雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

好意を持たれるためには努力が必要

投稿日:

幼いころ、村の古老から「お月さんはね、その人の心の大きさと同じ大きさに見えるのだよ」といわれたことがあります。当時はその意味がピンときませんでしたが、今でも鮮烈な印象として心に残っています。

月の大きさとはちょっと違いますが、人も、ものも、自分の尺度で計っていて、自分以上は見えないものです。自分もまた相手の尺度で見られているということです。このことは、自分を正しくわかってもらうためには、それなりの努力がいることを示しているようでもあります。

しっぽを振ってじゃれてくる仔犬を蹴飛ばす人はめったにいません。仔犬はどうしてあのような好かれるためのすばらしい能力をもつようになったのか、不思議です。

猫は飼い主ですら、家の外で出会うと、冷たい目つきでギョッとにらむので、「恩を忘れたの」と、ひと言おどかしたくなると猫好きの人でもいいます。人間もこれと同じで、人に好かれるには、自分から相手を好きになることが先決です。思えば思われるのです。

努力もしないで自然に人から好かれるほどの聡明な人であれば、それにこしたことはありません。人に好かれる方法は、道ばたの仔犬に学べばわかるでしょう。

好意は相互交換的なもの

「好意的な人間関係は、心の問題だから、好かれるなんて打算的で私はいやです」とか「好意は自然に生まれるものでしょう」「好かれるために努力するというのは邪道じゃない」などという人がいます。

好意は相互交換的なものです。自分がどれほど他人に好意を示しているかを考えない人には、他人からも何も返してはくれないと考えるほうが賢明でしょう。「作用あれば反作用ある」というあの有名な力の法則はそのまま、人間の心の法則でもあるのです。人に対する愛情の強さは、自己犠牲の分量と同じだと考えるべきでしょう。

見えない心が話の中にも必ずでてくるものです。ところで、相手の心に響くやさしいことばというものがあります。やさしさは、人間生活にかけがえのないものです。だれでもいろいろな面でやさしさを求めています。

やさしさを求めていない人は少ないと思います。誰でも、やさしさをどこかに求めているのです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

話の組み立て方の良い例と悪い例

「原因と結論を最初に言い、次に理由を説明したり、状況を話す」これがどんな話にでも望まれる一番の鍵です。 例えば、「小学校の時、私達ボールを投げて遊んでいたんです。私達のなかに新郎もいたんです。そうした …

no image

話し方が耳障りな人

話し方が耳障りな人がけっこういるようだ。 現代が求めている新しい話し方は、大ぜいを対象にしたスピーチを含めて、一方的に叫ぶ独演型のものではありません。対話調が基本です。ですから、間の取り方が話を生かし …

no image

心を偽るよりずっとラクになれること

彼に不快な思いをさせてしまったらイヤだし、傷ついた彼にサヨナラと言われるのも怖い。だってそれは、恋愛でカッコ悪いエラーをすることになるから、もし今、あなたがそんなふうに考えているとしたら、遅かれ早かれ …

no image

人の温かさにふれた瞬間

人の温かさにふれた、ある人のお話。 身も凍るようなニューヨークの街角で、一人の少年が新聞を売っていました。寒い寒い冬の夜でした。新聞を買ってくれる人もなくスタンドの前をみんなスイスイと通りすぎていきま …

no image

手紙は自己表現-もらったら嬉しい最高のプレゼント

世界でいちばんロマンティックな仕事をしているのは郵便配達人だと思います。ある話し方教室の先生は、クラスの人たちからも、よく手紙をもらいます。教室で話しきれないことを文字にして送ってくれるのです。イラス …