雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

国家安全保障覚書一八一号をケネディ大統領は発令した

投稿日:

八月二四日、ケネディ大統領は国家安全保障覚書一八一号を発令した。これは内部反乱の工作指令で、アメリカの軍事介入に先行し、重要な軍事計画と葬戦行動及び部隊と装備の移動が含まれており、間違いなくキューバとソ連に察知されていた。近隣諸国でソ連圏製焼夷弾を使ってサトウキビ畑を燃やし、無人機を撃墜してそれが休暇中の大学生を乗せたチャーター便だったように見せかける。

キューバからの調査報告を米軍艦が攻撃されたという動かしがたい証拠として描き、フロリダだけでなくワシントンでも共産主義のキューバによる組織的テロ活動を展開させる。他にも同じくらい独創的な計画が幾つか含まれていた。実行にこそされなかったが、これらは当時の狂騒的かつ大荒れの雰囲気を物語っている。イギリスとキューバの貨物船に対する攻撃、砂糖の積荷を汚染させるなどの破壊行為が相次ぎ、主にフロリダで自由に活動することも許された亡命キューパ人組織によって実行された。

四〇〇人の労働者が殺された

数週間後、人類史上、最も危険な瞬間が到来した。八月にはテロ攻撃もエスカレートし、ソ連軍技術者が集合していることがわかっていたキューバの海辺のホテルに高速モーターボートから機銃掃射する攻撃が仕掛けられ、多数のロシア人とキューバ人が殺害された。一一月八日、アメリカから送り込まれたキューバ人の秘密破壊工作チームは、キューバの工業施設の爆破に成功し、キューバ政府によれば、四〇〇人の労働者が殺された。ケネディとフルシチョフが合意して数日後の一〇月三〇日には中止されたことになっているが、それ以降も実際には続行された。テロ活動は、ミサイル危機の最も緊迫していた時期を通じて続けられた。

レイモンド・ガートホフはこう書いている。彼らにしてみれば未解決の重要な問題、つまりキューバを攻撃しないというアメリカの保証を取り付ける問題に関する後退である。ソ連は、こうした攻撃を、事態を後戻りさせる試みとしか考えられなかった。こうしたテロ活動などを見れば、双方にとっ監険はきわめて大きく、大惨事も招きかねなかったことがわかると、ガートホフは結論する。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

タリバン、アルカイダなどを戦略的に弱体化させる鍵

テロリストの脅威を緩和したいと考える人々の間では、アルカイダやそれに関係する集団を生んだ社会的、政治的、経済的状況に対処しない限り、アメリカと西欧の同盟国も他のいずれの国も、イスラム教テロリストの標的 …

no image

相互依存と国際関係

相互依存は、フランスの法的な主権を制約しなかったが、事実上の支配は確実に制約した。フランスはあまりに深く経済的に相互依存していたため、完全に自律的な経済政策は持ちえなかった。同様に、1997年のアジア …

no image

テロと抵抗運動との違いは何か

国際テロと侵略との違い、テロと抵抗運動との違いも明確にはしていない。こうした問題は興味深い形で提起される。公式の定義はあらゆる疑問に正確に答えてはいない。我々が慣習に背を向け、容認できない結果を招くと …

no image

攻撃される社会において重大な価値のあるものが損なわれた規模

死亡者が出たのは意図した結果ではないから、加害者も攻撃の結果を考えなかった者も非難されるべきではない、と多くの人が指摘した。攻撃される社会において重大な価値のあるものが損なわれた規模には全く関係ない。 …

no image

キューバミサイル危機の最も劇的な瞬間

ミサイル危機の最も劇的な瞬間は、一〇月二五日の安全保障理事会で、アドレイ・スティーヴンソン国連大使によってもたらされた。キューバにあるミサイル基地をアメリカの偵察機が撮影した写真を公表して、ソ連側の欺 …