雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

交配相手の横取

投稿日:

文化圏にたいしておこなわれた調査から、交配相手の横取りが世界各地で頻繁におこなわれていることがわかっている。だからこそ、ムジルリツグミと同じように、わたしたち人間も独占欲が強いのだ。心変わりをした恋人をつけまわしたり、さらには殺そうとしたりする人間の行為は、おそらく相手を防護しようとする動物的な傾向に端を発しているのだろう。

男性は、おそらく無意識のうちに自分の種を受け入れてくれる器を守ろうと躍起になるのではないだろうか。それにはりっぱな理由がある。アメリカ人男女の世論調査によれば、男性の六パーセントと女性の五三パーセントが、「交配相手の横取り」を認めている。つまり、他人の恋人を口説き、自分と新しい関係を築かせようとしたことがあるというのだ。

恋は化学作用であるこうしたデータをすべて考え合わせた結果、小さな動物も大きな動物も、生物学的に特定の交配相手を好み、追いかけ、独占したがると考えるようになった。動物がたがいに惹かれ合うのには、化学作用がはたらいているのだ。そしてその化学作用こそ、人間の恋愛感情の生みの親であるはずだ。

ドーパミンとノルエピネフリンが

重要なのは、哺乳類と鳥類にとって、ドーパミンとノルエピネフリンが、性的興奮を高め、動機を強めるために、決定的なはたらきをしているという点だ。たとえば実験用ラットのメスは、跳ねたり駆けまわったりして性的な興奮を表現する。これはドーパミンの分泌量が増えたことに関係する行動だ。

脳内のどんな化学物質が関係しているのだろう。どうやら哺乳類の脳内では、ふたつの密接した天然刺激物がひと役買っているようだードーパミンとノルエピネフリン。哺乳類と鳥類のすべてに同じようなドーパミンとノルエピネフリンが与えられており、こうした天然の「興奮剤」を生産し、それに反応する脳内の構造があることもほぼ共通している。もっとも、そうした脳内構造と回路は種によってさまざまではあるが。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

高揚感は恋愛の際の特徴のひとつ

高揚感は、恋愛の際の特徴のひとつ。これは、ドーパミンと関係しているらしい。脳内ドーパミンの濃度が上昇すると、裏快な気分になる。と同時に、恋に落ちた人がたびたび口にするほかの数多くの症状も生みだされる。 …

no image

性格的にいわゆる内向型の人物

B部長は、性格的にいわゆる内向型の人物、シゾイド型のパーソナリテイに属する。自分の主観の中では話は実に理路整然とし、正義正論に従っている。国立研究所の部長はかくあらねばならないというタテマエどおりに暮 …

no image

新しいメスを連れてくるとヒナを育てた

繁殖期に入ったあと、ひと組のムジルリツグミのつがいが巣をつくり、そこに落ち着いた。ところがオスが餌を取りに出かけているあいだ、バラシュがオスのムジルリツグミの雛を果のわきの枝に設置した。 イエロースト …

no image

愛と憎しみはどこでつながっているのか

バーバラは装置の台から飛び降りる、ドアから飛びだし、そのまま真っすぐ建物から出て行ってしまった。わたしが話す時間もなければ、実験に参加してくれた謝礼の五ドルをわたす暇もなかった。 愛と憎しみはどこでつ …

no image

中年期にテストステロンを摂取する女性は

性欲をつかさどるホルモンーテストステロンこれはすでに確立された説である。男も女も、テストステロンの循環レベルが高い人ほど性的な活動が活発になる傾向がある。力とスタミナを高めるためにテストステロンを注射 …