雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

行動主義心理学者の科学論文

投稿日:

行動主義心理学者は、少なくとも科学論文の中では、いかなる知的動機も関連づけることはできない。動作にいかなる意識的計画も想定できず、主人がいる場所に対するいかなる想像力も見出せず、犬が主人とドアのあいだを往復して、主人を散歩に誘う動作を誘発したと思われる原因と結果に、いかなる概念化も加えることはできない。

この扉を見ると自動的に開けるという反応が誘発されたのであれば、いつもこの戸棚の前を通りかかるたびに開けようとしないのはなぜか。戸棚の開け方を教わっていて、扉と見れば自動的に開ける習慣がついていたとすれば、なぜ彼は目についた戸棚をどれでもかまわず開けるのではなく、ある特定の扉だけを開けるのだろう。自分自身の運動には、どんな場合も犬はそれを必要としないはずである。

機械的反応に分解せざるをえない

そこにある種の意識的な関連性、またおそらくシンボルとしての関連性までをも認めない限り、行動の中でなんの機能もはたさない。なぜドアのほうに二、三歩跳び去っては、効果をたしかめるようにちらりとふり返って見たりするのだろう。し行動の流れを無数の刺激とそれに付随する自動的、機械的反応に分解せざるをえない。そして無数の学習(時間をかけ、特別な報酬とともに学びとる)要素を挙げて説明しなくてはならない。

行動主義者の場合は、それぞれの行動を計画性、知能、思考力、あるいは意識にふれることなく、それぞれの行動ごとに構成要素を分析しなくてはならない。賢明な行動主義心理学者なら、そうした理論分析も可能であろう。これらの反応のすべてを結び合わせて、矛盾のない、自動的な、思考をともなわない一連の筋肉運動を作りあげる作業が必要になる。もちろん状況の中で少しでも刺激が変化すれば、それに対応する新たな学習と、刺激=反応の因果関係が必要となる。行動主義者は、一定の行動が異なる条件に対してもなぜ適応するか説明しなくてはならない。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

パリア犬はインドやその他の中東全域で古代文明時代に知られていた

組織された集団で小動物の狩りをおこない、アンテロープやガゼルを獲物とする場合、子どもや弱ったものを選び出し、統制のとれた狩りをおこなうのがふつうである。しかし、野生犬は人間と長く関わり合ってきた。群れ …

no image

犬には意識があり判断を下し問題を分析し意思を通じさせる能力がある

助けを呼びに行かなくては。でも、どこへ行けばいい?ショップは主人が危険なのを察知した。熊の一撃を受けて引き裂かれたダンの上着からにじみ出る血が、彼にそのことを教えていた。あの人ならきっと助けてくれるだ …

no image

犬の言語理解能力はかなり高いらしい

人間以外の動物の言語能力を査定するには、幼児の言葉に置き換えてみるのがいちばんではなかろうか。子どもの場合は、たとえ数語しかしゃべれず身ぶりで代用しても、彼らの言語能力に疑いをはさむ者はなく、すでに気 …

no image

ペットシッターの仕事は誰でもできる簡単な内容のものではない

ペットシッターの仕事は、ペットへの餌やり、散歩(犬の場合)、排池物処理の三つが基本です。誰でもできる簡単な仕事に思えますが、実際には生態学や健康管理学などペット飼育に関する専門知識が必要で、しかも飼い …

no image

野生の雑種犬と家犬の交雑から現在知られている犬種が生まれた

犬の専門家の中にはマイケル・フォックスを例として、家犬は野生犬のだれかが進化したのだと考える人たちもいる。ほかの家犬はほとんどが年に二度発情期を迎えるのに対し、バセンジーの雌は一年に一度しか発情期を迎 …