雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

恒久的平和-恒久的な戦争ではなく尊厳のある社会

投稿日:

一九三八年に、フランクリン・ローズヴェルト大統領の側近サムナー・ウェルズは、ナチスとのミュンへン協定を称え、それは正義と法に基づいた新たな世界秩序に繋がるかもしれないと考えていた。それからまもなく、ナチスはチェコスロヴァキアの一部を占領して自らの計画を推進した。一九九〇年にサダム・フセインは、イランとの戦争中にクウェートを防衛したためにイラク経済が疲弊したとし、その経済を更に触んでいる措置に報復するとクウェートに警告した。だが、フセインは世界に対しては、自分が望んでるのは恒久的な戦争ではなく、恒久的な平和、また尊厳のある社会だと断言した。

一九三八年に新秩序を築き、政治と経済及び文化面における日本、満州、中国の相互扶助と、共産主義に対する共同防衛と、彼らの文化、経済、社会における発展に基づいて、東亜託福久的な安定を保証すると宣言した時の日本の崇高な責任ほど感動的なものがあろうか?日本が満州と中国北部の支配を狙い、苦しむ人々のために地上の楽土を築き、自分たちの正当な政府を共産主義の盗賊から守るために払った犠牲についても言える。エチオピアの解放された民へのムッソリーニの関心も同じくらい高尚だった。

ソ連がハンガリーを侵略して多くの犠牲者を出した時

一九五六年にソ連がハンガリーを侵略して多くの犠牲者を出した時も、ソ連の法学者はハンガリー政府の要請を受けて侵攻したという理由でその行為を正当化し、それは民主的に選ばれた政府を打倒する目的で、ハンガリー国内で外国からの資金援助による破壊活動が行われ、武装集団が結成されていることに対する防衛策なのだとした。
戦後、武力介入が行われる度に、それらは人道的な行為、あるいは自衛のための措置であり、よって国連憲章に則っていると明言された。

アメリカが南ヴェトナムを攻撃した時も、それと同じくらいもっともらしく、南ヴェトナム人による国内侵略行為と内部からの襲撃に対する集団自衛としてそれは実行された(それぞれ、アドレー・スティープンソンとジョン・F・ケネディの言葉である)。こうした発言は、それがいかに奇怪なものであっても、嘘や偽りを述べていると考える必要はない。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

国家安全保障覚書一八一号をケネディ大統領は発令した

八月二四日、ケネディ大統領は国家安全保障覚書一八一号を発令した。これは内部反乱の工作指令で、アメリカの軍事介入に先行し、重要な軍事計画と葬戦行動及び部隊と装備の移動が含まれており、間違いなくキューバと …

no image

米軍機がリビアを空爆し何十人もの一般市民を殺害した

空爆はテレビのゴールデンアワー、それも全ての主要トワーノがまさしく夜のニュースを開始する時間に予定された史上初のテロ攻撃だった。シュルツ国務長官はその職務を全うしながら、テロリズムは一般の市民に対する …

no image

パレスチナ国家建設を要求した決議に拒否権を行使

一九七六年に、アメリカはイスラエルと並存する形でパレスチナ国家建設を要求した決議に拒否権を行使した。一九七〇年代半ばになり、パレスチナ問題が国際的な議題に上がるにつれ、アメリカとイスラエルの外交面での …

no image

イラクに対するアメリカ固有の恐怖と誤解がなければ

国防総省は、更なる部隊の展開は先例のない規模の国内危機を引き起こす危険があると恐れた。一九六八年には、大衆に対する恐れの念はきわめて深刻になり、更に多くの部隊をべトナムへ送る事態になった場合、治安維持 …

no image

生物兵器禁止条約を強化するための国際的な取り組みを断念

安全保障に関する本当の脅威が、最優先すべき深刻な状況にあったのを示す証拠は、二〇〇二年九月一七日に帝国の壮大な戦略が発表された直後に示された。それに伴うリスクは、イラクに対する支配権を強化し、予防戦争 …