋に余分な荷物をちょっと置かせてもらいます。すると、いつのまにかその部屋は納戸と化してしまい、あっというまにモノで埋まってしまうのです。

早期の退院が難しいときは、病状と相談してなるべくマメに、お家に外泊するように勧めます。そうしないと、いざ退院できるときに、帰るところがなくなってしまうとお気の毒ですから。医者が気をつけるのは、お年寄りこそ早く退院させてあげることだそうです。

退院が無期延期となってしまいます

試験とか勉強というと、両親もおばあちゃんの部屋の使用を許可するのが一般的なようです。おばあちゃん、病気が治ってよかったね。退院のメドがつくと、家族に一応は喜ばれるものの、帰るスペースはありません。少し待って部屋の用意をする、すぐ準備するをくり返し、退院が無期延期となってしまいます。

孫兄弟で一部屋を使っていて、兄が試験勉強をする夜、弟は電気の明かりでなかなか寝つけません。そこで兄は、入院中のおばあちゃんの部屋を借りて勉強します。少しずつ教科書といっしょにマンガやエッチな本を運び入れ、CDデッキを持ち込み、これにスマホがあれば、れっきとした自分の城の出来上がり。自分だけのスペースがこんなに快適だったなんて。兄は試験が終わっても勉強のふりをして、おばあちゃんの部屋に入り浸ってしまいます。

入院リストには次の患者さんが待っているし、医者も間に入って、思いがけない苦労をするはめになります。これ、ホントによくある話なんだそうです。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

PTSDとは?その原因や症状は?戦争の悲劇

ショック体験後に起きるストレス障害PTSDとはPostTraumat一cStressDisorderの略である。ストレス障害PTSDという言葉は、テレビなどで使われることもあり、聞いたことがあり人は多 …

no image

医師が患者さんを診察するときに困ること

医師が患者さんを診察するときに困ることがよくあるようです。診察の中でも、胸の診察で困るのがスリップやボディスーツなど、上下がつながっている代物のようです。 腹部の診察でときに感じることは、胃が上腹部で …

no image

すぐに見つかる!老健医師の転職を支援する会社を紹介

老健、いわゆる、介護老人保健施設は、超高齢化社会に向かっている現在において、採用ニーズが高まってきています。老健医師の募集をしている求人案件では、色々な業務をこなすことができる、中堅、ベテラン医師の募 …

no image

姑息的手術の意味やそのほかの医学用語の意味の紹介

・姑息的手術 たとえば、すでに転移している大腸ガンの場合、手術してもガンが治ることはほぼない。しかし、ガンが原因でちょっとしたトラブルが起こっている時に、そのトラブルを解消するために手術することがある …

no image

消化器外科の医師が仕事を変えたいと思っているならここがおすすめ

消化器外科医と言っても、様々なタイプの医師が存在します。腸が専門の先生がいたり、胃がんに強い先生、大腸がんに強い先生、腸の腹腔鏡下手術が得意な先生など、色々なタイプの先生がいらっしゃいます。そんな消化 …