雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

高級というイメージを輸入車に持つ人は未だに多いが

投稿日:2014年11月4日 更新日:

今の国産車は、悲しいことに誰が作ったのか分からない無国籍車になってしまった。しかも、そのおかげで世界で売れるクルマになった。それを喜ぶべきか憂うべきかは、輸入車に乗り、その強いメッセージに耳を傾けてみて、初めて判断されるべきことなのだろう。

合理的な必要最低限の車作りに、豊富なアクセサリーや上手な仕上げによって付加価値をつける車に慣らされた日本人は、いろんなものがついているのが高級なんだと考えるようになった。この考え方で作られた国産高級車の中には、フルオートエアコンはもちろん、加湿器や、バイブレーターつきのシートを備えたクルマさえあった。

今、輸入元では、自社の商品を外車ではなく、輸入車と呼んでいる。それは、かつての特別視されることによって商品価値を高めるという手法ではなく、外国で作られた、質の高いクルマとしてそれを売ろうという、彼らの戦略によるものだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

輸入車を高級品と考えている人は多い

いまでも輸入車を高級品と考えている人は多い。ところが、そういう人を輸入車に乗せてみると意外と質素なんですねと驚いたりする。そう、輸入車とは決して国産的な高級車ではないのだ。従来どおりの、偉そうに見えるための輸入車ニーズは健在なのだが、この呼び替えのおかげもあって、最近では大衆車クラスの輸入車も、それなりに販売台数を伸ばしている。

もちろん、英国車に多く見られるような、本場ならではの本革のシートや磨き込まれたウッドなどはさすがに見事な仕事ぶりだが、音のいいオーディオとか、繊細な空調とか、プラスチック製のインパネの微妙なシボ、さらにかゆい所に手が届くような各種の自動化といった、細かな仕上げにおいては、輸入車はむしろ質素とさえ感じるクルマが多い。これは大衆車クラスだけでなく、大きな、いかにも高級車たちでもそうだ。とくにヨーロッパ車はそうだ。

目に見えない骨格の作りや、操縦性に表れるお国柄、そしてなによりクルマとはかくあらねばならないという、作り手の強烈なメッセージという個性がある。質素な輸入車は、もはや高いだけで国産車にかなわないのか、といえば、そんなことはない。

お客様第一という耳ざわりのいいスローガンの元に作られ、結果として世界のお客様に認められた国産車には、この種のメッセージは邪庵者だったのかもしれない。
国産車がついに身につけられなかったものが、このメッセージだったのだ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ダンパーの減衰力のセッティングなど

良路では乗り心地をよくするために設定されたダンパーの減衰力程度が、振動をおさえるのにもちょうどいいダンピングです。でも悪路では、若干ダンピング不足になってバネ下の振動を感じるようになります。もちろん減 …

no image

限定車が欲しいならさっさと決めてしまうことが重要

限定車の場合は、さほど値引きもしてくれないので、あまり駆け引きする必要はない。欲しいならさっさと決めてしまうことだ。限定車といっても、性能面が特殊だったり、カラーがかぎられていたりと、その内容はさまざ …

no image

主婦のための車-奥さん専用にもう一台買い足すという選択

実際には子どもがある程度大きくなるまで、家族旅行なんてしないよってセダンで何の問題もない人もいるだろうし、あたしや独身時代は4トントラックころがしてたのよってお母さんだったら国産のミニバンなんて軽自動 …

no image

車にカーナビ付ならお買い得だとは限らない

カーナビは日進月歩で性能が進歩していて、数年前のものだと機能もかなり落ちてしまうのだ。 おまけに、どんどん新しい道路ができるので、古いものだと、現在の道路地図とかけ離れていたりもする。いまや車の装備と …

no image

車に興味のない日本人が増加してきている近年の傾向

モータージャーナリストや自動車雑誌の編集者が考える以上に、クルマ好き、あるいはクルマに興味を持つ日本人が少なくなっています。用心深く賢明な人であれば、何かと物騒なこの時代に、自分の懐具合を知らせるよう …