雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

必ず一定の言葉や合図を使うことで訓練がうまくいく

投稿日:

犬の訓練を行う場合、一貫した訓練をおこなうことできる限り一貫した訓練をおこない、必ず一定の言葉や合図を使う。声の調子も同じであるほうが望ましい。そして命令がきちんと正確に実行できるょうになるまで、犬を同じ場所で、だいたい同じ時間に訓練するほうがいい。わかりやすく教えること犬に話しかけるときは、命令を下す前にいつも必ず犬の名前を呼ぶこと。それによって犬は飼い主に注意を払うようになり、次に続く情報は自分と関係があるとわかるようになる。犬には予測がつくことのほうが好ましい。

規則的にものごとが進行し、一日のスケジュールがおおよそ一定している家庭なら、たいていの犬にふさわしい環境となる。声による指示と手の合図を併用したほうがいい。犬が命令を受け取り、反応する鍵が二倍に増えるからである。規則性と一貫性が、知能の低い犬にはとくに犬切で、やや服従性が強く臆病な犬にも同様である。犬の近くで訓練することすぐに手を伸ばして橋正できるように、犬との距離はあまり離さないこと。犬が基本を学び始めた段階でも、訓練中引き綱ははずさず、直接身体に触れてコントロールできるようにする。

必ず静かに開始すること

訓練は犬の気が散らない場所を選び、必ず静かに開始すること。それによって犬の注意を飼い主に集中させることができる。犬が基本を学んでしまったあとなら、訓練をもっと騒がしく往来の激しい場所でおこなっても良い。ハウンドのような活発な犬種では、実際の訓練の前に充分走り回るなどの運動をしたほうが、能率が上がる。忍耐強く訓練すること忍耐強さは反応の鈍い犬の訓練ではきわめて重要である。犬はあいだに休みをはさみつつ、何回にも分けた短い訓練のほうが反応が良くなる。

段階が進んだら犬との距離を離し、最終的には引き綱もはずす。訓練時間は短めに犬と訓練者自身のために、訓練時間は短めにしたほうが良い。こちらが犬になんとか理解の萌芽が見られないかとじりじりしている脇で、プードルの女主人が自分の犬は確実に演技できるので退屈しているといった状況に置かれた場合、訓練を続行するのはじつに忍耐が要る。とにかく、訓練の容易な犬種にも劣らない、頼もしく信頼できる犬を最終的に手に入れるには、くり返しの練習と忍耐しかないのだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬が自分のふんを食べる場合の対処法など

犬が自分のフンを食べるのは、飼い主との接触が少ない、自分が隔離されているという分離不安、または好奇心や栄養不足、フンを食べれば人が注目してくれるから、ドッグフードのにおいが残っていたなどさまざまな理由 …

no image

犬によって知能に差があるか調べる実験

はたして、犬種によって知能にちがいはあるのか?この疑問を解くためには、研究室でくり返し系統的な研究をおこない、この点について多くの犬種を比較することが肝心であり、犬種それぞれの相対的な知能を結論づける …

no image

動物の不思議な世界

一九四九年、チャールズ・B・スミス夫妻は、フロリダ州セントピーターズバーグからカリフォルニア州サンガブリエルへ引っ越すことにした。ヴィンセントとマーガレットのガディス夫妻は、著書『動物たちの不思議な世 …

no image

老犬は体調を維持することが第一

老犬は体調を維持することが第一。適度な運動は必要ですが、体力を消耗しない程度にとどめます。あまり動きたがらないようなら、無理に散歩に連れ出す必要はありません。抱いて外出したり、よく話しかけてあげるよう …

no image

名犬ラッシーの映画に夢中になった人々

ラッシーに夢中になった人々は、犬の妙技や、勇敢な行動や、すばやい頭の回転のほとんどが見かけ倒しだという実情を理解せず、また理解したいとも思わなかった。ラッシーが状況を理解しようとあたりを不審そうに見回 …