雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

口内炎ができやすい人が気をつけたいポイント

投稿日:

ピッタは火のエネルギーを強くもっているので、悪化すると炎症になりやすい。自分の消化力を超えた質、量の食事をとったせいで未消化物=アーマができて、口腔粘膜に広がってしまうことがベースになります。そこにピッタの悪化が加わって発症します。口内炎ができてしまったときには、ピッタを下げることに気を配ります。しばしばロ内炎になる方は、セルフケア用のゴマ油でうがいをするとよいでしょう。オイルを大さじ一杯、口に含んで、三〇秒~一分ほどクチュクチュ、ガラガラとして吐き出します。このうがいは口腔粘膜を浄化して、口内炎だけでなく、歯肉炎や虫歯や風邪の予防にもなります。

辛いものや刺激物を避けるのはもちろん、毎食、ギーやターメリックを使った料理や緑の野菜を食べ、ぬるめのホットミルクやミルク競を食べるとよいでしょう。夕方のおやつにスイカやブドウをとるとピッタをしずめてくれます。また、水に浸してやわらかくしたレーズンもおすすめです。ただしフルーツは、ほかの食べものといっしょにとるとアーマになりやすいので、かならず空腹時にフルーツだけを食べるようにします。また習慣にすると、肺や心臓の機能を強化しますし、白髪が減るとも報告されています。

風邪をひきやすいのは

最近、風邪をひきやすい。風邪をひきやすいのは、活力の源であるオージャスが減って、免疫力がダウンしている証拠です。オージャスが減少しているときは、何も苦いものなど食ベていないのにロの中に苦さを感じます。ヴァータが悪化しているときも苦さが生じますが、これはオージャス減少のシグナルでもあります。消化力が弱り、消化の最終産物であるオージャスが充分につくられていないのです。

適切なものを食べ、パワフルな消化力をとりもどし、オージャスを豊かに増やしていきましょう。オージャスが豊かな方は、ロの中にほんのりと甘い味が広がるものです。また、お酒、タバコ、疲労、過度な空腹、過食、そして怒りや悲しみなどのネガティブな感情は、オージャスを消耗してしまいますので、くれぐれも気をつけましょう。食べものの中には、オージャスになりやすいもの、なりにくいものがあります。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

現代のカロリー消費の計算が間違っている点

現代のカロリー消費の計算が間違っている点は、運動をしている間の運動量しか考えないこと。散歩の場合は、はじめは糖分が燃焼し、三十分以上つづけてはじめて脂肪が燃えはじめる。この散歩の時間と運動量からカロリ …

no image

軽度のうつ病の症状や不安、神経の動揺に対する治療には弟切草

ドイツでは弟切草は、軽度から中度のうつ病、不安、神経の動揺に対する治療薬として承認されている。弟切草はどのように作用するのか?この植物がどのように作用して抑うつを緩和するのか、実際、正確には誰も知らな …

no image

肝硬変治療に効果のあるハーブの研究

肝硬変は毎年三万人のアメリカ人の命を奪っている治療の困難な病気である。一九八七年に肝硬変患者一七〇名を対象にしてドイツで発表された大規模な研究は、おおあざみを摂っている人の存命率が高いことを報告してい …

no image

ピッタ体質の人の食事のおすすめは?

・ピッタ体質の方におすすめの食べ方 食事は、熱すぎるものを摂らないように気をつけます。通常であれば、冷えた食べものは好ましくないのですが、ピッタの場合は、ほどほどにぬるい温度のものや、少量の冷たいもの …

no image

断食の効果は本人自身が実感できる

血のなかの不要なもの、有害なものは、水に溶けるものであればお小水として、気化するものであれば吐く息として肺から出てくる。だから、西洋医学では、肺と腎臓が正常であれば血は汚れないと考える。私たちが普通に …